残置物撤去の優良業者を選ぶ方法!費用相場や高くなる例と安くするコツを紹介!

残置物撤去を依頼する際、「どの業者に頼めば良いのか、費用はどれくらいかかるのか」などの疑問を持っている方は少なくありません。

戸建てや賃貸、空き家など、さまざまな場所に残された不用品やゴミの処理は一人では難しい作業です。

しかし、優良な残置物撤去業者を選ぶことで、費用を抑えつつスムーズに処分することが可能になります。

この記事では、業者の選び方や費用の相場、費用を高くせずに済むコツを紹介します。

信頼できる業者を見つけ、安心して残置物撤去を行うための第一歩を踏み出しましょう。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

残置物とは

退去時に遭遇する問題として「残置物」の処理があります。

残置物とは、引っ越し後に元の住まいに残された物品のこと。これには家具、衣類、日用品などが含まれます。

所有者不明である場合、自分で処理しなければならない場合があります。残置物が残る理由は様々です。

  • 運び出し困難な荷物
  • 処分費用の不足
  • 転居先未定
  • 故意の放置

残置物が原因で大家さんや次の入居者との間でトラブルが起きたり、衛生上の問題を引き起こすことも。

自分で処理する場合、粗大ゴミ回収を依頼するかリサイクルショップに持ち込む方法が一般的ですが、残置物撤去業者に依頼すると費用がかかります。

信頼できる残置物撤去業者を選ぼう


残置物撤去業者を選ぶためには、特徴やサービス内容、費用の相場を知っておくことが含まれます。

費用が高くなるケースや、コストを抑えるコツも知っておくと安心です。しっかりと情報を集めて、適切な業者選びをしましょう。

残置物撤去の業者

引っ越しや退去などで、部屋に残ってしまった不用品を処分する必要がある場合、残置物撤去業者の利用がおすすめです。

残置物撤去業者には、いくつかの種類があります。

  • 不用品回収業者
  • 遺品整理業者
  • 特殊清掃業者

それぞれの業者の特徴を理解して自分に合った業者を選びましょう。

不用品回収業者

不用品回収業者は、家庭から出る不要な家具や家電、衣類などを回収し、適切に処理してくれる専門業者です。

引っ越しや大掃除、残置物撤去の際に役立つ回収サービスを提供しています。

不用品回収業者が提供する主なサービスには、以下のものがあります。

  • 無料の見積もり
  • 即日対応
  • 少量からの回収
  • 分別不要
  • 家電リサイクル法に基づく処理
  • ハウスクリーニング
  • 遺品整理

残置物撤去が可能な不用品回収業者選びの際には、適切な許可を持っているか確認してください。

これは、業者が法律を遵守しており、適切な資格を持っていることの証拠となります。

不用品回収業者を利用することで、手間をかけずに家の中をスッキリさせられるでしょう。

遺品整理業者

遺品整理は、故人が残した遺品の整理や処分を行う専門のサービスです。

遺品整理には、以下のような業務が含まれます。

  • 遺品の仕分け
  • 遺族が必要とする物の選別
  • 不要品の処分
  • 故人への供養
  • 整理後の清掃

遺品整理は、単なる残置物撤去ではなく、故人の思い出が詰まった品々を扱うため、丁寧に対応してくれる業者を選ぶ必要があります。

専門知識を持ったスタッフが、遺族の心情を理解しつつ、適切にサポートしてくれます。

遺品整理士など、専門の資格を持ったスタッフが在籍しているかを確認しましょう。遺品整理の豊富な経験を持つ業者を選ぶなら、様々な状況に柔軟に対応できます。

特殊清掃業者

特殊清掃業者は、孤独死や事件・事故現場など、特別な注意を要する場所の清掃を専門に行う業者です。

特殊清掃サービスには、以下のような業務が含まれます。

  • 血液や体液、汚物の清掃
  • 感染症対策
  • 臭い対策
  • 害虫駆除
  • 特殊な消臭技術
  • 原状回復

特殊清掃は、専門的な知識と技術を有するスタッフによって行われる必要があります。

特殊清掃業者を選ぶ際には、以下のポイントを確認することが重要。

残置物撤去も可能な特殊清掃業者を見つけるためには、産業廃棄物収集運搬業の許可証を持つ業者を選ぶことが大切です。

特殊清掃業者は、非常にデリケートな状況で作業を行うため、単なる残置物撤去業者では無く、専門的かつ安全なサービスを提供する業者を選びましょう。

残置物撤去の費用相場

残置物撤去の費用は、残置物の量や種類、作業場所、オプションサービスなど様々な要素によって変わります。

一般的に、1Kの場合は3万円~10万円、より大きな3LDKでは8万円~30万円が相場とされています。

費用を左右する主な要素には以下のものがあります。

  • 残置物の量
  • 残置物の種類
  • 作業場所
  • オプションサービス

自分でできる分別や梱包を行うことで、費用を節約できます。

また、異なる残置物撤去業者から見積もりを取って比較することで、最もコストパフォーマンスの良い業者を選べます。

使える家具や家電は、買取サービスに出して処分費用を抑えよう


残置物撤去の費用は様々な要因によって変わりますが、上手に業者を選び、自分でできる作業は自分で行うことで、コストを抑えられます。

悪徳業者には注意し、安心して任せられる業者と契約するよう心がけましょう。

残置物撤去が高くなる例

引っ越しや退去などで、部屋に残ってしまった不用品を処分する際には、残置物撤去業者を利用する方が多いでしょう。

しかし、残置物の種類や状況によっては、撤去費用が高くなる場合があります。

ここでは、残置物撤去が高くなる例を3つご紹介します。

不用品が散乱している

不用品が部屋中に散乱している場合、作業員は分別、梱包、搬出といった作業に多大な時間と労力を費やす必要があるため残置物撤去が高くなる可能性があります。

できる限り自分で分別を行えば費用を安くできる


時間がない場合は業者に分別を依頼することも一つの方法ですが、追加費用がかかることを覚えておきましょう。

ただし、全体の手間を考えるとこの選択肢も有効です。

使用可能な不用品は買取サービスを利用することで、撤去費用を相殺できることがあります。

不用品回収や買取業者を利用する場合は、悪徳業者に注意し、複数の業者から見積もりを取ることで、適正価格でのサービスを受けられるようにしましょう。

廃棄処分する物が多い

廃棄処分する物が多く、大型家具や家電などの重たい物品が含まれる場合、残置物撤去費用は大幅に増加します。搬出に多くの人手や時間を要し、運搬には専用の車両が必要となるためです。

産業廃棄物として処理する際には特別な費用がかかる

残置物撤去の費用を抑えるためには、以下の方法が有効です。

  • 使える家電や家具を不用品買取サービスを通じて買い取ってもらう
  • 粗大ゴミ処理券を購入し可能な限り自分で処分する
  • 複数の撤去業者から見積もりを取る

大型の物品や重たい残置物撤去は費用が高額になりやすいため、事前に可能な節約策を講じることが重要です。

また、不用品買取サービスの利用や自分での処分が困電な場合は、複数の残置物撤去業者から見積もりを取ることで、適正価格でのサービスを確保しましょう。

搬出が難しい場合

搬出が困難な状況、例えばエレベーターがない高層階や狭い通路がある場合、残置物撤去の費用は通常よりも高くなりがちです。

追加の作業員が必要になったり、作業にかかる時間が長くなったり、特別な機材(クレーンやリフトなど)の使用が必要になるためです。

可能な限り費用を抑えたい場合は、以下の方法を用いましょう。

  • 搬出経路の事前確認:作業当日のスムーズな進行の準備
  • 必要機材の事前準備:業者が機材を持参する場合の費用と、外部からレンタルする場合の費用を比較
  • 複数の業者から見積もりを取る:搬出が困難な状況に対応できる業者を選定

残置物の搬出が困難な場合、特に注意が必要なのは、作業にかかる追加費用を事前に理解し、できるだけその負担を軽減することです。

事前の準備と業者選びにより、費用を抑えつつ、効率的に作業を進めることが可能になります。

残置物撤去業者を選ぶコツ

ここでは、残置物撤去業者を選ぶコツを3つご紹介します。

  • 見積もりが明確で経験が豊富
  • 資格や許可を行政から得ている
  • 残置物の買取が可能

残置物撤去業者によってサービス内容や費用は大きく異なるため、ニーズに合った業者を選ぶことが重要です。

見積もりが明確で経験が豊富

複数の残置物撤去業者から見積もりを取り、費用を比較します。

明確な見積もりと詳細な内訳が提供される業者を選ぶことで、後から追加費用が発生するリスクを減らせます。

様々な状況を経験しているノウハウ豊富な業者を選ぼう

適切な業者を選ぶ際には、以下のポイントを確認しましょう。

  • 口コミや評判
  • 問合せへの返答速度
  • 追加サービスの有無

清掃や不用品の買取、リサイクル対応など、追加サービスの有無も選択基準の一つです。

一括で依頼できるサービスの範囲が広い業者を選ぶことで、手間や費用を節約できます。

これらのポイントを基に、自分のニーズに最も合った残置物撤去業者を選びましょう。

資格や許可を行政から得ている

残置物撤去業者を選ぶ際には、業者が適切な資格や行政からの許可を得ているかを確認することが極めて重要です。

産業廃棄物収集運搬業の許可証を確認しよう


この許可は、業者が法律に基づいた適切な処理を行う能力があることを示します。

許可証を持たない業者に依頼すると、不適切な廃棄物処理によって環境汚染を引き起こすリスクがあります。最悪の場合、違法行為に加担することにもなりかねません。

業者の資格や許可を確認する方法は以下の通りです。

  • 公式サイトで許可証や許可番号を確認する
  • 業者に直接許可証や資格について尋ねる
  • 地方自治体のウェブサイトから許可業者を探す

適切な許可を得ている業者は、廃棄物を適切に処理するための基準を満たしていると言えます。

法律を遵守して事業を行っている業者は、その他のサービス面でも信頼できる可能性が高いです。

残置物の買取が可能

残置物撤去を依頼する際に、まだ使用可能な家具や家電などの不用品を買い取ってくれるサービスを提供している業者を選ぶことは、撤去費用を大幅に削減する効果的な方法です。

買取サービスを提供している業者を選ぶことで、残置物撤去にかかるコストを抑えるだけでなく、場合によっては買取金額が撤去費用に充てられるため、実質的な費用負担を減らせます。

買取サービスを提供している業者を選ぶ際には、以下のポイントを確認すると良いでしょう。

  • 買取対象となる家具や家電の種類や条件
  • 買取査定の申し込み方法、査定期間、支払い条件
  • 買取価格の相場感
  • 買取価格の満足度や対応の速さ、サービスの口コミ

買取価格の算定基準が明確で、査定結果に納得がいく説明をしてくれる業者を選びましょう。

買取後の支払いが迅速かつ確実に行われる業者を選ぼう


残置物の買取を行っている撤去業者を選ぶことで、不用品の有効活用が可能となり、環境にも貢献できます。

また、撤去費用の削減にも繋がるため、買取サービスの提供有無は業者選びの重要なポイントの一つです。

残置物撤去の費用を安くするコツ

残置物撤去の費用は決して安くはありません。そこで、ここでは残置物撤去の費用を安くするコツを3つご紹介します。

  • 3社以上の見積もりを取る
  • 自力でできるものだけでも処分する
  • 不用品買取も利用する

業者への依頼の仕方を工夫するだけで費用を大幅に軽減できるでしょう。

3社以上の見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることは、残置物撤去の費用を最適化する上で非常に重要なステップです。

見積もりを比較してコスパの良い業者を選ぼう


見積もり依頼時のポイントを解説します。

  • 具体的な情報の提供:残置物の量、種類、搬出場所、作業希望日
  • 見積もり内容の詳細確認:作業の範囲、料金の内訳、追加費用が発生する可能性がある条件などが詳細に記載されているか
  • キャンセル料金の確認:万が一キャンセルすることになった場合の費用有無

単純な作業費だけでなく、オプション料金を含む総額で比較しましょう。

隠れた費用がないかもチェックします。各業者が提供するサービス内容を比較して、同等のサービスを受けられるか確認すると良いでしょう。

3社以上の見積もりを比較することで、最もコスト効率が良く、ニーズに合った残置物撤去サービスを見つけることができます。

自力でできるものだけでも処分する

引っ越しや退去時に残された残置物の処分において、自力で行える作業を積極的に行うことは、撤去費用を節約する有効な手段です。

業者の作業量が減るとコストが安くなる


不用品を燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミなどに分けることで、業者が撤去作業を行う際の手間を軽減できます。

軽トラックや個人の車を使って、自分で不用品を処分場まで運ぶことも一つの方法です。

ただし、大型の家具や家電など、重くて大きなものは専門の機材や技術が必要な場合があるので注意しましょう。

粗大ゴミは自治体の収集ルールに従って処分する必要があります。

収集日や手数料、申込み方法などを自治体のウェブサイトや窓口で確認してください。

自分で処分が困難、または危険を伴う物品は、無理をせず専門の残置物撤去業者に依頼しましょう。

不用品買取も利用する

残置物の中には、まだ価値があり買取可能な家具や家電が含まれていることが多いです。

不用品を買取サービスに出すことで、撤去費用を相殺したり、場合によっては収入を得ることができます。

多くの残置物撤去業者は不用品の買取も同時に行う


撤去を依頼する業者が買取サービスを提供している場合は査定を依頼しましょう。

事前に買取可能な品目や条件を確認しておくとスムーズ。より良い条件で買取してもらうためには、複数の業者に査定を依頼し提案を比較することが重要です。

とはいえ、全てのアイテムが買取対象になるわけではありません。買取不可能なアイテムについては、別の処分方法を検討する必要があります。

残置物撤去なら片付け侍へ

ここまで、残置物撤去の優良業者を選ぶ方法を解説してきました。

費用相場を理解したうえで、撤去費用を安くする方法も考慮できます。

残置物撤去は専門業者に依頼しよう


残置物撤去の経験豊富な業者を選びたいなら片付け侍がおすすめです。

365日受付しており、最短30分で駆けつけるスピードが特徴。見積もりは無料で、キャンセル料も発生しません。

他社より1円でも高ければ、見積もりの出し直しにも対応しているので、数社に見積もりを依頼するなら、必ず加えておきたい残置物撤去業者です。

すぐに片付けるなら下記から!

参照サイト:空き家売買専門サービス 空き家パス

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK