キャリーケースの捨て方7選!何ゴミか?回収や寄付・高価買取など賢く処分しよう

「キャリーケースの処分方法を知りたい」「処分にかかる費用や手順が気になる」などと悩んでいませんか?

キャリーケースの処分には、自治体の粗大ゴミ処理やリサイクルショップでの売却、不用品回収業者への依頼など、さまざまな方法があります。それぞれメリット・デメリットがあるため、最適な方法にて処分することが大切です。

本記事では、キャリーケースを効率的かつ環境に優しい方法で処分するための方法や、費用を節約するためのアドバイスを提供します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・正しい捨て方
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

キャリーケース処分の基本

キャリーケースを処分する際には、サイズや材質に応じた適切な方法を選ぶことが重要です。キャリーケースは粗大ゴミとして分類されますが、布製のものであれば分解して可燃ゴミや不燃ゴミとして捨てることも可能です。

しかし、処分方法は住んでいる地域の自治体によって異なるため、事前に確認することが必要です。自治体によっては、特定の日に粗大ゴミを回収するサービスを提供している場合もあり、一部地域ではリサイクルセンターへの持ち込みが求められることもあります。

キャリーケースは一般的に粗大ゴミに該当

キャリーケースは大きさと構造から、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。粗大ゴミとして処分する場合、自治体によっては事前の申し込みが必要で、処分する日にちや必要な手数料が定められていることが多いです。

手続き方法については、自治体のウェブサイトや市役所で確認しましょう。

粗大ゴミとして処分する際には、適切な処理券を購入し、キャリーケースに貼り付ける必要があることも多いです。

布製なら分解して可燃ゴミ・不燃ゴミでも捨てれる

布製のキャリーケースの場合、分解して可燃ゴミや不燃ゴミとして処分できます。布製の部分を切り離し、金属やプラスチックの部品を分別して処分する方法です。

分解して処分する方法を取る場合、キャリーケースを構成する各素材を自治体のゴミ分別ルールに従って適切に分ける必要があります。ただし、分解作業には適切な工具と安全対策が必要であり、分解が困難な場合は他の処分方法を検討することが望ましいです。

自治体により処分方法が異なる

キャリーケースの処分方法は、住んでいる地域の自治体によって大きく異なります。一部の自治体では粗大ゴミとしての処分が一般的ですが、他の自治体ではリサイクルセンターへの持ち込みが求められることもあります。

また、処分に関する手数料や回収日、必要な手続きも自治体ごとに異なるため、処分を検討する前には必ず自分が住む地域の自治体のルールを確認することが重要です。

週に1回決まった曜日に回収している所もあれば、月に1回しか回収がない自治体もあります。時間に余裕を持って申し込みをしましょう。



自治体のウェブサイトや市役所で情報を得ることができ、適切な処分方法を選択するためのガイドラインを提供しています。

キャリーケースを処分する8つの方法

キャリーケースを処分する方法はさまざまです。以下に主な処分方法をまとめます。

  • 分解して可燃ゴミ・不燃ゴミとして出す
  • 粗大ごみとして捨てる
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • NPO団体に寄付をする
  • Trabelerstore(トラベラーストア)で引き取りしてもらう
  • リサイクルショップに買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • 知人やジモティーで譲る

それぞれ詳しく解説します。

分解して可燃ゴミ・不燃ゴミとして出す

キャリーケースを分解し、可燃ゴミや不燃ゴミとして処分する方法があります。布製のキャリーケースに限りますが、適切なゴミとして分別し、自治体のゴミ処理ルールに従って処分が可能です。

小さく分解することで通常のゴミ収集日に処分できますが、分解には時間と労力が必要です。また、キャリーケースの種類によっては分解が困難な場合もあり、難しい場合は他の処分方法を検討しましょう。

粗大ごみとして捨てる

キャリーケースは粗大ゴミとして分類されることが多いです。粗大ゴミとして処分する場合、自治体によっては事前の申し込みや特定の処理券の購入が必要になることがあります。

粗大ゴミとしての処分は、大量の不用品を一度に処分するのに適しており、特に大規模なリフォームや引っ越しの際に有効です。キャリーケースを粗大ゴミとして出す際には、自治体の指定する日にちや場所に従って処分しましょう。

処分にかかる費用も事前に確認しておくと安心です。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者を利用することで、キャリーケースを手軽に処分できます。業者によっては、自宅まで来てキャリーケースを回収してくれるため、運搬の手間を省くことができます。

ただし、不用品回収業者への依頼は費用がかかるため業者選びには注意が必要です。業者を選ぶ際には料金体系やサービスの詳細を事前に確認し、信頼できる業者を選びましょう。

選ぶ業者によって料金に幅があるのも事実です。

優良不用品回収業者の選び方についてはこちらの記事で詳しく解説していますので、ご参考してみてください。

NPO団体に寄付をする

使用可能な状態のキャリーケースは、NPO団体などに寄付できます。寄付されたキャリーケースは、必要としている人々や施設に再利用されるため、環境に優しい処分方法と言えます。

ただし、寄付を受け入れている団体を見つける必要があります。寄付をする際には、団体の要件や条件を確認し、適切な手続きを行うことが大切です。

寄付するキャリーケースの状態が良好であることが望ましいため、寄付前に修理を行うことも検討すると良いでしょう。

Trabelerstore(トラベラーストア)で引き取りしてもらう

Trabelerstore(トラベラーストア)などの一部の店舗では、キャリーケースの引き取りサービスを提供しています。新しいキャリーケースや関連商品を購入する際に、古いキャリーケースを引き取ってもらうことができるため、買い替えを検討している場合に便利です。

サービスを利用する際には、店舗の条件や引き取りに関するルールを確認し、事前に連絡を取りましょう。引き取りサービスを提供している店舗は限られているため、事前に近隣の店舗を調査しておくと良いでしょう。

リサイクルショップに買取してもらう

状態が良いキャリーケースは、リサイクルショップで買取してもらうことが可能です。不要なキャリーケースを現金化できるため、特に費用をかけずに処分したい場合に適しています。

ただし、買取価格はキャリーケースの状態や需要によって変動します。リサイクルショップに買取を依頼する際には、サイズ・素材・状態などを詳細に伝え、査定を受けることが必要です。

複数のリサイクルショップに査定を依頼し、最適な買取価格を見つけることも有効なアプローチですよ。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトを利用して、キャリーケースを販売できます。キャリーケースを直接ユーザーに販売するため、リサイクルショップよりも高い価格で売れる可能性があります。

ただし、販売の手間や配送の手配が必要です。フリマアプリやオークションサイトでキャリーケースを販売する際には、写真や詳細な説明を掲載し、コミュニケーションを適切に行うことが重要になります。

また、配送方法や送料の設定にも注意が必要であり、サイズや重量に応じた適切な配送オプションを選択することが望ましいです。

知人やジモティーで譲る

知人に譲るか、ジモティーなどの地域密着型のオンラインプラットフォームを利用して、キャリーケースを無料または低価格で譲ることも可能です。キャリーケースを必要としている人に直接届けることで、手軽に処分できます。

譲る際にはキャリーケースの状態やサイズを正確に伝え、受け取り手との事前のコミュニケーションを適切に行うことが重要です。また、運搬や引き渡しの方法を事前に決定し、スムーズな取引を行うための準備を整えましょう。

キャリーケースの処分・廃棄にかかる費用

キャリーケースを捨てる際には、処分方法によって異なる費用が発生します。例として、キャリーケースの処分費用をまとめると以下のとおりです。

処分方法費用
分解して可燃ゴミ・不燃ゴミとして出す無料
粗大ごみとして捨てる400円~3,000円程度
不用品回収業者に引き取りしてもらう数千円~数万円程度
NPO団体に寄付をする無料
Travellerstore(トラベラーストア)で引き取りしてもらう3,000円~5,000円程度
リサイクルショップに買取してもらう数百円~数十万円程度の買取金額
フリマアプリ・オークションサイトで販売する売却価格によって異なる
知人やジモティーで譲る無料

また、不用品回収業者に依頼する場合、サービスの内容に応じて費用が変わるため、複数の業者から見積もりを取ることが推奨されます。キャリーケースを無料で処分する方法もありますが、時間と労力が必要となるため注意しましょう。

キャリーケースの買取相場

キャリーケースの買取相場はブランドや状態、需要によって大きく異なります。高品質なブランドや人気のデザインのキャリーケースは、リサイクルショップやオンライン市場で高価買取されることがあります。

たとえば、新品未使用のルイ・ヴィトンのキャリーケースは、50万円〜60万円程度の査定額が期待できるでしょう。一方で、使用感が強く傷や汚れが目立つノーブランドのキャリーケースは、1,000円〜2,000円程度の査定額が期待できます。

買取相場を知るなら、リサイクルショップやオンラインの買取サービスに相談するのが良いでしょう。

キャリーケースは寿命が来ていると買取してもらえない可能性が高くなってきます。まずはキャリーケースのコンディションをチェックするようにしましょう。

キャリーケースの寿命のサインはこちらの記事で詳しく紹介しています。

キャリーケースを処分するときの注意点

キャリーケースを処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 汚れがひどい場合は洗浄する
  • 内部の荷物を処分する
  • 環境に配慮して処分する

それぞれ詳しく解説します。

汚れがひどい場合は洗浄する

キャリーケースが汚れている場合、処分前に適切に洗浄しましょう。特にリサイクルショップやフリマアプリで販売する場合、清潔な状態のキャリーケースはより高い価値を持ちます。

洗浄する際には、キャリーケースの素材に適した洗剤や方法を選び、損傷を避けるために注意深く行うことが大切です。適切な洗浄はキャリーケースの見た目を改善し、買取価格を高めることにも繋がります。

内部の荷物を処分する

キャリーケースを処分する前に、内部に残された荷物や個人的なアイテムを確認し、必要に応じて処分しましょう。プライバシーの保護とともに、キャリーケースの重量を減らし、処分プロセスを容易にするためにも必要です。

特にパスポートなどが入っていた場合、個人情報流出にもつながるのでしっかり中身は確認しましょう。

内部のアイテムを取り除くことでキャリーケースがより軽くなり、運搬や処分が容易になります。

環境に配慮して処分する

キャリーケースの処分を行う際には、環境への影響を最小限に抑えるのが得策です。例えば、リサイクルショップへの販売や、寄付を通じてキャリーケースを再利用することは、廃棄物の削減に貢献します。

主にリサイクル可能な素材を適切に分別する方法や、環境に優しい処分方法を選択しましょう。不用品回収業者を選ぶ際には、環境に配慮した処理方法を採用している業者を選ぶことも重要です。

キャリーケースの処分に関するよくある質問

最後に、キャリーケースの処分に関するよくある質問に回答します。

  • キャリーケースとスーツケースで処分方法は異なる?
  • キャリーケースの種類によっては無料で処分できる?

キャリーケースとスーツケースで処分方法は異なる?

キャリーケースとスーツケースの処分方法には、大きな違いはありません。処分方法も似ていますが、サイズや素材によって処分方法が異なるため注意しましょう。

例えば、大きなスーツケースは粗大ゴミとして処分する必要があるものの、小さなキャリーケースは通常のゴミとして処分できます。また、素材によってはリサイクルが可能な場合もあるため、考慮しながら処分方法を選択することが重要です。

キャリーケースの種類によっては無料で処分できる?

キャリーケースの種類によっては、無料で処分できる可能性があります。例えば、布製や軽量のキャリーケースは分解して通常のゴミとして処分できる場合があります。

また、状態が良好なキャリーケースはリサイクルショップやフリマアプリでの販売が可能です。処分に費用がかからないばかりか、売却によって収入も得られます。

サイズ・素材・状態によっては処分に費用がかかることもあるため、事前に複数の処分オプションを検討しましょう。

キャリーケースは不用品回収業者に依頼するのが楽

キャリーケースの処分を考えたとき、不用品回収業者に依頼する方法は手間と時間を大幅に節約できます。特に大きなキャリーケースや複数を処分したい場合、自分で運び出すのは大変な労力が必要です。

不用品回収業者に依頼すれば、自宅まで来てもらい、キャリーケースを直接引き取ってもらえます。重いキャリーケースを運ぶ手間や、自治体の粗大ゴミ処理の手続きを行う必要がなくなるため便利です。

キャリーケースと一緒に別の不用品を処分したい場合は、ぜひ本記事を参考にして最適な業者への依頼を進めてみてください。

この記事の監修者

田中 恵莉さん

  • 整理収納アドバイザー1級・2級
  • 整理収納アドバイザー2級認定講師
  • 親・子の片付けインストラクター2級
  • 企業内整理収納マネージャー

整理収納アドバイザーなどの資格を多数取得しており、整理収納サポート回数は300回を超える実績を誇る。他にもセミナー講師、テレビ出演、雑誌などにも掲載されている。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK