断捨離で50代から始めるシンプルライフ!50代の断捨離のコツや手順を解説

No Image

「50代で断捨離してシンプルライフにするべき理由ってあるの?」

「断捨離でシンプルライフを目指したいんだけれど、何から始めるべき?」

「シンプルライフを目指すための断捨離のコツや手順について知りたい」

そんな悩みをお持ちではないでしょうか?

この記事は以下の点について解説します。
・50代で断捨離してシンプルライフにするべき理由
・50代のシンプルライフで得られるメリット
・断捨離は何から始めるべきか

これら全てがわかります。

断捨離は50代が特に実践すべき年齢です。50代でシンプルライフを目指すべき理由や断捨離のコツに関して解説していきます。

後半部分では、断捨離したものの処分方法に関して解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

目次

50代で目指すべきシンプルライフとは

シンプルライフは、50代になると多くの人が考え始めるライフスタイルのひとつです。50代になると、人生経験も豊富で物質的な満足よりも精神的な充実を求める傾向が強まります。

シンプルライフを実現するための基本は、「身の丈に合った自分らしい暮らし」をすることです。これは、無理をせず、今の自分に合う物で快適に暮らすことを意味します。不要な物は思い切って手放し、必要最小限の物だけを持つことで、生活の質を高めることを目指します。

シンプルライフを実践することで得られる利益は計り知れません。不要な物を減らすことにより、掃除がしやすくなり、時間の節約にもつながります。

物を厳選することで、購入に対する意識が変わり、結果として経済的な節約にもなるでしょう。

50代で断捨離してシンプルライフにするべき理由

50代は断捨離してシンプルライフを目指す絶好の時期とされています。なぜ50代でシンプルライフを目指すべきなのか、その理由に関して解説していきます。

  • 50代は人生のターニングポイント
  • 老後と相続を現実的に考え冷静に判断できる
  • 心身が健康で元気なうちに断捨離をする

それぞれみていきましょう。

50代は人生のターニングポイント

50代は、若い時ほどではないものの、まだ比較的体力が残っています。この体力を活かして、自宅や実家の整理を行うことは、今後の生活を楽にするための重要なステップです。

また10年後を考えると、自分や家族の健康状態が変わる可能性もあります。親の介護が必要になるかもしれませんし、自身の体力の低下も考慮しなければなりません。シンプルな生活空間は、そうした未来の変化に柔軟に対応するための準備にもなり得ます。

老後と相続を現実的に考え冷静に判断できる

断捨離は、物の所有を見直し、必要なものだけを持つという考え方です。特に50代のうちに老後の生活や相続の準備を視野に入れ、断捨離によるシンプルライフを考えることは大切です。

断捨離を行うことで、老後の生活がより管理しやすくなります。物が少なければ、掃除や整理が簡単になり、日常生活が楽になるでしょう。相続の準備としても断捨離は有効です。不要な物を減らすことによって、遺族に負担をかけることなく、スムーズな相続が可能です。

精神的な健康を保ちながら、質の高い生活を送るための準備としても非常に重要です。50代のうちに断捨離をして、物理的な余裕だけでなく、精神的な余裕を持って老後を迎えましょう。

心身が健康で元気なうちに断捨離をする

50代での断捨離は、シンプルライフへの移行だけでなく、健康的な生活を送るための一環としても重要です。物が少ない環境は、清潔で整理整頓がしやすく、それがストレスの軽減につながります。

不要な物を減らすことにより、物理的な負担が軽減され、掃除や片付けも容易になります。元気なうちに断捨離を行い、生活しやすい空間づくりを整えていきましょう。

50代でシンプルライフで得られるメリット

50代でシンプルライフで得られる具体的なメリットは以下の通りです。

  • 断捨離が生前整理の準備にもなる
  • 部屋の掃除・洗濯が楽になる
  • お金の節約になる
  • 部屋が広々する
  • 心身ともに健康になれる
  • 時間に余裕が生まれる

メリットを確認し、断捨離してシンプルライフを目指すモチベーションにしていきましょう。

断捨離が生前整理の準備にもなる

50代でシンプルライフを実践することのメリットのひとつは、断捨離が生前整理の準備として機能する点です。生前整理とは、自分の生涯にわたって蓄積した物品や資産を整理し、遺族に負担をかけないようにするための活動です。

シンプルライフは50代にとってただのライフスタイルの選択ではなく、より計画的で意味のある生活への移行を促します。生前整理を行うことで、自身が亡くなった後、遺族が直面する感情的な負担を軽減できます。

また、自分の意志に基づいてどの物を保持し、どの物を処分するかを決めることができます。断捨離により生前整理が進められることで、自身の余生をより安心して過ごすことができるだけでなく、遺族にとっても感謝される存在であり続けることができるのです。

部屋の掃除・洗濯が楽になる

床や棚がすっきりしていると、掃除機をかけたり、拭き掃除をする際の障害物が少なく、掃除が楽になります。また、衣服もシンプルライフの一環として厳選することで、洗濯物の量が減ります。必要最小限の衣服だけを持つことで、洗濯が頻繁に必要ないため、洗濯の手間が省けるでしょう。

日常生活の質を向上させるだけでなく、時間とエネルギーを他の有意義な活動に割り当てることができるため、生活全般にわたってプラスの影響をもたらします。

お金の節約になる

50代でシンプルライフを送ることは、経済的な面でもメリットがあります。物が少ない生活は、何がどこにあるのか一目でわかるため、無駄遣いが減り、経済的な視野も広がります。家の中の物が少ないことで、不要なダブリの購入を防げ、直接的な節約につながるのです。

無駄な出費を削減し、必要なものだけに投資することで、将来の金銭的な安心を得ることができるでしょう。

部屋が広々する

家具や不要な装飾品を減らすことで、部屋全体がすっきりとし、空間が広く感じられるようになります。家具を減らしたり、配置を変えたりすると、部屋を広く使えるだけでなく、日常の動作もスムーズになります。

50代の動けるうちに、年齢に合った住み心地の良い家づくりをする方も多いです。部屋が広々とすることは、見た目の快適さだけでなく、心理的な余裕や活動の自由度を高める効果があります。

物を減らし、必要なものだけを選び、空間を効果的に活用することで、より充実した生活が送れるようになります。

心身ともに健康になれる

何をどこに置いたか忘れてしまい、なかなか見つからずストレスを感じることは誰しも経験したことがあるでしょう。物の少ない生活は、日常的なストレスを減少させる効果があります。

生活空間がすっきりしていると、掃除や整理整頓がしやすくなり、定期的な活動が増えるため、無意識のうちに適度な運動を行うことができます。さらに、不要な物を持たないことで、家の中を移動する際の障害が少なくなり、転倒事故のリスクを減少させることができ、60歳、70歳になった時の備えとしても有効です。

時間に余裕が生まれる

物の量を減らすことにより、日常の整理整頓や掃除が簡単になるほか、選択肢が限られ、何を着るか、何を使うかといった日々の小さな意思決定が楽に行えるようになります。必要最小限の物だけを持つ生活スタイルを取り入れると、不必要な買い物をする頻度も減り、精神的な満足感を高まります。

家事や管理の負担が軽減されることで、家族や友人と過ごす質の高い時間が増えることもあるでしょう。

50代でシンプルライフを実践することで得られる時間の余裕は、個人のライフスタイルを豊かにし、精神的、社会的、身体的な健康を向上させるための基盤を築けます。

50代は断捨離は何から始めるべきか

50代になり、シンプルライフを目指そうとしても何から断捨離するべきか迷うこともあるでしょう。何から始めるべきか迷った場合には以下を参考にしてみてください。

  • 若い頃の服や靴・アクセサリー
  • 本・漫画・雑誌
  • 使っていないサンプル品や贈答品
  • 書類・手紙・郵便物・取扱説明書
  • 引き出しや棚にある雑貨・日用品
  • 使っていないキッチン用品や食器
  • コードやケーブル類
  • 過去に趣味だった物
  • 化粧品や日用品・食品で期限切れのもの
  • 人間関係・スマホの連絡先・SNS友達

順番に解説していきます。

若い頃の服や靴・アクセサリー

若い頃の服や靴、アクセサリーは、感情的な価値を持ちやすいアイテムでありながら、日常生活で使用しなくなっていることが多いため断捨離の効果を得るのに最適です。若い頃の服やアクセサリーは、過去の自分を象徴するアイテムであるため、これらを手放すことで、現在のライフスタイルに合った自己像を新たに築くことができます。

たとえば、学生時代のバンドTシャツや初めて購入した高価なハンドバッグは、感慨深いものの、もはや日常的には使用しないため、処分することで心の整理もできます。

本・漫画・雑誌

本・漫画・雑誌は、日常生活で大量に蓄積されがちであり、整理することで生活空間の大幅な改善が期待できます。特に、何年も手に取っていない小説や一度読んだだけの雑誌は、断捨離の対象としましょう。

本や漫画、雑誌の中には、時代に合わなくなった情報やもはや興味を持たないジャンルのものも多く、これらを整理することで、現在の自分にとって価値のあるものだけを選び出す作業ができます。何が自分にとって必要か、自分の価値観を見つめ直すチャンスです。

使っていないサンプル品や贈答品

サンプル品や贈答品は「いつか使うかもしれない」と保持されがちですが、実際には使われることなく場所を取っているだけのことが多いです。

最初に手軽に処分できるアイテムから始めることで、断捨離の達成感を味わいやすく、作業へのモチベーションが向上します。未開封のサンプル品や贈答品は、友人や家族に譲るのも良いでしょう。

書類・手紙・郵便物・取扱説明書

書類、手紙、郵便物、取扱説明書などは、時の経過とともに蓄積されがちです。古い領収書や契約書、保証書などは、特定の期間が経過したら不要となるものが多いでしょう。

過去の税務書類や既に解約したサービスの書類は、法的に保持する必要期間を過ぎたら処分して問題ありません。また手紙や取扱説明書は、情感的価値や「いつか使うかもしれない」という思いから保持し続けることが多いですが、多くの場合、実際にはほとんど見返すことはありません。

心配であれば写真などで電子保存するのも良いでしょう。

引き出しや棚にある雑貨・日用品

引き出しや棚は、日用品や小物が散乱しやすく、不要なものが蓄積しやすい場所です。必要なものがすぐに手に入る環境を作ることで、時間の節約とストレスの軽減ができます。整理整頓が行き届いた家は、訪問者を迎える際の準備も簡単になります。

引き出しや棚にあるアイテムを一つずつ取り出し、カテゴリーごとに分け、各カテゴリーで、本当に必要なものだけを選びましょう。残したアイテムには定位置を与え、いつでも同じ場所に戻すルールを作ります。

使っていないキッチン用品や食器

キッチンは日常生活の中心の一つであり、使われていないアイテムを整理することで、より機能的で使いやすい空間を作り出すことができます。

たとえば、結婚式の引き出物で受け取ったが一度も使っていない高級食器セットや、特定の料理にしか使わない特殊な調理器具など、実際にはほとんど使用されることのないアイテムも多いでしょう。

使わないアイテムを減らすことで、キッチンの整理整頓がしやすくなり、掃除が行いやすい状態を維持できます。

コードやケーブル類

コードやケーブル類は小さいですが、意外と大きなスペースを占めており、散らかった印象を与えがちです。、古い携帯電話の充電器、使われなくなったビデオケーブルや古いコンピュータの周辺機器のケーブルなどが残っていることもあるでしょう。

また古いケーブルや損傷したケーブルは、時としてショートや火災の原因となる可能性があります。事故のリスクを減らすためにも、不要なものと使うものを分け、整理してみましょう。

過去に趣味だった物

過去の趣味に関連する物は、強い感情的な価値を持っていることが多いです。過去の趣味に関連する物を整理することで現在の自分にとって本当に価値のある物が何かを見極めます。

時間が経過すると、趣味や興味は変わるものです。過去の趣味に未練を持つことなく、今のライフスタイルに合った選択をすることが重要です。各アイテムに対して、現在も関心があるか、または最近使ったことがあるかを自問自答してみてください。

過去の趣味に関連する物から断捨離することで、感情的な整理が行われると同時に、物理的な空間が生まれ、新たな可能性が広がります。

化粧品や日用品・食品で期限切れのもの

化粧品や日用品、食品の中でも特に期限切れのものは、健康や安全に直接関係するため、定期的に見直しを行うことが大切です。化粧品の断捨離は、使用期限が過ぎた製品を使用することは肌トラブルの原因となり得ます。

清掃用品や洗剤は、効果が低下するほか、場合によっては悪臭の原因にもなります。賞味期限が切れた缶詰や調味料は、味の劣化だけでなく食中毒の原因にもなるでしょう。

優先的に整理整頓を行い、健康に過ごすために誤って使用しないように気をつけてください。

人間関係・スマホの連絡先・SNS友達

50代で断捨離を始める際、物理的なものだけでなく、デジタル空間や人間関係にも目を向けることが重要です。連絡先やSNSの友達リストには、過去の職場の同僚や学生時代の友人など、現在はほとんど交流がない人も多いでしょう。

人間関係の断捨離は、不要な義務感や負担から解放され、精神的な余裕を持つことにつながります。人間関係を断捨離することで、自分にとって大切な人を見つめ直すことができ、より意味のある人間関係を築きやすくなります。

50代は断捨離で始めに片付けるべき4つの場所

50代は断捨離で始めに片付けるべき場所は以下の4つです。

  • クローゼット
  • キッチン
  • リビング
  • 洗面台・バスルーム

順番にみていきましょう。

クローゼット

クローゼットの断捨離は、自分のスタイルを見直し、更新する絶好の機会です。断捨離を通じて、自分にとって本当に価値のあるアイテムや、現在のライフスタイルを見直すことができるでしょう。

季節外の服やサイズが合わなくなった服をクローゼットから取り除くことで、現在活用しているアイテムだけが手元に残ります。クローゼット内が整理されていると、必要な衣類やアクセサリーをすぐに見つけることができ、朝の準備がスムーズになります。

不要な服やアクセサリーを処分することで、物理的なスペースだけでなく、心理的なスペースも確保されます。

キッチン

キッチンは家庭生活の中心であり、毎日の料理や家族の集まりの場として使用されるため、整理整頓が生活全体の質を向上させる効果があります。

アイテムが減ると、掃除がしやすくなります。表面がすっきりしていると、汚れやほこりがたまりにくくなり、衛生的な環境を維持しやすくなるでしょう。それぞれのアイテムに対して、「最後に使ったのはいつか」を自問自答し、定期的に使用していない物は処分対象にしてください。

リビング

リビングは家庭内で最も使用頻度が高く、家族や来客が集まる場所であるため、この空間がすっきりしていると、家全体の印象が大きく向上します。使われなくなった雑誌、DVD、古いリモコン、装飾品などを整理することで、リビングはより開放的で落ち着いた空間に変わります。

不要な物が少なく、整理されたリビングでは、家族が集まりやすくなるでしょう。またリビングが整理されていると客人も呼びやすくなります。整理されることで交流の場が広がるので、生活を一変させたい方にもおすすめです。

洗面台・バスルーム

洗面台やバスルームは湿気が多く、不衛生な状態が続くとカビや細菌が繁殖しやすい場所です。定期的に断捨離を行うことで衛生的な状態を保つことができます

頻繁に使うアイテムだけを手の届く場所に保管し、それ以外は手放すか別の場所で保管しましょう。開封後長期間使用していない化粧品は肌トラブルの原因となるので注意してください。

50代の方が断捨離をする手順

50代の方でシンプルライフを目指そうとしても、断捨離を途中で断念してしまう方も多いです。そこで、失敗しにくい効率的に断捨離をするための手順に関して解説していきます。

  • 一カ所に物を集める
  • 捨てる基準を決める
  • 必要・不要・保留に分別していく
  • 不用品を処分する

それぞれみていきましょう。

一カ所に物を集める

一カ所に物を集めることの最大の利点は、持ち物の実態を正確に把握できることです。日常生活の中で散らばってしまう物を一箇所に集中させることで、どれだけ多くの物を所有しているか、どのような物があるかを一目で確認できます。

全てのアイテムが視覚的に確認できることで、どのアイテムが実際に必要で、どれが不要かを決めやすくなるでしょう。

捨てる基準を決める

「捨てる基準を決める」ことでどのアイテムを手放すかの決定が容易になり、断捨離のが効率的に進みます。例えば以下のような基準で断捨離すると良いでしょう。

  • 最後に使用したのが1年以上前のアイテム
  • 感情的価値があるか否か
  • 壊れている、または使用に耐えない状態のアイテム
  • 重複しているアイテム
  • 期限切れのアイテムなど健康や安全性に影響を与えるもの

断捨離は、自分自身と向き合う作業であり、何を大切にするかを再考する機会でもあります。自分のライフスタイルに本当に必要なものだけを選択し、余計な物に囲まれることなく生活できるよう整えていきましょう。

必要・不要・保留に分別していく

事前に定めた捨てる基準を用いて、所有するアイテムを「必要・不要・保留」の3つのカテゴリーに分類します。「必要」と判断されるアイテムは、日常生活で定期的に使用されるもの、または法的・感情的な価値が高いものです。

「不要」と判断されるアイテムは、使用頻度が低く、生活空間を不必要に占めているものや、損傷が激しいものを分類しましょう。「保留」は、即座に必要か不要かの判断が困難なアイテムを分類します。保留にしたアイテムは、時間を置いてから再評価することで後悔なく捨てられます。

家族や友人との共有アイテムについては、関係者全員の意見を聞き、共同で決定を下すようにしましょう。

不用品を処分する

最後は、不用品を処分することです。不用品を手放す際、リサイクルや寄付、売りに出すなど他の人に再利用してもらう方法もあれば、自治体で処分、業者に依頼するなどさまざまな方法があります。

書類やデジタルメディアを処分する際には、個人情報の流出に注意し、データ消去しましょう。処分する際には、自治体の規定やリサイクル施設のルールなどを事前に確認してください。

50代で断捨離をするコツ

50代で断捨離をするコツは以下の通りです。

  • 体力・気力的に無理せず少しずつやる
  • 床・平面は物を置かないように断捨離する
  • 何かを買ったら何かを減らす
  • 他人基準で断捨離しない
  • 迷って決まらないものは保留にする
  • 捨てる物は1つずつ捨てる意味・理由を明確する
  • フリマアプリや買取店でお金に換えながら断捨離する
  • 思い入れのある思い出の品は写真を撮って捨てる
  • 片付け業者や不用品回収業者を活用する

ポイントに留意して、自分のペースで断捨離を進めていきましょう。

体力・気力的に無理せず少しずつやる

50代での断捨離は無理せず少しずつ進めることが大切です。50代での断捨離は、人生の新たな章を開くための重要ですが、体力的にも気力的にも負担が大きくなりがちです。一気に大量の物を整理しようとすると、達成感よりも疲労や挫折感が勝ってしまうこともあるでしょう。

小さな成功体験を積み重ねることで、モチベーションを維持しやすくなり、断捨離を習慣化できます。タイマーを使用し、一日に30分から1時間だけ断捨離を行うなど、時間を決めて作業すると効果的です。

まずは見た目に影響が大きい、または日常生活でストレスを感じているエリアから整理を始めます。使いやすさや生活の質を向上させることを目的として、優先順位をつけることが重要です。

毎日少しずつ進めることで、作業の習慣を身につけます。毎日のルーティンに断捨離を組み込むことで、自然と生活の一部となります。

床・平面は物を置かないように断捨離する

断捨離で残ったものは極力、床・平面は物を置かないようにしましょう。床やテーブルの上など、平面のスペースをクリアに保つことで、部屋全体が広く見え、視覚的にもすっきりします。床に物がなければ、掃除機をかけるのも拭き掃除をするのも楽になります。

日常的に使用するアイテムでも、使用後は必ず定位置に戻し、物を床に散らかしっぱなしにしないよう心がけましょう。

何かを買ったら何かを減らす

50代での断捨離は、単なる物の整理整頓にとどまらず、持続可能なライフスタイルへの転換を意味します。何かを買ったら何かを減らすというルールは、物の量を管理し、購入行動を意識化する上で効果的です。

新しいアイテムを購入する前に、本当にそのアイテムが必要かどうかを慎重に評価します。購入が感情に基づく衝動的なものでないか、自宅にすでに同様の機能を持つアイテムがないかを考慮することが重要です。

他人基準で断捨離しない

50代で断捨離を進める際のコツは、他人基準で断捨離しないことです。断捨離は、自身の価値観とライフスタイルに基づいて物を選び、手放すことです。

他人が価値あると感じる物が、必ずしも自分にとって価値があるわけではありません。自分にとっての価値と使い勝手を最優先に考えることが、満足のいく生活空間を作り出します。

社会や他人が設定する基準に囚われることなく、自分自身にとって何が本当に重要かを見極めることがシンプルライフを目指す上で重要なのです。

迷って決まらないものは保留にする

断捨離する際、一度にすべてのアイテムの価値を評価するのは難しく、特に感情的な価値が絡むアイテムでは、時間をかけて考える必要があります。急いで決断して後悔するのを避けるためにも、迷って決まらないものは「保留」にしましょう。

保留にしたアイテムには、再評価のための期限を設けます。例えば、3ヶ月または6ヶ月後に再検討するなど、明確な期限を決めてください。

捨てる物は1つずつ捨てる意味・理由を明確する

50代での断捨離は、単に物を減らすだけでなく、その過程で自己反省や生活の質の向上を目指す機会ともなります。物を捨てる際にその理由を深掘りすることで、自己の価値観や生活スタイルについての理解が深まります。何に価値を置き、何が自分にとって不要かを知ることは、自己認識を高める過程です。

捨てる物一つひとつに対して、その意味や理由を明確にすることは、断捨離をより有意義なものにするために重要です。物を捨てる際にその理由を考えることで、将来的に同様の物を不用意に購入することを避けることもできるでしょう。

フリマアプリや買取店でお金に換えながら断捨離する

50代での断捨離を行う際、フリマアプリや買取店を利用して不要なアイテムをお金に換えることは、物理的なスペースの解放だけでなく、経済的なメリットがあります。物を手放す際に得られる金銭的なリターンは、断捨離のモチベーションを高める原動力となります。

またアイテムを新しい持ち主に引き継ぐことで、廃棄が減り、環境への負担を軽減できるのも見逃せないポイントです。売れやすいアイテムは、状態が良く、需要の高いシーズンに合わせたものです。例えば、冬物の衣料は秋口に、夏物は春に出品すると良いでしょう。

思い入れのある思い出の品は写真を撮って捨てる

50代で断捨離を行う際、特に困難を感じるのが、感情的な価値や思い出が詰まった品々の取り扱いです。断捨離は、過去との繋がりを断ち切るように感じることもありますが、新しい生活スタイルへと移行するための重要な行為です。

手放すものが惜しい思い入れのあるものは、手元に数点残し、他は、場所を取らず、管理が容易な写真などのデジタルで保管するのが有効的です。

片付け業者や不用品回収業者を活用する

50代で断捨離を行う際、特に大量の不用品が発生している場合には、片付け業者や不用品回収業者の活用するとスムーズに進めることができます。業者に任せれば、重い家具や大量の不用品の移動してもらえ、リサイクルが必要なアイテムや特別な処理が必要な廃棄物を法令に則って処理してくれます。

親族が亡くなった後の遺品整理で、感情的に負担が大きい作業をプロに任せることで、精神的なストレスを軽減できるでしょう。家具の解体、粗大ごみの処分、リサイクル品の取り扱いなど、サービスは業者によって差があります。業者を選ぶ際には、料金体系を確認し、自分のニーズに合った業者を選ぶことが重要です。

不用品回収業者「片付け侍」では、全国、年中無休で対応しており、見積もり・出張費・キャンセル料全て無料で追加費用一切かかりません。

断捨離で出た不用品の処分方法

断捨離で出た不用品の処分方法は主に以下の4つの方法があります。

  • 自治体のゴミ回収で捨てる
  • フリマアプリやオークションサイトで売る
  • 専門買取店やリサイクルショップに買取してもらう
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自身に合わせて最適な処分方法を選択しましょう。

自治体のゴミ回収で捨てる

各自治体にはゴミの分別や回収に関する厳格なルールが存在します。不適切なゴミの処分は、環境汚染や罰金の原因となることもあるので「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」、「資源ゴミ」など分別して処分するようにしましょう。

大型な不用品は「粗大ゴミ」に分類され、事前申し込みや粗大ゴミ処理券の購入が必要です。粗大ゴミは一辺が30cm以上の場合に分類されることが多いですが、これも自治体によって規定が異なります。事前に確認しておくようにしましょう。粗大ゴミとして処分する場合の手順は以下の通りです。

  1. 電話や自治体のサイト上で粗大ごみ処分の申し込みを行う
  2. 指定された手数料の「粗大ごみ処理券」をコンビニやスーパー等で購入
  3. 不用品の目立つところに購入した「粗大ごみ処理券」を貼り付ける
  4. 自治体の指示に従い、指定された日に不用品を運び出す

車等の移動手段がある場合には自身で直接、粗大ゴミ収集センターに持っていけば、さらに安く処分可能です。

フリマアプリやオークションサイトで売る

メルカリやラクマ、ヤフオクなどフリマアプリやオークションサイトで売ると、不用品を有効活用しつつ、新たな収入源を得ることができます。特に状態が良い品物やブランド品は売れやすいです。

自宅にいながら、インターネットを通じて全国の買い手と直接取引ができ、価格も出品者が決めることができますが、梱包や運び出しなど手間もかかります。大まかな手順は以下の通りです。

  1. 不用品の写真を複数枚撮影する
  2. 傷や汚れ箇所、ブランドなども説明欄に記載して写真と共に出品
  3. 購入されたら、梱包して発送する
  4. 購入者が商品を受け取り、評価されれば料金が反映される

出品してもすぐに売れるとは限らず、売れずに物置にずっと保管する羽目になる場合もあるので、販売期間を決めて売れなかったら別の方法で処分すると良いでしょう。

専門買取店やリサイクルショップに買取してもらう

専門買取店やリサイクルショップに買取してもらう場合、フリマアプリやオークションサイトと違い、その場で査定してもらえるので、すぐに不用品を手放すことができます。

買取されたアイテムは再販されるため廃棄物の削減につながり、環境にもやさしいです。アイテムを買取店に持ち込む前に、きれいに掃除して、必要なら修理をしておくと高値で取引されてもらいやすくなります。買取店によっては条件が設けられていることもあるので、事前に確認しておきましょう。

査定は、店舗に直接持ち込む方法のほか、出張や郵送など様々な方法があります。店舗によって変わりますが、おおまかな流れは以下の通りです。

  1. リサイクルショップの買取条件を確認する
  2. LINE査定や出張など査定方法を選択し、査定してもらう
  3. 査定額に納得したら、商品引き取りと買取額の受け取り

買取を断られた場合には、持ち帰らないといけない場合もあるので注意しましょう。

不用品回収業者に依頼する

家庭から出る大量の不用品を自分で処理するのは時間と労力がかかります。不用品回収業者に依頼すれば、即日中に業者が赴き、運び出しから分別、処分まで全て行ってくれます。

大量の不用品を一度に処理できるので、効率的に家を片付けることができます。業者に依頼する場合の手順は以下の通りです。

  1. ネットや電話で不用品回収業者に問い合わせ
  2. 料金見積もりを行う
  3. 納得したら、引き取りの日時や場所を指定する
  4. 当日、業者が服の運び出しと処分を行う

料金は依頼する業者や不用品の大きさ、量によって異なり、見積もり後に確定します。見積もり自体は無料で行っているので、まずは無料見積もりから行ってみましょう。

不用品回収業者「片付け侍」は、生前整理や遺品整理、不用品回収などさまざまなサービスを展開しています。最短30分で駆けつけるので急ぎの場合もおすすめです。

断捨離で出た不用品回収は片付け侍へ

本記事では、50代で断捨離してシンプルライフにするべき理由や50代のシンプルライフで得られるメリット、断捨離は何から始めるべきかなどについて解説してきました。

50代は人生のターニングポイントであり、老後の生活や生前整理を考える転換期とも言えます。断捨離を行い、自分の価値観を見つめ直し、年齢に見合った最適なシンプルライフを目指しましょう。

断捨離したいものが大量にある場合や、家具や家電など自分では運び出しにくい大型の不用品がある場合には、不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。不用品回収業者に依頼すれば、指定した日時に業者が自宅に赴き、運び出しから分別、処分まで全て重なってくれます。

「片付け侍」は365日全国に対応している不用品回収業者で、最短30分で自宅に駆けつけます。見積もり無料、追加料金もかかりません。状態の良いものは買取可能なので、お得に処分可能です。

現在WEB割を実施しており「WEB割を見た」と報告すると積み放題プランの全メニューが10%OFFになります。作業前に契約額や追加費用が発生しない旨を記載した契約書を用意しているので安心です。料金の安さに自信があるからこそ、他社より1円でも高ければ、再見積もりします。

無料見積もりも行っているので、まずは相談から行ってみましょう。

すぐに処分するなら下記から

アバター

aaaaさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK