ガラケー処分方法を徹底解説!処分前にやることやデータ消去の方法まで紹介

「ガラケーの適切な処分方法は?」「個人情報の保護はどうすればいいの?」などと悩んでいませんか?

ガラケーを処分する前には、地域の規則を確認し、データのバックアップと個人情報の消去を行うことが重要です。個人情報を的確に処理することで、プライバシーを守りつつ環境に優しい処分が可能になります。

本記事では、ガラケーの処分方法やデータ消去の手順、処分費用の相場を詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ガラケーを処分する前にやるべきこと

ガラケーを処分する前には、以下のポイントを先に押さえておきましょう。

  • データのバックアップを取る
  • 個人情報は消去する
  • SIMカードや充電池は取り外す

それぞれ詳しく解説します。

データのバックアップを取る

ガラケーに保存されている連絡先や写真などの個人データは、処分前に確実にバックアップを取っておく必要があります。個人データはパソコンやクラウドサービスを利用して、安全に保存しましょう。

写真やメッセージなど、失いたくない大切な思い出が含まれている場合は、複数の方法でバックアップを取ることをおすすめします。データのバックアップを怠ると、一度処分してしまった後にはデータを取り戻すことができなくなるため、慎重に行いましょう。

個人情報は消去する

ガラケーに残された個人情報を保護するためには、処分前にデバイス内のデータを完全に消去することが必須です。多くのガラケーには、設定メニュー内に工場出荷時の状態にリセットするオプションがあり、利用することで端末内のデータを一掃できます。

ただし、機種によって操作方法が異なるため、事前に取扱説明書を確認するか、インターネットで検索して正しい手順を把握しておくことが重要です。

個人情報の漏洩は大きなトラブルにつながる可能性があるため、個人情報を消去する際には特に注意を払いましょう。

SIMカードや充電池は取り外す

ガラケーからSIMカードや充電池を取り外すことも、処分プロセスの重要な一部です。SIMカードには電話番号やメッセージ履歴などの個人情報が含まれており、そのまま処分してしまうと情報が第三者の手に渡るリスクがあります。

また、充電池は不適切に処理すると環境汚染の原因となることがあるため、自治体の指定する方法で適切に処理する必要があります。SIMカードは新しいデバイスに移行するか、データを完全に消去した上で物理的に破壊してから処分しましょう。

充電池はリサイクルのための指定回収場所に持ち込むか、家電量販店などのリサイクルボックスに入れることが推奨されます。

ガラケー処分7つの方法

ガラケーを捨てる場合、以下の方法を駆使して処分をしていきましょう。

  • 自治体により不燃ゴミで処分できる
  • 自治体の回収ボックスに入れる
  • 携帯ショップに持ち込み処分する
  • 家電量販店の回収サービスで処分する
  • フリマアプリ・オークションサイトで売る
  • スマホ・PC買取専門ショップで売る
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれ詳しく解説します。

もしスマホの処分方法も併せて知りたい方はこちらに費用を含めて紹介しています。

自治体により不燃ゴミで処分できる

多くの自治体では、ガラケーを不燃ゴミとして処分可能ですが、地域ごとのルールがあります。不燃ゴミの日に合わせて、適切な方法でガラケーを処分することが大切です。

ただし、不燃ゴミで処分する前に、地域の廃棄物処理のガイドラインを確認し、ガラケーが不燃ゴミとして受け入れられるかどうかを確かめることが重要です。また、データの消去やSIMカードの取り外しといった個人情報保護の措置を忘れずに行う必要があります。

自治体の回収ボックスに入れる

小型家電リサイクル法に基づき、多くの自治体では公共の場所に小型家電の回収ボックスを設置しています。回収ボックスは、ガラケーを含む小型家電製品をリサイクルのために回収する目的で設けられており、利用者は無料でガラケーを投入できるのです。

回収ボックスを利用することで、ガラケーが適切にリサイクルされ、有用な資源の回収に貢献できます。回収ボックスの設置場所や利用可能な時間については、地域の自治体のウェブサイトで確認しましょう。

携帯ショップに持ち込み処分する

携帯電話のキャリアや販売店では、古いガラケーを回収するプログラムを実施している場合があります。プログラムを利用することで、ガラケーを無料で、または一定の条件下で下取りに出すことが可能です。

携帯ショップにガラケーを持ち込む際には、事前にデータを消去し、SIMカードやメモリーカードを取り外しておくことが大切です。また、持ち込みの際には、店舗の回収ポリシーや条件を確認しておくとスムーズでしょう。

家電量販店の回収サービスで処分する

家電量販店では、不要になったガラケーを回収するサービスを提供しています。家電量販店には通常、小型家電のリサイクルを目的とした専用の回収ボックスが設置されており、ガラケーをはじめとする小型家電製品を無料で回収が可能です。

サービスを利用することで、ガラケーが適切にリサイクルされることを保証しつつ、環境に優しい処分方法を選択することができます。

処分を希望する前に、データのバックアップと個人情報の消去を忘れずに行い、SIMカードやメモリーカードは取り外しておきましょう。

フリマアプリ・オークションサイトで売る

フリマアプリやオークションサイトを利用して、不要になったガラケーを売却することも1つの選択肢です。利用することで、全国の様々なユーザーに対してガラケーの販売が可能になります。

売却前には、デバイスのクリーニングとデータの完全な消去を行い、商品の状態や付属品の有無を正確に記載することが重要です。適切な価格設定と詳細な商品説明を提供することで、スムーズな取引を促進し、ガラケーを有効活用する機会を提供できます。

スマホ・PC買取専門ショップで売る

スマホやPCなどのデジタルデバイスを専門に扱う買取ショップでは、ガラケーの買取も行っています。専門店を利用することで、専門的な評価を受け、適正な価格でガラケーを売却することが可能です。

買取を依頼する際には、ガラケーのモデルや状態、付属品の有無が評価の重要なポイントとなります。事前にデバイスをクリーニングし、データを完全に消去した上で、可能な限り全ての付属品を揃えて買取に出すことで、より高い評価を得ることが期待できます。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用することで、ガラケーをはじめとする様々な不用品を一括で処分できます。特に大量の不用品を処分したい場合や、自身で処分場所まで運ぶことが難しい場合に便利です。

不用品回収業者を選択する際には、信頼できる業者を選び、事前に見積もりを取得することが重要です。また、個人情報の保護のため、ガラケーのデータ消去は自身で行うか、業者が提供するデータ消去サービスを利用することをおすすめします。

まずは不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

ガラケーの処分費用相場

ガラケーを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

ガラケーの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
自治体の不燃ゴミ無料~500円
自治体の回収ボックス無料
携帯ショップ無料~3,000円
家電量販店の回収サービス無料~3,000円
フリマアプリ・オークションサイト500円~3,000円
スマホ・PC買取専門ショップ500円~3,000円
不用品回収業者5,000円~2万円

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

ガラケーの付属品の捨て方

ガラケーの付属品も正しい方法で処分しなくてはいけません。ここでは、付属品の処分方法をまとめます。

充電器

ガラケーの充電器は単純なプラスチック製品とは異なり、電子機器の一部として扱われるため、適切な処分方法が必要です。多くの自治体では、小型家電リサイクルの対象として充電器を回収しており、専用の回収ボックスを設置しています。

また、家電量販店や一部のリサイクルセンターでも回収を受け付けている場合があります。充電器を捨てる際には、リサイクルプログラムを利用することで、環境に優しい処分が可能です。

電池パック

ガラケーの電池パックは、特に注意深く処分する必要があるアイテムです。リチウムイオン電池など、電池パックに含まれる材料は、不適切に処理すると環境汚染や火災の原因となる可能性があります。

環境汚染や火災の原因となるため、電池パックは以下の方法を駆使して安全に処分しましょう。

  • 自治体の有害廃棄物回収プログラム
  • 家電量販店の回収
  • 専門のリサイクルセンターでの回収

回収場所では、電池パックを専門的に処理し、有害物質が環境に悪影響を及ぼさないように管理しているのですね。

ガラケーのキャリアごとのデータ消去について

ガラケーを処分する場合、個人情報を保護するためにデータを消去する必要があります。ただし、データ消去の方法はキャリアごとに異なるため注意が必要です。

ここでは、ガラケーのキャリアごとのデータ消去についてまとめます。

ドコモ

ドコモのガラケーを安全に処分するためには、まず内部に保存されている個人情報やデータを完全に消去する必要があります。ドコモのガラケーには、メニューからアクセスできる「全データ消去」機能が備わっており、端末内の情報を工場出荷時の状態に戻すことが可能です。

操作方法は機種によって異なるため、具体的な手順については取扱説明書を参照するか、ドコモの公式ウェブサイトで確認することが推奨されます。データ消去後はSIMカードを取り外し、端末をリサイクルまたは適切な方法で処分してください。

au

auのガラケーから個人データを消去するプロセスは、他のキャリアと同様に重要です。au端末の多くには、設定メニュー内に「初期化」または「リセット」オプションがあり、選択することで端末内のデータを安全に消去できます。

初期化を行う前に、大切なデータのバックアップを取っておくことを忘れないでください。また、初期化の際には端末の電源を入れた状態で行う必要があり、プロセス中に電源を切らないよう注意が必要です。

操作手順については、auの公式ウェブサイトや取扱説明書で詳細を確認してください。

ソフトバンク

ソフトバンクのガラケーを処分する前には、端末内の個人情報を完全に消去することが不可欠です。ソフトバンクの端末にも、データを安全に消去するための「全データ消去」機能が搭載されていることが一般的です。

機能を利用することで、連絡先、メッセージ、写真などの個人データを含むすべての情報を削除できます。データ消去の手順は端末によって異なるため、操作方法を確認するにはソフトバンクのサポートページを参照するか、端末に付属の取扱説明書を確認してください。

データ消去後は、SIMカードを取り外して端末を適切に処分しましょう。

ガラケーを処分するときの注意点

ガラケーを処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 自治体により分別の仕方が違う
  • 壊れたガラケーはデータ削除ができる場所で処分
  • 古い機種はデータ消去・初期化ができない可能性もある
  • 買取を依頼するときは付属品も揃える
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

自治体により分別の仕方が違う

ガラケーを処分する際には、お住まいの自治体が定める分別ルールに注意が必要です。各自治体によって、ガラケーの処分方法や分別のルールは大きく異なります。

一部の地域では特定の日のみ回収を行っている場合もあれば、専用の回収ボックスに入れるよう指定している場合も多いです。また、リサイクルセンターや家電量販店での回収サービスも利用できます。

ガラケーを処分する前には、必ず地域の廃棄物処理ルールを確認し、適切な方法で処分することが重要です。

壊れたガラケーはデータ削除ができる場所で処分

壊れたガラケーを処分する場合、データの安全性に特に注意を払う必要があります。端末が故障している場合でも、内部にはまだ個人情報が残っている可能性が高いです。

安全を考慮して、データを安全に消去できる環境やサービスを利用して処分しましょう。専門のリサイクル業者や家電量販店では、データ消去サービスを提供している場合があります。

キャリアショップによっては、データ消去の手続きをサポートしてくれるサービスを提供している場合もあるため、事前に確認すると良いですよ。

古い機種はデータ消去・初期化ができない可能性もある

古いガラケーのモデルによっては、最新のデータ消去や初期化の機能がサポートされていない場合があります。古いソフトウェアやハードウェアの制限によるもので、標準的な方法でのデータ消去が困難な場合も多いです。

そのため、個人情報の保護を確実に行うために、専門のデータ消去サービスを利用することを検討しましょう。また、データ消去が不可能な場合は、物理的な破壊を含む他の方法での初期化が推奨されます。

正しくデータ消去することで、個人情報が第三者に漏洩するリスクを最小限に抑えられるでしょう。

買取を依頼するときは付属品も揃える

ガラケーを買取に出す際には本体だけでなく、元々付属していた充電器やヘッドセット、取扱説明書などの付属品も一緒に揃えることが重要です。付属品が完備されていることは、買取価格に大きく影響を与える要因の1つであり、完全なセットであることが望ましいとされています。

また、オリジナルのパッケージがある場合は一緒に提供することで、買取価格が向上する可能性が高いです。買取業者によっては、付属品の有無によって買取を断る場合もあるため、事前に確認して可能な限り全ての付属品を揃えて買取に出しましょう。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

不用品回収業者にガラケーの処分を依頼する場合、事前に複数の業者から見積もりを取得することが重要です。サービスの内容や処分費用、追加料金の有無などを比較検討すれば、最も適切な業者を選択できます。

見積もりを取る際には、ガラケーの状態や数量、回収場所のアクセスのしやすさなどの情報を正確に伝えることが重要です。見積もりの際には、データ消去や個人情報保護の対策が含まれているかどうかも確認し、安全に処分できる業者を選びましょう。

不用品回収業者ならデータ消去も含めてやってもらえる

ガラケーを処分する前には、地域の規則を確認し、データのバックアップと個人情報の消去を行うことが重要です。個人情報を的確に処理することで、プライバシーを守りつつ環境に優しい処分が可能になります。

ガラケーを処分するならば、不用品回収業者の利用も検討してみてください。不用品回収業者では、デジタルデバイスのデータ消去サービスを提供していることが多いです。

もしガラケー以外にも不用品があれば、まとめて処分できるため効率的です。本記事を参考にして、最適な方法にてガラケーの処分を進めてみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK