時計の処分方法ガイド!何ゴミ?分別の仕方や処分費用と注意点まで徹底解説

「古くなった時計はどう処分すればいい?」「時計の買取や販売のコツは?」などと悩んでいませんか?

時計の処分方法は自治体のルールや時計の種類によって異なります。また、価値のある時計は買取やオンライン販売で新たな価値を見出すことができます。

本記事では、時計の処分方法や買取・販売のコツ、処分時の注意点まで幅広く解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

時計処分前に押さえておくべきポイント

時計を処分する際、まずは以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 地域ごとに捨て方が決められている
  • 電池の交換・メンテナンスで直る場合もある

それぞれ詳しく解説します。

地域ごとに捨て方が決められている

時計を捨てる際、最も重要なのはお住まいの地域のルールに従うことです。自治体によっては時計を「不燃ゴミ」として扱うところもあれば、「可燃ゴミ」として扱うところもあります。

また、特定の日にしか回収していない、または特別な回収ボックスに投入する必要がある場合もあります。時計を処分する前には、地域のゴミ分別ルールや回収スケジュールを確認し、適切な方法で処分することが大切です。

電池の交換・メンテナンスで直る場合もある

時計が動かなくなったからといって、すぐに処分を考えるのは少し待ちましょう。時計が停止してしまう原因として、電池が切れている、または内部のメカニズムが少し狂っているだけの場合があります。

高価な時計や思い入れのある時計の場合、専門の修理店でメンテナンスや電池交換を行うことで、再び使えるようになることも少なくありません。修理やメンテナンスによって時計が復活するかもしれないため、処分を決める前に一度専門家に相談してみる価値があります。

時計の処分方法9選

時計の処分方法をまとめると以下のとおりです。

  • ​​自治体の不燃ゴミ・可燃ゴミで捨てる
  • 30cm以上の大型時計は粗大ゴミで捨てる
  • 小型家電リサイクルボックスに入れる
  • 家電量販店の小型家電リサイクル回収サービスを利用する
  • 時計専門の買取業者に買取を依頼する
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 知人やジモティで譲る
  • 不用品回収業者に依頼する

それぞれ詳しく解説します。

自治体の不燃ゴミ・可燃ゴミで捨てる

時計を捨てる際、最初に考えるべきオプションは地元の自治体が定めるゴミ分別ルールに従うことです。小型の時計は家庭ゴミとして処分できますが、自治体によって可燃ゴミや不燃ゴミとして扱われます。

自治体によって異なるため、時計を捨てる前にはお住まいの地域のゴミ分別ルールを確認し、指定された日に適切なゴミ袋に入れて出すことが重要です。手軽でコストもかからないため、多くの人にとって最もアクセスしやすい処分方法の1つです。

30cm以上の大型時計は粗大ゴミで捨てる

大型の時計、特に一辺が30cmを超えるような壁掛け時計や床置きの振り子時計などは、通常の家庭ゴミとして処分できません。30cm以上の大型時計は粗大ゴミとして扱われ、処分するためには自治体への申請や専用の処理券の購入が必要になることが多いです。

粗大ゴミの処分プロセスは地域によって異なりますよ。

事前にお住まいの自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせて処分方法や必要な手数料、回収スケジュールなどを把握しておくことが大切です。

小型家電リサイクルボックスに入れる

小型の時計は、小型家電リサイクル法に基づいて設置された回収ボックスに入れてリサイクルできます。回収ボックスは以下の公共の場所に設置されていることが多いです

  • 市役所
  • 図書館
  • 家電量販店

また、一部の小売店に設置されていることもあり、時計のような小型家電製品を無料でリサイクルに出せます。回収ボックスを利用することで時計が廃棄物として処理されるのではなく、有用な部品が回収され再利用されるため、環境に優しい選択肢です。

家電量販店の小型家電リサイクル回収サービスを利用する

多くの家電量販店では小型家電のリサイクルプログラムを実施しており、不要になった時計を店頭で回収してくれます。回収サービスは小型家電リサイクル法に基づいており、時計をはじめとする小型家電製品を無料、または小さな手数料でリサイクルに出すことが可能です。

店舗によっては、リサイクルに出した際の割引クーポンを提供している場合もあります。新しい家電を購入予定のある方にとっては、特に便利なオプションです。

時計専門の買取業者に買取を依頼する

高級ブランドや特殊な機能を持つ時計は、価値を正確に理解している時計専門の買取業者に買取を依頼することが最適です。専門の買取業者は時計のブランドや状態、市場での需要を踏まえた上で適正な価格を提示してくれます。

また、故障している時計や動かない時計でも、部品の価値や修復可能性を考慮して買取してくれる場合があります。オンライン査定や出張査定など、柔軟なサービスを提供しているため、手間をかけずに買取を依頼できるのも大きな利点です。

リサイクルショップに買取してもらう

身近なリサイクルショップは、手軽に利用できる時計の処分方法のひとつです。店頭に持ち込むだけで簡単に査定を受けられ、即座に現金化が可能です。

ただし、専門業者に比べると一般的な市場価値に基づいた買取価格が提示されるため、少し低めに感じる場合もあります。

できるだけ高い価格で買い取ってほしい場合は、事前にいくつかのショップで査定を受け、比較検討することが重要ですよ。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトを利用すると、自分で設定した価格で直接買い手を見つけることができます。しかし、時計の詳細な写真や説明文を用意し、商品の魅力を最大限に伝えることが求められるでしょう。

特にレアなモデルや人気のブランド時計は、同じ趣味を持つコレクターから高い評価を受け、思わぬ高値での取引が実現することもあります。ただし、取引の成立までには時間がかかることや配送の手配など、少し手間がかかる点には注意が必要です。

知人やジモティで譲る

不要になった時計を身近な知人や、地域のコミュニティサイト「ジモティ」で譲る方法もあります。知人やジモティで譲る魅力は、時計を大切に使ってくれる人に直接渡せる点です。

無償で譲渡することで、時計が新たな持ち主のもとで再び活躍する機会を得られることから、持続可能な消費に貢献ができます。

不用品回収業者に依頼する

大量の時計や大型の時計を含む不用品を一括で処分したい場合は、不用品回収業者の利用が効果的です。業者は時計の種類や状態を問わず、迅速に回収してくれるため、処分にかかる手間や時間を大幅に削減できます。

ただし、サービスには費用がかかるため、事前に複数の業者から見積もりを取りサービス内容と費用を比較検討することが大切です。

種類別の時計の捨て方

時計の処分方法は種類によって異なります。以下に代表的な時計をまとめました。

  • 懐中時計
  • 腕時計
  • 置時計
  • 壁掛け時計
  • スマートウォッチ
  • 振り子時計

それぞれの捨て方を理解して、正しい手順で処分をしていきましょう。

懐中時計

懐中時計は独特な美しさと歴史的価値から、単なる時間を知る道具以上の意味を持つことが多いです。処分する前に、修理やメンテナンスで再び使える状態に戻せるか検討しましょう。

また、アンティークとしての価値がある場合は、専門の買取業者に相談するのも良い選択です。捨てる場合は、自治体の指定する方法で適切に処分し、環境への影響を最小限に抑えましょう。

腕時計

腕時計は日常的に使用されるアイテムであり、多くの人にとって身近な存在です。ブランド物や高価な腕時計は買取業者による買取が可能ですし、動作しないものでも部品取りとして価値がある場合があります。

電池式の腕時計の場合、電池を取り外してから処分することが重要です。

リサイクルショップやフリマアプリを利用して別の方に届けることも検討してみてくださいね。

置時計

置時計はサイズや形状によって、処分方法が異なることがあります。小型のものであれば自治体の回収ルールに従って処分できますが、大型の置時計や重量があるものは粗大ゴミとして扱われることが多いです。

価値のある置時計は、オークションサイトやリサイクルショップで新しい所有者を見つけられる可能性があります。処分する際は環境に優しい方法を選び、適切にリサイクルしましょう。

壁掛け時計

壁掛け時計は、大きさや装飾的な価値によって、家の中で目立つ存在になることがあります。特にアンティークの壁掛け時計やデザイナーズアイテムは、買取市場やオークションで高い価値を持つこともあるでしょう。

処分を考える前に、地元のアンティークショップやオンラインの買取サービスで価値を査定してもらうことをお勧めします。もし自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する場合は、事前にサイズや重量を確認し、適切な手続きを行ってください。

スマートウォッチ

スマートウォッチは多機能化しているため、単に時間を確認するだけでなく、健康管理やスマートフォンとの連携など様々な用途で使用されています。処分を考える際には、まずデバイス内の個人情報を完全に削除することが最も重要です。

個人情報を削除した上で、まだ使用可能なスマートウォッチはフリマアプリやオンラインの販売サイトで新しい使用者を見つけられます。故障している場合でも、メーカーのリサイクルプログラムや電子機器のリサイクル施設に持ち込むことで、適切に処理が可能です。

振り子時計

振り子時計は、精巧な機構とクラシカルなデザインで、時計愛好家の間で高く評価されています。特に歴史的な価値があるものや希少性の高い振り子時計は、専門の買取業者やオークションで高価買取の対象となることも多いです。

処分を検討する前に、専門家による査定を受けることをお勧めします。もし処分する場合は、サイズや重量によっては粗大ゴミとして扱われるため、自治体のルールに従って適切に処理してください。

また、部品や装飾が芸術的価値を持つ場合は、再利用できるかどうかも検討してみましょう。

時計の処分費用相場

時計を処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

時計の処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
自治体の不燃ゴミ・可燃ゴミ無料
30cm以上の大型時計 (粗大ゴミ)500円~
小型家電リサイクルボックス無料
家電量販店の小型家電リサイクル回収サービス550円~
時計専門の買取業者数千円~
リサイクルショップ数百円~
フリマアプリ・オークションサイト数百円~
知人やジモティで譲る無料
不用品回収業者3,000円~

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

時計の買取・販売のコツ

時計の買取・販売を行う場合、以下のポイントを押さえておきましょう。

  • 動かない時計でも買取可能な場合がある
  • 査定・販売前に時計をクリーニングする
  • 人気のブランドであること

それぞれ詳しく解説します。

動かない時計でも買取可能な場合がある

動かなくなった時計でも、ブランドやデザイン、希少性によっては買取が可能な場合が多いです。高級ブランドの時計や限定モデル、アンティーク時計は修理や部品交換によって価値を取り戻すことができ、買取業者は高い関心を持っています。

買取を希望する場合は、まずは複数の買取業者に相談し、無料査定を利用して最も高い価格を提示してくれる業者を選ぶことが重要です。

査定・販売前に時計をクリーニングする

時計を買取や販売に出す前に、見た目をできるだけ良い状態にすることが重要です。表面の汚れや指紋を丁寧に拭き取り、可能であれば専門のクリーニングサービスを利用して時計を磨くことで、査定額を上げることが期待できます。

たとえば、文字盤やケース、ベルトといった目立つ部分の清潔さは買取価格に大きく影響します。

オリジナルの箱や保証書などの付属品がある場合は、一緒に提出することでさらに価値を高めることができるでしょう。

人気のブランドであること

時計の買取や販売において、ブランドの人気度は価格に直結します。たとえば、ロレックスやオメガ、タグ・ホイヤーなどの世界的に有名なブランドの時計は、常に高い需要があります。

人気ブランドの時計を持っている場合、市場での価値を把握して適切なタイミングで販売や買取に出すことで、良い価格で取引が可能です。ブランドの知名度やモデルの人気度を調査し、買取業者や販売プラットフォームを選ぶ際の参考にしましょう。

時計を処分するときの注意点

時計を処分する場合、以下の点に注意しましょう。

  • 自治体により分別の仕方が違う
  • 内蔵電池は取り外して処分
  • スマートウォッチは個人情報を削除
  • 文字盤とベルトの分別
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

自治体により分別の仕方が違う

時計を処分する際には、お住まいの地域の自治体が定める分別ルールに注意が必要です。自治体によっては時計を「不燃ゴミ」として扱う場合もあれば、「可燃ゴミ」として扱う場合もあり、また特定の回収日を設けている場合もあります。

誤った分別で処分しようとすると回収を拒否される場合も多いです。そのため、事前に自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせて正しい処分方法を把握しましょう。

内蔵電池は取り外して処分

電池式の時計を処分する際には、内蔵されている電池を取り外してから処分することが重要です。電池は有害物質を含むことがあり、不適切な処分方法は環境汚染の原因となる場合があります。

多くの自治体では電池の回収ボックスを設置しており、電池は投入することで適切にリサイクルされます。時計から電池を取り外す際には、時計を傷つけないように注意しながら慎重に作業を行ってください。

スマートウォッチは個人情報を削除

スマートウォッチを処分する前には、デバイス内に保存されている個人情報を完全に削除する必要があります。スマートウォッチには健康データや連絡先、メール、アプリの使用履歴などプライバシーに関わる情報が多く含まれています。

情報が第三者の手に渡らないようにするためにも、工場出荷時の設定にリセットするなどして個人情報を確実に消去してください。

文字盤とベルトの分別

時計を処分する際には、文字盤とベルトを分別することも考慮する必要があります。特に金属製のベルトや高価な素材を使用している場合、リサイクルの価値があることが多いです。

可能であれば時計を構成する部品ごとに分解し、金属部分は金属リサイクル、革製のベルトなどはその他の適切な処分方法を選択してくださいね。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

大量の時計やその他の不用品を一括で処分したい場合には、不用品回収業者の利用が便利です。しかし、サービスを利用する前には、複数の業者から見積もりを取ることが重要です。

見積もりを比較することで、サービスの内容や費用を把握し、最もコストパフォーマンスの高い業者を選択できます。また、見積もりの際には回収してもらう品目の詳細や量を正確に伝え、追加料金が発生しないように注意してください。

時計の処分に関するよくある質問

最後に、時計の処分に関するよくある質問について回答します。

  • 腕時計の電池が取り出せない場合の捨て方は?
  • 風水的には使わない時計は処分するのが良い?

腕時計の電池が取り出せない場合の捨て方は?

腕時計の電池が取り出せない場合、時計をそのまま捨てるのは避けるべきです。電池は有害物質を含む可能性があり、環境に悪影響を及ぼす恐れがあります。

腕時計の電池が取り出せない場合は、まず専門の時計修理店や販売店に相談してみることをお勧めします。彼らは適切なツールと知識を持っており、安全に電池を取り出すことができるでしょう。

もし時計自体を処分したい場合は、電池を取り出した後、時計を地域のリサイクルプログラムや指定された回収ポイントに持ち込むことが望ましいです。

風水的には使わない時計は処分するのが良い?

風水の観点から動かない時計や使用していない時計は、停滞したエネルギーを象徴し、住まいの中での流れを阻害すると考えられています。風水を重視する場合、不要な時計は処分しましょう。

ただし、時計が家族から受け継いだ価値ある遺品である場合、時計を保管することで前向きなエネルギーを保つことができるとも言われています。重要なのは、時計があなたやあなたの家にとってプラスの影響をもたらしているかどうかを考えることです。

不要な時計を処分することで、新たなエネルギーの流れを取り入れ、生活空間の質を向上させることができるでしょう。

時計の処分は不用品回収業者に任せる

時計の処分方法は自治体のルールや時計の種類によって異なります。また、価値のある時計は買取やオンライン販売で新たな価値を見出すことができます。

時計の処分を不用品回収業者に任せることは、特に大量にある場合や大型で重い時計を処分したい場合に非常に便利です。不用品回収業者は家庭から出る様々な不用品を一括で回収し、適切に処理してくれるサービスを提供しています。

自分で処分方法を調べ、運び出し、適切な処理場所を見つける必要がなくなります。ぜひ本記事を参考にして、不用品回収業者の依頼をご検討ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK