レンジ台の処分方法を7つ紹介!解体できるかで何ゴミか変わる!処分費用まで徹底解説

No Image

キッチンの整理整頓に欠かせないレンジ台やキッチンラックですが、新しいものに買い替えたり、引っ越しの際に不要になることもあります。

しかし、レンジ台の処分方法や捨て方を正しく知らないと、意外と手間がかかるもの。処分費用を抑えつつ、適切な方法で廃棄することは多くの人にとって悩みの種。

この記事では、レンジ台を無駄なく、かつ効率的に処分するための7つの方法を紹介します。

解体が可能かどうかによって、何ゴミに分類されるかが変わるため、粗大ゴミの扱いや引き取り、廃棄までの流れを理解することがカギとなります。

また、販売や譲渡といった選択肢も含め、あなたのレンジ台処分をサポートする情報を徹底解説するので参考にしてください。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

レンジ台を捨てる前に知っておくべきこと

家電の中でも大型で重たいレンジ台は、処分に困るアイテムの一つ。粗大ゴミとして出すには事前準備が必要で、場合によっては費用もかかります。

そこで、レンジ台を捨てる前に知っておくべきポイントをご紹介します。

30cm未満に解体・切断できるかどうかで何ゴミか決まる

レンジ台を処分する際には、サイズが大切なポイントになります。

30cm未満にできるかどうかで、捨て方が変わってきます。

30cm未満に小さくできれば、普通のゴミとして出すことができます。

自治体によっては、さらに燃えるゴミや燃えないゴミとして分けなければならないこともあります。

自治体の粗大ゴミルールを事前に確認しよう


30cm以上のサイズのレンジ台は、粗大ゴミとして扱われます。粗大ゴミの収集方法や料金は場所によって異なるため、レンジ台を捨てる前に、お住まいの地域のルールを確認しましょう。

金属製は解体・切断が難しい

金属製のレンジ台を処分する際は、木製やプラスチック製とは異なり、解体や切断が難しいことを知っておかなければなりません。

金属製のレンジ台は、持ち運びも大変で、解体・切断作業には専門の道具が必要です。

作業中には火花や粉塵が発生する可能性があるため、自分で処理を行うのはおすすめできません。

処分する際には、レンジ台の重量やサイズ、そして搬出経路を前もって確認し、粗大ゴミとしての適切な処理方法を自治体に問い合わせることが大切です。

金属製のレンジ台を安全に処分するためには、専門の処理が必要になることを覚えておきましょう。

レンジ台の処分7つの方法

引っ越しや買い替えなどで不要になった場合、レンジ台をどのように処分すれば良いか悩むことがあります。

ここでは、レンジ台の処分方法を7つ紹介します。

それぞれのメリットとデメリット、費用などを比較検討し、自分に最適な方法を選びましょう。

粗大ゴミで捨てる

レンジ台の処分方法はいくつかありますが、粗大ゴミとして捨てる方法は特に一般的です。

事前にしっかりと計画を立て、手数料がいくらになるかを確認しましょう。

レンジ台のサイズや重さによって処理券の費用が変わる


レンジ台を分解すれば、手数料を節約できるかもしれません。

自治体によっては、無料で回収してくれることもありますが、一般的には、手数料が必要な場合が多く、事前の予約や解体が必要なこともあります。

分解して一般ゴミで捨てる

レンジ台を分解して一般ゴミで捨てる方法は、少し手間がかかるものの、費用を抑えられる選択肢です。

レンジ台を一般ゴミとして捨てるステップ

  • レンジ台をバラバラに分解する
  • 金属・木材・プラスチックなど素材ごとに分別する
  • 地域のゴミ出しルールに従って捨てる

自治体によっては特定の素材を一般ゴミとして受け付けていない場合があるので、事前の確認が大切です。

金属部分などは、リサイクル可能な資源ゴミとして別途処理できることがあります。

レンジ台の分解・解体作業には怪我のリスクもあるため十分に注意しましょう。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者を利用してレンジ台を処分する方法は、手間をかけずに済むという大きなメリットがあります。

見積もりを複数の業者から取り、サービスの内容や価格、対応を比較します。

回収してほしいレンジ台のほか、他にも回収してほしい不用品があれば一緒に伝えましょう。

不用品回収業者によるレンジ台処分は、手間がかからずコストパフォーマンスが良いのがメリットです。

不用品回収業者についてもっと詳しく知りたい方は、不用品回収業者に依頼するメリット・デメリットの記事を参考にしてみてください。


しかし、不用品回収業界には、残念ながら悪徳業者も存在します。全国の市区町村の役所公式ホームページでも悪徳業者への注意喚起がされており、国民生活センターへの苦情も年々増加傾向にあります。
依頼前に業者の評判や口コミをチェックしましょう。

ぼったくりの悪徳不用品回収業者についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトを使ってレンジ台を処分する方法は、不要になった物品をお金に変える絶好の機会です。

この方法で効率よく販売するためのポイントを分かりやすくまとめてみましょう。

フリマアプリ・オークションサイトでの販売手順

  • 自分のレンジ台に最適なプラットフォームを選ぶ
  • 商品の状態が正確に伝わるよう、傷や汚れも正直に撮影する
  • レンジ台の型番、サイズ、使用感を記載
  • 市場価格を行い適正価格で出品する
  • 販売が決まったら、梱包と発送を丁寧に行う

各プラットフォームの利用規約を確認し、ルールに従って出品してください。

個人情報の保護にも気をつけ、安全な取引を心がけましょう。

リサイクルショップに買取してもらう

リサイクルショップでレンジ台を買い取ってもらう方法は、不要になったレンジ台を手軽に現金化できる手段です。

レンジ台をきれいに掃除し、できるだけ良い状態にしておくと、買取査定の際に有利になります。

取扱説明書や保証書があれば、これらも一緒に持ち込むと買取価格が上がる可能性があります。

査定額は、レンジ台のブランド、モデル、状態、市場での需要によって左右される


提示された買取金額に納得がいけば、その場で売却します。納得がいかなければ、他のショップで査定を受けることもできます。

リサイクルショップによっては、レンジ台など特定のアイテムの買取を行っていない場合があるので、事前に確認することが重要です。

販売店の引き取りサービスを利用する

販売店の引き取りサービスは、通常無料で利用できます。

販売店の引き取りサービスを利用すれば、レンジ台を処分する際に自分で粗大ゴミ処理の手続きをする必要はありません。

販売店の引き取りサービスを利用するには、サービスの内容(対象商品、費用、手順など)を確認してください。

販売店によっては、引き取りサービスを行っていない場合があります。

引き取りサービスを利用するためには、通常、新しいレンジ台を購入する必要があります。

一部の販売店では、購入時期や購入金額などの条件を設けている場合があります。

古いレンジ台の場合は、販売店の引き取り対象商品かどうか確認してください。

友人・知人・ジモティで譲る

レンジ台を友人、知人、あるいはジモティなどの地域コミュニティサイトで譲る方法は、不用になったレンジ台を有効活用する方法です。

レンジ台を譲るメリット

  • レンジ台処分費用を節約できる
  • 簡単に廃棄せず環境保護に貢献できる
  • まだ使用可能な物品を有効活用できる

友人に譲る場合には、レンジ台の状態が良いことが大切。明確な写真と詳細情報(サイズ、材質、使用状況など)を提供しましょう。

オンラインで見知らぬ人と取引する場合は、個人情報の取り扱いや物品の引き渡し方法に注意が必要です

譲渡する際には、受け渡しの条件を明確にし、可能であれば書面での合意をおすすめします。

レンジ台を廃棄する場合は自治体か不用品回収業者のみ

レンジ台を廃棄する場合は、自治体か不用品回収業者を利用することをおすすめします。

自分でレンジ台を処分しようとすると手間もお金もかかってしまう


その理由はいくつかあります。

  • 法令遵守:特定の家電はリサイクルする必要がある
  • 環境配慮:木材、金属、プラスチックなど素材別に分別
  • 安全性:運搬や処分に危険性がある
  • 手間と費用の削減:解体や運搬をまとめて依頼できる

費用を抑えたい場合は、自治体の粗大ゴミ回収を。

手間をかけたくない場合は、不用品回収業者を利用できます。不用品回収業者を利用する場合は、業者によってサービス内容や費用が異なるので、見積もりをとって比較検討しましょう。

レンジ台を廃棄する費用相場の比較

レンジ台の処分にかかる費用は、処分方法によって大きく異なります。

以下では、レンジ台を手放す際の選択肢とそれぞれの費用感を比較します。

処分方法費用特徴
粗大ゴミ1,000~3,000円事前の予約が必要
普通ゴミ無料分解する手間がかかる
不用品回収業者5,000~15,000円費用がかかるが、他の不用品も一括収集可能
リサイクルショップ数百円~数千円状態により買取できない場合もある
フリマ・オークション数百円~数千円梱包や配送を自分で手配する必要がある

レンジ台の処分方法を検討する際は、コストと手間のバランスを考えましょう。

状況やニーズに合った方法を選択してください。自治体のルールや不用品回収業者ごとのサービスを比較して、自分にとって最も適した方法で、スムーズにレンジ台を手放せるよう計画を立ててください。

レンジ台を処分するなら片付け侍へ

レンジ台の処分はサイズや材質によって、取り扱いが異なるため慎重に選ぶ必要があります。

解体が可能な場合は一般ゴミとして捨てられることもありますが、金属製など解体が難しいものは粗大ゴミとしての処理が必要です。

また、不用品回収業者に引き取ってもらう方法もあります。

全国対応の「片付け侍」では、解体が難しいレンジ台も含め、幅広い不用品の回収を行っています。

費用の面で心配な方も、事前の無料見積もりで安心。365日対応、最短30分で駆けつけます。

キャンセル料もかからないので、気軽に相談してください。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK