生前整理の進め方!断捨離しながら整理する手順とコツを徹底解説!

No Image

「生前整理を考え始めているんだけど、どうやって進めるべき?」

「断捨離と生前整理って違いがあるの?」

「生前整理や断捨離を行うコツについて知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・生前整理と断捨離を行うメリット
・生前整理と断捨離の進め方
・生前整理における断捨離のコツ

これら全てがわかります。

生前整理は断捨離しながら進めていくのがおすすめです。生前整理と断捨離に関して解説していきます。

後半部分では、断捨離や不用品の処分を手間をかけずに行う方法に関して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

生前整理と断捨離について詳しく知ろう

生前整理と断捨離の違いについて知らない人は意外に多いものです。ここでは、生前整理と断捨離の意味合いに関して解説していきます。

生前整理とは

生前整理とは、人が生存中に自らの所有物を整理し、将来の相続や遺品整理の負担を軽減することを目的とした活動です。個人が自分の生活空間を整理し、家族に対する精神的、経済的負担を減らすことを目的に行われることも多いです。

現代では、写真や文書がデジタル形式で保管されることが多く、これらの整理も生前整理に含まれます。生前整理は単なる物の整理にとどまらず、人生の整理とも言えます。自分の遺志を明確にし、家族に対する愛情を形として残す意思を形にする行為です。

断捨離とは

断捨離とは、単に不要な物を処分するだけではなく、物にとらわれない生き方を目指す哲学です。この概念は、ヨガの思想に基づく「断行」「捨行」「離行」という3つの行為から派生しました。

  • 断行:新しく入ってくる不要な物を断つ
  • 捨行:既に家にある不要な物を見極め、処分
  • 離行:物への執着心自体を手放し、物質的な所有に囚われない自由な心

考え方の核心は、物質的な所有物に対する執着を手放し、より精神的な充足を追求することにあります。断捨離を行うことで、私たちは不要な物を積極的に断ち切り、生活空間だけでなく心の中も整理することができます。

断捨離により、物質的なものからの自由を得るとともに、精神的な満足感を深めることができるでしょう。

生前整理と断捨離の違いとは

生前整理と断捨離どちらも個人の生活を整理する行為に焦点を当てていますが、その目的と対象が異なります。

生前整理は、自分の生活環境を整理し、死後に家族が抱えるであろう負担を軽減することを目的としていますが、断捨離は、自分自身の心理的な負担を軽減するために、物質的なものだけでなく、情報や人間関係といった生活全般にわたる不要なものを手放すことを指します。

生前整理では、自分の死後を見据え、「残される家族や親族のため」という視点で物を整理するのに対し、断捨離は、現在と未来の自分自身の生活を快適にするために不要なものを手放すことに焦点を置いています。

生前整理はより広範な視野を持って物と向き合う必要があります。生前整理を行うことで、自己の死を意識しつつも、その準備を通じて生きることの意義を再確認するという側面があります。

生前整理は断捨離しながら進めていく

生前整理は、物を手放すことは死亡後の家族の負担を軽減するために重要ですが、それに加えて、断捨離の今現在をより良く生きるためにものを手放す要素を取り入れれば、より価値のあるものになります。

自分の死後のことだけでなく、現在の生活を豊かにするという二重の目的を持って取り組むことで、将来的に遺品を整理することになる家族以外に、今の自分も大切にすることができるのです。物理的な空間だけでなく心理的な面でも良い影響をもたらすことができます。

生前整理と断捨離を行うメリット

生前整理と断捨離を行うメリットは以下の通りです。

  • 自分の資産を把握できる
  • 死後に遺族の負担が軽減できる
  • 自分を見つめ直すことができる
  • 無駄なお金を使わなくなる
  • すっきりして心身も健康でいられる
  • 時間に余裕が生まれる

順番に解説していきます。

自分の資産を把握できる

生前整理は、自身が持つ財産や資産の整理を行う活動であり、それには家具、不動産、金融資産、デジタルアセットなどが含まれます。断捨離を行うことで、資産がどのように管理されているかを見直す機会です。

資産の整理は精神的な安心感をもたらし、自身の財産に対する意識も高まります。遺言を残す際にも役立つでしょう。

生前整理と断捨離を行うことは、ただ単に物を減らすだけではなく、財産管理を最適化し、自分自身の未来と家族のために事前に準備をする行為です。

死後に遺族の負担が軽減できる

生前整理と断捨離は、個人が生活中に蓄積した物品や資産を整理し、今の自分の生活の向上や遺贈することに焦点を当てています。生前整理と断捨離を行うことで、亡くなった後の遺品整理の負担が軽減されるだけでなく、遺産分割などの法的手続きもスムーズです。

進める中で、遺族とのコミュニケーションを取るのも良いでしょう。必要に応じて、専門家やプロの整理収納アドバイザーの助けを借りることもひとつの手です。

生前整理と断捨離はただの物の整理ではなく、遺族への思いやりとしての側面も持っています。亡くなった後もスムーズに事が進むよう手配をしておくことは、遺族に対する最大の配慮と言えるでしょう。

自分を見つめ直すことができる

生前整理をする過程で、長年溜め込んだ物品や記念品を一つひとつ手に取ることで、何が本当に大切かを考える機会になります。過去の自分と向き合うとともに、今後何を大切に生きていくべきかの価値観を再評価する過程です。

生前整理と断捨離は物理的な整理を通じて、人生の次の段階に向けての準備です。退職後の生活計画や、旅行、ボランティア活動など、新しい生活設計をする良い機会にもなるでしょう。

無駄なお金を使わなくなる

生前整理と断捨離を行う際、家の中の物を一つずつ手に取り、その必要性や価値を見直すことで「本当に必要か?」と自問自答することが多くなり、無駄な物の購入を防ぐ意識が育ちます。断捨離中に、必要ないサービスや契約についても見直す機会にもなるでしょう。

また、所有物を整理し、何を持っているのかが明確になることで、今後の購入計画を立てやすくなります。他にも整理を通じて見つかる場合もある未使用の物や忘れ去られていた資産が見つかるケースもあります。

すっきりして心身も健康でいられる

物が多すぎる環境は、視覚的な雑音となり、無意識のうちにストレスを引き起こします。生前整理と断捨離で、不要な物を減らし、すっきりとした空間を作り出すことができ、心理的な安定が得られます。

事前に整理された遺品や資産は、相続時のトラブルを防ぎ、自身と家族の精神的負担を減らすことができます。また、生前整理を行うことで、「万が一の時」の不安が軽減されるでしょう。

整理を始める場所やカテゴリを優先順位付けし、少しずつ進めることが効果的です。最も使用頻度の低い部屋や物から始めると良いでしょう。

時間に余裕が生まれる

家の中の不要な物を減らすことで、物が定位置に収まりやすくなるため探し物にかかる時間が大幅に削減されます。また物が少なく整理された空間は、掃除や片付けがしやすいです。

物を減らすことで、探し物や掃除、服選びの時間を削減できます。削減できる時間は少ないかもしれませんが、ちりも積もれば山となります。

時間ができれば、家族との時間や趣味の時間など自分の好きなことに時間を投資できるでしょう。

生前整理と断捨離の進め方

生前整理と断捨離の進め方は以下の通りです。

  • 不用品として捨てる基準を決める
  • 必要、不要、保留で分けて不要なゴミを捨てる
  • 保留のものを一定の期日を元に捨てていく
  • デジタル情報を整理する
  • お金や財産に係るものの整理する
  • 財産目録・エンディングノートに情報を記録する
  • 相続する物と生前贈与する物に分ける
  • 税理士に相談する

具体的な方法に関して解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

不用品として捨てる基準を決める

生前整理と断捨離は、その人の生活空間を整理し、大切な物だけを選別する重要なプロセスです。作業を効果的に進めるためには、捨てる基準を明確に設定することです。

生前整理や断捨離する各カテゴリーや自身の価値観によって基準を決めるようにしましょう。例として以下に当てはまる場合は手放す基準にしてみてください。

  • 過去一年間で一度も使っていないもの
  • 感情的価値があまり感じられないもの
  • 壊れている、修理が必要なもの
  • 代替可能性のあるもの

また、作業を効率的に進めるためには、期限を設定することが効果的です。期限を設けることで、作業に一定の締切りが生まれ、計画的に進めることができるでしょう。

断捨離の進行中は、定期的に進捗を確認し、必要に応じて計画を調整することも大切です。進捗を可視化することでモチベーションを保ちやすくなり、また、何が終わって何が残っているのかが明確になります。

必要、不要、保留で分けて不要なゴミを捨てる

まずは、全ての物を取り出し、現在の持ち物を完全に把握してください。次に、物を「残す物」「捨てる物」「保留」という3つのカテゴリーに分けます。

残す物には、日常的に使用している物や今後使用する予定のある物、思い出深い品々や将来誰かに譲りたい物が挙げられるでしょう。その逆に捨てる物は、長期間使用していない物や壊れているまたは利用価値がない物が該当します。

保留は、決断が難しい物や捨てるか残すか迷っている物を分類してください。

保留のものを一定の期日を元に捨てていく

物を「残す物」「捨てる物」「保留」の3つのカテゴリーに分けたうちの「保留」に該当したものは、半年から1年程度期間を設けます。期間内にそのアイテムを使用しない場合感情的変化がない場合には処分の対象としましょう。

一時的に保留することで、すぐには捨てられないアイテムに対しても後で再評価するチャンスを持てます。期限を設けることで、感情に流されずに物の必要性を判断できるでしょう。

デジタル情報を整理する

デジタルデータの整理は、生前整理の中でも特に注意を払うべき領域です。パソコンやスマートフォン、クラウドサービスに蓄積された情報は、個人のプライバシーや金融情報を含むため、適切な管理が必要です。

まず、パソコン、スマートフォン、タブレットなど使用しているすべてのデバイスを集め、物の場合と同様にデータを「残すべきもの」「削除すべきもの」「保留」の3つに分類します。重要な情報はバックアップをとっておきましょう。

オンラインバンキング、クラウドストレージなどのアカウント情報は、パスワード、ユーザー名、関連するセキュリティ情報を安全な方法で記録し、信頼できる家族に伝えるか、エンディングノートに記載してください。

金融機関や投資サービスに関する情報は特に慎重に扱い、家族がアクセスできるように適切な手順を講じるとスムーズです。

デジタル情報は膨大な量になることがあるため、一度にすべてを行うのではなく、カテゴリーごと、またはデバイスごとに少しずつ整理を進めることが効果的です。

お金や財産に係るものの整理する

生前整理と断捨離を行う際、お金や財産に関するアイテムの整理は特に重要です。これには、銀行口座やクレジットカード、デジタル資産、重要書類など、多岐にわたる要素が含まれます。

手始めに、所有する全ての銀行口座とクレジットカードをリストアップし、不要な口座や利用していないカードがあれば、解約手続きを行なっておきましょう。

生命保険の証券や不動産の権利証など、重要な書類は一箇所に集め、保管するのがおすすめです。印鑑や通帳も同様に厳重に保管し、置き場所を家族に伝えると良いでしょう。

資産の整理と適切な保管は、将来的なトラブルを回避し、遺族にとっての手続きを容易にするために不可欠です。

財産目録・エンディングノートに情報を記録する

生前整理と断捨離を行う際には、エンディングノートと財産目録を作成しておくと良いでしょう。エンディングノートは、自身の人生の終末に関わる希望や指示をまとめたドキュメントです。法的な力はありませんが、葬儀の希望、重要な個人情報、緊急連絡先など、死後の手続きをスムーズにするための重要な情報源となります。

財産目録は、所有する財産の詳細なリストです。エンディングノートと合わせて、遺産整理を容易にし、相続人に対して財産の透明性を保証します。財産目録・エンディングノートにより、自身の望む事項を明確に伝え、遺族の負担を軽減することができます。

相続する物と生前贈与する物に分ける

生前整理と断捨離における財産の整理は、相続と生前贈与の適切なバランスを見極めることが重要です。相続させる物は、通常、法的手続きを経て相続人に引き継がれます。これには不動産、株式、大切な家族の遺品など、特に法的な手続きが必要なアイテムや、家族間で等分しにくい貴重な物が含まれることが一般的です。

生前贈与は、生きているうちに財産を移転することで、相続時の負担を軽減する手段として利用されます。現金、株式、その他の金融資産が含まれることが多く、贈与による税負担を考慮した上で行われます。前贈与を活用することで、相続税の基礎控除額を超える財産に対する税負担を事前に分散させることが可能です。

税理士に相談する

生前整理と断捨離を行う過程で、財産目録の作成やエンディングノートの準備に加え、税理士に相談するのが有効的です。相続税をはじめとする税金の問題は複雑であり、正確な情報が必要です。税理士は相続税対策、資産の効率的な管理、将来的な資産の分配計画などをアドバイスしてくれます。

相談前には、自身の財産状況を整理し、財産目録を作成しておくことが重要です。不動産の資料、銀行口座の情報、投資記録など、必要な情報を集めておきましょう。

生前整理における断捨離のコツを紹介

生前整理における断捨離のコツは以下の通りです。

  • 遺族にとって必要かどうかも考える
  • 大切なものは他人の手にゆだねない
  • 他人の基準で断捨離をしない
  • 片付け・不用品が多ければ業者も活用する

自分自身、そして遺族の方ができる限り納得してもらえるように準備を進めていきましょう。

遺族にとって必要かどうかも考える

生前整理と断捨離を行う際には、遺族の方にも意見を聞くと良いでしょう。家族が共同で使用している物や、将来的に遺族に渡したいと考えている財産については、その分配や管理についても話し合っておくと安心です。

個人的に価値を感じる物でも、遺族にとっては不要なものもあります。反対に、自分にとっては大切でないかもしれないが、家族にとって価値のあるものも存在します。このバランスを考えながら物を選別することが重要です。

大切なものは他人の手にゆだねない

特に、骨董品や美術品など、専門的な知識が必要なアイテムは、自分だけが知っている価値や物の重要性を、第三者は正確に理解できない場合が多いです。思い出深い品物や家族から受け継がれた遺品など、感情的な価値を持つ物を引き継ぐためには直接関与することが最善です。

他人に整理を任せた場合、誤って重要な物が捨てられたり、適切でない方法で処分されたりするリスクがあります。家族や信頼できる友人に、どのアイテムがどこに保管されているか、なぜその物が重要なのかを説明しておくと良いでしょう。

他人の基準で断捨離をしない

人によって価値観は異なります。他人が不要と考える物でも、自分にとっては大切な思い出が詰まっている場合もあるでしょう。生前整理と断捨離は、自分の感情や思い出に基づいて物を選ぶことが、満足につながります。

自分が何を大切にしているか、何に価値を感じているかを考えてください。家族や信頼できる友人に相談しながら進めることで、客観的な意見を取り入れつつ、最終的な決断は自分自身で行うようにしましょう。

片付け・不用品が多ければ業者も活用する

片付けや・不用品が多ければ、業者を活用すると良いでしょう。専門業者は片付けのプロフェッショナルです。大量の不用品も業者の方が運び出し、適切に処分してくれます。

労力が要求される作業を業者に委ねることで、高齢者や体力に自信のない人でも安心して断捨離を進めることができるでしょう。業者に依頼する際は、何を残して何を処分するか明確に指示を出しておくと安心です。

不用品回収業者「片付け侍」では、遺品整理・生前整理なども承っています。貴重品を探し出してほしい場合にも対応します。

生前整理やゴミ・不用品の処分なら片付け侍へ

本記事では、生前整理と断捨離を行うメリットや生前整理と断捨離の進め方、生前整理における断捨離のコツなどについて解説してきました。

生前整理と断捨離どちらも行うことは、自分自身の死後の意向や遺族に負担をかけないようにするだけでなく、今の自分の価値観や生活を大切にするために重要です。生前整理と断捨離を行い、今の自分の価値観を確認するとともに、遺族に向けた想いを形造るっておくと安心です。

断捨離したいものが大量にある場合や、手間や時間をかけずに生前整理を行いたい場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者に依頼すれば、指定した日時に業者が自宅に赴き、運び出しから分別、処分まで全て重なってくれます。

「片付け侍」は365日全国に対応している不用品回収業者で、最短30分で自宅に駆けつけます。不用品回収のほか生前整理や遺品整理にも対応しており、遺品整理からご供養・お焚きあげまで対応しています。見積もり無料、追加料金もかかりません。状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。料金の安さに自信があるからこそ、他社より1円でも高ければ、再見積もりします。

無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

aaaaさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK