​​正しい洗濯機の処分方法|捨て方を間違えると損をする!

「洗濯機をどうやって処分すればいいの?」「処分にかかる費用はどれくらい?」などと悩んでいませんか?

洗濯機の処分は家電リサイクル法の対象であり、適切な処分方法を選ぶことが重要です。リサイクル料金や収集運搬料金がかかることもありますが、費用を抑える方法も存在します。

本記事では、家電リサイクル法に基づく洗濯機の処分方法や費用を節約する方法、不用品回収業者の利用メリットなどを詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・洗濯機の処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

洗濯機の廃棄は家電リサイクル法の対象

洗濯機を廃棄する際は、家電リサイクル法の適用を受けることを念頭に置く必要があります。家電リサイクル法は、使用済みの家電製品を適切にリサイクルし、資源を有効活用することが目的です。

洗濯機を含む特定の家電製品は、単に処分するわけではありません。適切にリサイクルすることで環境への影響を最小限に抑えるとともに、資源の持続可能な利用を促進します。

解体して粗大ごみでは捨てられない

洗濯機は、そのままでは粗大ごみとして処分することができません。家電リサイクル法により、洗濯機は専門のリサイクル施設で適切に処理される必要があります。

リサイクル施設で処理するのは、洗濯機に含まれる有害物質や貴重な資源を適切に管理し、環境への悪影響を防ぐためです。洗濯機を廃棄する際には、指定された収集場所やリサイクル施設に持ち込む必要があります。

処分にはリサイクル費用がかかる

洗濯機の処分には、洗濯機を適切に処理するための手数料として、リサイクル費用が発生します。リサイクル費用によって洗濯機は適切に分解され、資源が回収され再利用されます。

リサイクル費用を支払うことで、消費者は環境保護に貢献し、資源の持続可能な利用を支援できるのです。

いらなくなった洗濯機の捨て方8選

洗濯機を処分する方法をまとめると以下の通りです。

  • 指定引取場所への持ち込み
  • 不用品回収業者に引き取り処分を依頼
  • リサイクルショップの買取
  • 購入店に引き取りしてもらう
  • ヤマダ電機などの家電量販店で引き取り
  • 買い替え時ならお店に引き取ってもらう
  • 引っ越し業者に引き取ってもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで売る

それぞれ詳しく解説します。

指定引取場所への持ち込み

指定引取場所への持ち込みは、洗濯機を適切に処分するための基本的な方法です。自治体やリサイクルセンターが指定する場所に洗濯機を持ち込むことで、専門の施設で適切なリサイクル処理が行われます。

指定引取場所への持ち込みは、リサイクル料金の支払いが必要ですが洗濯機の適切な分解、資源の回収、そして再利用が保証されます。

持ち込みには手間がかかるかもしれませんが、環境保護に貢献する価値のある行動ですね。

不用品回収業者に引き取り処分を依頼

不用品回収業者による引き取り処分は、手間をかけずに洗濯機を処分したい場合に適した選択肢です。専門の回収業者が自宅まで来て洗濯機を引き取り、適切なリサイクル処理を行ってくれます。

サービスを利用する際は、業者の信頼性やサービスの内容、処分費用を事前に確認することが大切です。信頼できる業者を選ぶことで、安心して洗濯機を処分できます。

リサイクルショップの買取

リサイクルショップによる買取は、まだ使用可能な洗濯機を処分する際に考慮すべき選択肢です。リサイクルショップでは、洗濯機の状態を査定し、一定の価格で買い取ってくれます。

リサイクルショップを選択することで、洗濯機が新しいオーナーに引き継がれ、再利用される機会が生まれるでしょう。環境に優しい選択肢であり、洗濯機の価値を活かせます。

購入店に引き取りしてもらう

購入した店舗に洗濯機の引き取りを依頼する方法もあります。多くの家電販売店では、新しい洗濯機の購入と同時に古い洗濯機の引き取りサービスを提供しています。

サービスを利用することで、洗濯機の適切な処理が可能です。購入店による引き取りは、新しい洗濯機の購入を検討している場合に便利な選択肢であり、スムーズに処分できます。

ヤマダ電機などの家電量販店で引き取り

ヤマダ電機をはじめとする家電量販店では、不要になった洗濯機の引き取りサービスを提供しています。サービスを利用することで、消費者は古い洗濯機を手軽に処分できます。

家電量販店での引き取りは、新しい洗濯機の購入と同時に行われることが多く、収集運搬料金が必要です。手間とコストを考慮しても、安心して洗濯機を処分できる便利な選択肢です。

買い替え時ならお店に引き取ってもらう

洗濯機の買い替えを検討している場合、新しい洗濯機を購入する店舗に古い洗濯機の引き取りを依頼できます。新しい洗濯機を購入する際に非常に便利で、一石二鳥です。

購入店による引き取りサービスを利用することで、古い洗濯機の適切な処分と新しい洗濯機の設置をスムーズに行えます。リサイクル料金と収集運搬料金が発生しますが、処分の手間を省けるため、多くの消費者にとって魅力的な選択肢です。

引っ越し業者に引き取ってもらう

引っ越しを計画している際に不要になった洗濯機がある場合、引っ越し業者に引き取りを依頼することが可能です。多くの引っ越し業者は、不用品の処分サービスを提供しており、洗濯機のような大型家電の引き取りも行っています。

引っ越しと同時に不要な洗濯機を処分できるため、新居への移転をスムーズに行うことが可能です。サービスを利用することで、引っ越しの際の荷物を減らし、新しい生活空間を整えることに集中できます。

フリマアプリ・オークションサイトで売る

まだ使用可能な状態の洗濯機を処分したい場合、フリマアプリやオークションサイトを利用して売却できます。洗濯機を有効活用し、新しいオーナーに引き継ぐことができるため、環境に優しい選択肢です。

また、洗濯機の買取価格を得ることができるため、処分にかかる費用を回収することが可能です。フリマアプリやオークションサイトを利用することで、洗濯機の価値を最大限に活かし、新しいオーナーに喜んでもらえます。

洗濯機の処分の費用|安く済ませるには?

洗濯機を処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

ここでは、洗濯機の処分にかかる費用や安くするための方法をまとめます。

処分・廃棄にかかる費用

洗濯機の処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
指定引取場所への持ち込み2,000円~3,000円
不用品回収業者10,000円~20,000円
リサイクルショップ0円~5,000円
購入店5,000円~10,000円
ヤマダ電機などの家電量販店5,000円~10,000円
買い替え時ならお店0円~5,000円
引っ越し業者5,000円~10,000円
フリマアプリ・オークションサイト5,000円~20,000円

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。

ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

費用を節約するためのアドバイス

洗濯機の処分費用を節約するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。まず、可能であれば洗濯機をリサイクルショップに買い取ってもらうことで、処分費用を抑えられます。

また、新しい洗濯機を購入する際には、購入店に古い洗濯機の引き取りを依頼して処分費用を節約可能です。さらに、地域のリサイクル施設や自治体が提供する処分サービスを利用することで、低コストで洗濯機を処分する方法もあります。

費用を節約するためには、複数の処分方法を検討し、最も経済的な選択をすることが重要です。

ヤマダ電機やケーズデンキなど家電量販店の引き取り

家電量販店では、不要になった家電製品の引き取りサービスを提供しており洗濯機も含まれます。特にヤマダ電機やケーズデンキのような大手家電量販店では、家電リサイクル法に基づいた適切な処理を保証しています。

リサイクル法対象家電を買い替え

家電量販店で新しい家電製品を購入する際、古い家電製品を引き取ってもらえます。特にリサイクル法対象の家電製品に有効で、古い洗濯機や冷蔵庫などを適切に処分することが可能です。

サービスを利用することで、消費者は新しい製品の設置と同時に、古い製品の処分を一括で行えて大変便利です。また、家電量販店はリサイクル法に基づいた適切な処理を保証しているため、環境に配慮した処分ができます。

リサイクル法対象家電の回収依頼(訪問・持ち込み)

家電量販店では、リサイクル法対象の家電製品について、訪問回収サービスや店舗への持ち込みサービスを提供しています。訪問回収サービスを利用することで、大型の家電製品でも自宅から直接引き取ってもらえて非常に便利です。

一方、持ち込みサービスを利用する場合は、店舗に直接古い家電を持ち込むことで処分が可能です。どちらのサービスも、リサイクル法に基づいた適切な処理を保証しており、消費者に安心を提供します。

どちらのサービスも、リサイクル法に基づいた適切な処理を保証してるので、安心ですね。

ヤマダウェブコムで購入した場合

ヤマダ電機のオンラインストア、ヤマダウェブコムで家電製品を購入した場合も、古い家電製品の引き取りサービスを利用できます。オンラインで新しい家電を購入する際に、引き取りサービスを申し込むことで、購入と同時に古い製品の処分ができます。

引き取りサービスは古い家電の適切な処分を組み合わせたもので、忙しい現代人にとって便利なオプションです。ヤマダウェブコムを利用することで、自宅にいながら新しい家電の購入と古い家電の処分を同時に行えます。

洗濯機廃棄前にやるべきこと

洗濯機を廃棄する前には、以下の項目を済ませておきましょう。

  • 洗濯機の清掃
  • 水抜きの実施
  • ホース類の取り外し

それぞれ詳しく解説します。

洗濯機の清掃

洗濯機を売却して廃棄する前には、内部と外部の両方を丁寧に清掃することが推奨されます。洗剤残留物、糸くずフィルターの清掃、および内部の湿気を取り除きましょう。

清掃を行うことで、洗濯機内部のカビや臭いの原因となる細菌の成長を防ぎます。また、綺麗に清掃された洗濯機は買取価格にも影響して高くなる可能性が高いです。

水抜きの実施

洗濯機の廃棄前には、内部に残っている水を完全に抜き取ることが非常に重要です。脱水を行うことで、輸送中の漏水を防ぎ、保管中の洗濯機内部でのカビや錆の発生を防げます。

水抜きは排水ホースを取り外し、洗濯機を傾けて内部の水を排出することで行えます。洗濯機を安全に廃棄するための重要なステップであり、リサイクルをスムーズに進めるためにも必要です。

ホース類の取り外し

給水ホースや排水ホースなど、洗濯機に接続されているホース類をすべて取り外す必要があります。ホース類を取り外すことで、リサイクルセンターや回収業者が洗濯機を適切に処理する際の作業効率が向上します。

また、ホース類を取り外すことで、洗濯機内部に残っている水を完全に排出することが容易になり、廃棄までがより安全かつ効率的に行うことが可能です。

洗濯機を処分する際の注意点

洗濯機を処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 悪徳業者に注意する
  • 不用品回収業者の選定に注意
  • 粗大ごみのルールを確認する
  • 物件備え付けの部品と分ける

それぞれ詳しく解説します。

悪徳業者に注意する

洗濯機を処分する際には、悪徳業者に引っかからないよう注意が必要です。高額な処分費用を請求したり不適切な処分方法を取る業者が存在するため、業者選びは慎重に行いましょう。

信頼できる業者を選ぶためには、事前に口コミや評判を調べ、サービス内容や費用の明細を確認することが重要です。適切な業者を選ぶことで、洗濯機の処分を安心して任せられます。

不用品回収業者の選定に注意

不用品回収業者を利用する際には、選定にも注意が必要です。業者によってサービスの質や処分費用が異なるため、複数の業者を比較検討することが望ましいです。

信頼できる業者は、透明性の高い料金体系を提供し、家電リサイクル法に基づいた適切な処分方法を取ります。

業者選びの際には、業者が提供するサービスの範囲や、追加料金の有無についても確認することが重要です。

粗大ごみのルールを確認する

洗濯機を粗大ごみとして処分する場合には、地域の粗大ごみのルールを確認することが必要です。自治体によっては、洗濯機の処分に関する特別なルールや手続きが設けられている場合があります。

例えば、事前に申し込みが必要であったり、特定の日にしか回収を行わない場合も多いです。ルールを事前に確認し、遵守することで、スムーズに洗濯機を処分できます。

物件備え付けの部品と分ける

賃貸物件などで洗濯機が備え付けられている場合、処分する前に物件の管理者や大家と相談することが重要です。物件に備え付けられている洗濯機やその他の家電製品は物件の一部であり、勝手に処分するとトラブルの原因になることがあります。

また洗濯機と一緒に設置されているホース類や取り付け部品などは、新しい洗濯機の設置時に再利用できる可能性があるため、部品は洗濯機と分けて保管することが望ましいです。

洗濯機処分は不用品回収業者に任せた方が安心

洗濯機の処分を考えたとき、多くの選択肢がありますが、不用品回収業者に任せることを検討しましょう。大型で重い洗濯機を自分で運び出し、適切な処理施設まで搬送するのは大変な労力が必要です。

また、家電リサイクル法に基づいた正しい処理手順を自分で行うのは複雑で、間違った処理をしてしまうと法律違反になるリスクもあります。手間と時間を大幅に節約できるだけでなく、法律を遵守した安全な処分を保証してくれるため、不用品回収業者は非常に安心です。

適切な業者を選び、洗濯機の処分を安心かつスムーズに行いましょう。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK