【遺品整理】故人の銀行口座手続き方法における準備から流れを具体的に解説!

遺品整理は、故人への思いを整理し、次のステップへ進むための大切なプロセスです。

その中でも、「故人の銀行口座手続き」は特に注意を要する作業の一つ。

手続きには、凍結された口座の解約や相続に関する正しい対応が必要
とされますが、多くの方にとってその準備から流れまでが複雑で分かりづらいものです。

そこで本記事では、遺品整理時に必要な銀行口座手続きの全プロセスを、準備から具体的な手順までわかりやすく解説するので、参考にしてください。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

遺品整理で知るべき銀行口座手続き

大切な方を亡くした後の遺品整理は、悲しみの中、やらなければならない多くの手続きが待っています。

その中でも、分かりにくく、負担になりやすいのが故人の銀行口座の手続きです。

ここででは、遺品整理における銀行口座の手続きについて、以下の2つのポイントを中心に解説します。

凍結と解約の2つの対応

遺品整理を行う際には、故人の銀行口座に関する手続きをしなければなりません。

ここでは、「凍結」と「解約」という二つの基本的な対応について説明します。

凍結とは?

銀行口座の凍結は、故人の死亡を銀行に報告し、その口座を一時的に使用できない状態にすることです。

凍結により、解約に必要な準備期間を確保できます。また、口座を長期にわたって放置する場合、解約するよりも費用が抑えられる場合があります。

解約とは?

解約は、口座を閉じて中のお金を相続人に渡す手続きです。他の遺品整理が整った後、必要な書類をそろえれば、比較的速やかに行えます。

凍結と解約、どちらを選ぶ?

どちらを選ぶかに関しての選択は、相続人の数や関係性、預金の額、将来の計画などを考慮して決定します。

複数の相続人がいる場合、みんなで話し合い、手続きを進めることが大切です。

銀行によって手続きの方法が異なることがありますので、事前に確認しましょう。

できれば銀行口座凍結前に対応する

可能であれば、故人の銀行口座凍結前に以下のような対応を取ると良いでしょう。

  • 故人の全銀行口座を把握する
  • 各銀行に連絡し、口座の凍結を依頼する
  • 必要な書類を準備する
  • 銀行窓口で解約手続きを行い、預金を相続人に払い戻す

複数の相続人がいる場合は、事前に協議をしておくことが大切です。

手続きが複雑な場合、弁護士や司法書士などの専門家に相談するのが良いでしょう。

遺品整理における銀行口座手続きの準備

遺品整理の際に銀行口座手続きをスムーズに行うために、事前に準備しておくべきポイントを3つご紹介します。

  • 故人の口座情報を全て揃える
  • 印鑑・キャッシュカード・通帳を揃える
  • 必要書類を準備する

銀行口座手続きに必要なものを事前に確認しておきましょう。

故人の口座情報を全て揃える

故人の全ての銀行口座情報を集めることは、遺品整理の大切なポイント。

口座情報が不明だと、相続人間でのトラブルの原因にもなる


情報が不足していると、遺産の正確な把握ができず、手続きが遅くなったり、相続人による不正な引き出しリスクが高まったりします。

通帳やキャッシュカード、銀行の明細書などを集め、必要に応じて銀行や証券会社に問い合わせましょう。

印鑑・キャッシュカード・通帳を揃える

遺品整理を進める際、故人が残した印鑑、キャッシュカード、通帳の取り扱いは特に注意が必要です。

銀行口座に関係した故人の遺品を整理する際のポイントを解説します。

  • 印鑑:実印や銀行印などを確認・保管。相続手続きや不動産の売買などに必要になる。
  • キャッシュカード:故人名義のキャッシュカード。不正利用を防ぐために銀行に連絡。
  • 通帳:資産把握のために必要。口座の残高や定期預金の有無を確認。

遺品整理の際に見つけた故人の通帳やキャッシュカード、印鑑は、安全な場所に保管し、必要な手続きの準備をします。

紛失や盗難には十分注意し、必要に応じて銀行や法律の専門家に相談することが重要です。

必要書類を準備する

遺品整理の一環として、故人の銀行口座に関する手続きを行う際、必要となる書類の準備は非常に重要です。

故人の銀行口座に関係した書類

  • 死亡証明書
  • 戸籍謄本
  • 遺言書(ある場合)
  • 印鑑証明書
  • 銀行口座情報
  • 相続人全員の同意書

必要書類を正確に準備することで、銀行口座の凍結や解約などの手続きを迅速に行うことができます。

手続きの種類や銀行によって必要な書類が異なる場合があるため、事前に確認し、余裕を持って準備しましょう。

遺品整理における銀行口座手続き手順

多くの場合、故人の名義で複数の銀行口座が存在するため、もれなく手続きを進めることが大切です。

ここでは、遺品整理における銀行口座手続きの手順を詳しく解説します。

契約銀行全てに連絡

故人が複数の銀行に口座を持っていた場合、すべての銀行に連絡することが大切です。

故人の口座は亡くなると自動的に凍結されます。これは、遺産として正しく扱われるようにするためです。

銀行口座の凍結を解除し、必要な手続きを行うためには、各銀行に連絡を取る必要があります。

銀行に連絡する際には、以下の情報が必要になります。

  • 故人の氏名
  • 口座番号
  • 死亡日
  • 連絡先
  • 本人確認書類(場合により)

故人の財産状況を正確に知るためにも、全ての銀行口座を調査することが必要です。

新たに口座が見つかると、遺産分割手続きをやり直す必要が出てくるので注意しましょう。

相続の手続き(引継ぎか解約)

故人の銀行口座の相続手続きや解約に必要なポイントを解説します。

口座を引き継ぐ場合には、名義変更手続きを行います。名義変更のためには、必要な書類があります。

引き継ぎに必要な書類

  • 死亡診断書
  • 故人と相続人の戸籍謄本
  • 相続人の印鑑証明書
  • 遺産分割協議書(ある場合)

解約する場合も同様の書類が必要です。手続きは全て銀行窓口で行います。

複数の銀行に口座がある場合、それぞれで手続きが必要


相続手続きは、相続人全員で行う必要があります。

手続きには時間がかかることが多いので、早めに始めましょう。遺品整理の代行業者に依頼するのも良い方法です。

銀行から預金計算書や通帳を受け取る

銀行窓口での手続き後、預金計算書や通帳を受け取ります。

これらの書類には、口座残高や取引履歴が記載されており、相続手続きや税務申告に必要です。

内容を確認し、不明点があれば銀行に問い合わせてください。

預金計算書や通帳は紛失しないように注意しましょう。万が一紛失した場合は、速やかに銀行に連絡してください。

銀行口座以外にも、証券口座やクレジットカードなど、名義変更が必要な場合があるので、見落とさないように気をつけましょう。

故人の銀行口座の手続きを含む遺品整理は大変な作業ですが、準備と計画性を持って進めることで、手続きを円滑に行えるでしょう。

証券・投資信託などは名義変更の対応

遺品整理をする際、証券や投資信託の名義変更も大切な作業の一つです。

ここでは、その手続きの基本を簡単に説明します。

名義変更が必要なケース

  • 相続人が単独で名義変更できる場合:株式の場合は、署名・捺印や住民票などが必要。投資信託は、証券会社や信託銀行に必要な書類を提出
  • 家庭裁判所の審判が必要な場合:相続人が複数いる場合や、遺言書がある場合など、遺産分割協議書の同意が必要

未成年者が相続人の場合や、成年後見人がいる場合も、特別な同意が求められます。

証券会社や信託銀行によって必要な書類が異なるので事前の確認が大切


手続きには時間がかかることがあるため、早めに始めることをおすすめします。

故人の銀行口座手続きの代行業者もある

遺品整理の際、故人の銀行口座の手続きは面倒で時間がかかるものです。

しかし、手続きを代行してくれる業者があります。代行業者を利用することで、様々なメリットが得られます。

銀行手続き代行業者の利用メリット

  • 手間と時間の節約になる
  • 複雑な手続きをサポートしてもらえる
  • 遠方や海外に住んでいる場合でも手続きを進められる
  • 専門家から法的なアドバイスを得られる
  • 記入ミスや書類不足などを避けられる

故人の銀行手続き代行業者を選ぶ際は、費用、実績、信頼性をチェックしましょう。経験豊富で信頼できる業者を選ぶことが大切です。

また、悪徳業者に注意し、複数の業者を比較検討してください。

遺品整理の手続きなら片付け侍へ

遺品整理において、故人の銀行口座手続きは避けて通れない重要なものです。

しかし、銀行口座の手続きは難しく、時間がない中で負担に感じることが多いものです。

手続きが複雑で時間がかかる場合、代行業者の利用も一つの手段です。

片付け侍は、遺品整理のプロフェッショナル


幅広い対応力を持つ片付け侍は、遺品整理だけでなく、故人の銀行口座手続きのような複雑な業務もサポートします。

経験豊富なスタッフが、スムーズかつ丁寧に手続きを進めるためのサポートを提供するので、安心して任せられます。

無料相談や見積もりも受け付けているので、まずは気軽に問い合わせてみましょう。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK