PC(パソコン)のマウスの寿命は何年?クリック数は?寿命の症状と長持ちのコツ!

「PC用マウスの寿命はどれくらい?」「マウスの故障サインとは?」などと気になっていませんか?

PC用マウスは一般的に3年から5年の寿命があり、クリック回数や使用環境によって寿命は変わります。故障のサインを見逃さず、適切なタイミングでの交換・処分が重要です。

本記事では、マウスの平均寿命や種類別の寿命、寿命を延ばすコツや適切な処分方法について詳しく解説します。

この記事を読めば
・マウスの寿命
・種類別の寿命
・寿命のサイン
・マウスの処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

PC・パソコンのマウスの寿命3年~5年

パソコン用のマウスは通常、3年から5年程度の使用寿命が見込まれています。ただし、使用寿命は一般的なオフィス作業や家庭での日常使用を想定したものです。

実際の寿命はマウスのメーカーやモデル、使用状況によって大きく変わります。適切なケアとメンテナンスを行うことで、平均寿命を延ばすことが可能です。

ただし、経年による自然な摩耗や内部部品の老朽化は避けられないため、いずれは新しいマウスへの交換が必要です。

クリック回数は1,000~2,000万回で寿命が来る

マウスのクリックボタンは約1,000万回から2,000万回のクリックに耐えうるよう設計されています。ただし、限界を超えるとボタンの反応が鈍くなったり反応しなくなることも多いです。

ゲーミングマウスやデザイン作業など、クリック操作が頻繁に行われる場合、早い段階で寿命に達することが予想されます。

クリック回数が多いと、ボタンの内部が物理的な摩耗によって徐々に劣化します。そのため、クリック回数もマウスの寿命を縮める主要な要因の1つです。

高値のマウスが寿命が長いとは限らない

高価なマウスが必ずしも長持ちするわけではありません。多くの場合、高価格帯のマウスは高機能やおしゃれなデザインによって高値になっているケースが多いです。

そのため、直接マウスの耐久性や寿命に影響を与えるわけではありません。高価なマウスであっても、過酷な使用条件や不適切な扱い方をされると、予想よりも早く故障する場合があります。

高価なマウスを選ぶ際には、機能やデザインだけでなく、耐久性についても考慮することが重要です。

すぐに壊れてしまうマウスもある

市場には多種多様なマウスが存在し、中には非常に短期間で故障してしまう製品もあります。低価格帯のマウスの中には品質が一定でないものも多く、短期間での故障が報告されることも珍しくありません。

安価なマウスを選ぶ際には、単に価格だけでなくユーザーレビューやメーカーの評判、保証期間などを慎重にチェックしましょう。安価でも信頼できるメーカーから購入することで、予期せぬ故障のリスクを最小限に抑えられます。

種類別のマウスの寿命

マウスの寿命は種類によって大きく異なり、使用される環境や頻度、技術的な構造によって耐久性が左右されます。以下、種類別にまとめました。

  • ワイヤレス(Bluetooth)のマウス
  • 有線(USB)のマウス
  • ゲーミングマウス

それぞれの寿命を詳しく解説します。

ワイヤレス(Bluetooth)のマウスの寿命

ワイヤレスマウス、特にBluetooth接続を使用するタイプは、便利さから多くのユーザーに選ばれています。しかしワイヤレスマウスの寿命は、バッテリーの持続性やBluetooth接続の安定性、内部回路の耐久性に大きく依存します。

一般的に、ワイヤレスマウスは2年〜3年の使用が見込まれていますが、定期的なバッテリー交換を行えばより長く使用可能です。高品質なモデルでは、より耐久性の高い部品が使用されており、長期間にわたって安定した性能を提供します。

有線(USB)のマウスの寿命

有線マウスは一般的に3年〜5年以上の長い寿命が期待できます。有線マウス、特にUSB接続を利用するタイプは、長年にわたって多くのユーザーに愛用されています。

有線マウスの最大の利点は、電源を直接コンピュータから供給されるため、バッテリー切れの心配がないことです。ただし、ケーブルの断線やコネクタ部分の損傷が寿命を縮める主な原因となるため、ケーブルの取り扱いには注意が必要です。

ゲーミングマウスの寿命

ゲーミングマウスは、高い反応速度や精密な操作性が求められるため、一般的なマウスと比較してより高度な技術が用いられています。しかし、高性能を維持するためには、内部の部品に高い負荷がかかることもあり、結果として寿命が短くなることがあります。

一般的にゲーミングマウスの寿命は1年から2年程度とされていますが、使用頻度やメンテナンスの方法によっては、2年以上の長寿命を実現することも可能です。高品質なゲーミングマウスは、耐久性の高いスイッチや強化されたケーブルを採用しており、過酷な使用条件下でも安定した性能を提供します。

寿命が来たマウスの症状

マウスが寿命の終わりに近づくと、寿命を示す症状が現れます。以下に症状の例をまとめました。

  • クリックが効かない
  • ポインターが動かない
  • 有線の電気が伝わらない
  • Bluetoothが反応しない

それぞれ詳しく解説します。

クリックが効かない

マウスのクリックが効かなくなる現象は、寿命が近づいている最も一般的な兆候の1つです。マウス内部のクリックスイッチが摩耗して反応しなくなったり、マウスとコンピュータ間の信号伝達が遮断されたりすることによって発生します。

クリック機能はマウスを使用する上で基本的かつ重要な操作であるため、ユーザーの作業効率に直接的な影響を及ぼします。作業時の効率性が悪くなるため、早めの交換を検討すべきです。

ポインターが動かない

ポインターが動かなくなる問題は、マウスのセンサー部分に何らかの障害が発生した場合に起こります。センサーが汚れて正確な動きを検出できなくなったり、センサー自体が損傷を受けたりすることで引き起こされる症状です。

ポインターの動きが不安定になると、マウスカーソルを正確にコントロールすることが困難になります。精密な作業を行う際に大きな障害となるため、マウスの交換を検討しましょう。

有線の電気が伝わらない

有線マウスで電気が伝わらなくなる問題は、主にケーブルの断線や損傷によって引き起こされます。ケーブルが繰り返し曲げられたり、引っ張られたりすれば、内部の細い線が切れてしまい信号伝達が遮断されます。

結果的にマウスが完全に機能しなくなるか、マウス操作が不可能になるでしょう。

Bluetoothが反応しない

Bluetoothマウスが反応しなくなる原因は、マウス内部のBluetoothモジュールが故障したり、マウスとコンピュータ間の通信に障害が原因です。マウスとコンピュータのペアリングが頻繁に失われることによって、反応しなくなります。

Bluetooth接続の不安定さは、予測不可能な動作を引き起こし、ユーザーにとって大きな不便をもたらします。反応を示さなくなった場合は、新しいマウスへの変更を検討しましょう。

マウスの寿命を延ばすコツ

マウスの寿命を最大限に延ばすためには、日常的なメンテナンスと適切な使用が鍵です。マウスは繊細な電子機器であり、内部の摩耗や汚れが蓄積すると性能が低下し、最終的には故障につながる可能性があります。

マウスの寿命を延ばすには以下の方法を駆使しましょう。

  • マウスを定期的に掃除する
  • USBは付け外しの頻度を抑える
  • ケーブルの扱いに注意する
  • 衝撃を与えないようにする
  • ワイヤレスは不使用時は電源を切る

それぞれ詳しく解説します。

マウスを定期的に掃除する

マウスの定期的な掃除は性能を維持し、寿命を延ばす上で非常に重要です。時間の経過とともに、マウスの表面や内部にホコリや汚れが蓄積し、センサーの感度が低下したりボタンの反応が悪くなったりする原因となります。

特にマウスの下部にあるセンサー周辺は、定期的に柔らかい布や綿棒を使って優しく掃除することが大切です。

マウスのボタンやホイールの隙間に溜まったゴミやほこりも、エアダスターや爪楊枝を使って慎重に取り除きましょう。

USBは付け外しの頻度を抑える

有線マウスを使用する場合、USBコネクタの付け外しの頻度を抑えることも、マウスの寿命を延ばすための重要なポイントです。頻繁に抜き差しすると、コネクタ自体やマウス内部の接続部分が摩耗し、接触不良を引き起こす原因となります。

そのため、マウスを使用しない時でも、できるだけコネクタをそのままにしておくことが望ましいです。マウスを持ち運ぶ際は、USBコネクタを保護するキャップを使用するか、専用の収納ケースに入れることで物理的なダメージから守れます。

ケーブルの扱いに注意する

有線マウスを使用する際、ケーブルの扱い方はマウスの寿命に大きな影響を与えます。ケーブルが絡まったり無理に引っ張られたりすると、内部の配線が損傷し、マウスの機能不全を引き起こす可能性が高いです。

特に、デスクの角や鋭利な物体の近くでケーブルが摩擦すると、外皮が剥がれたり切れたりします。そのため、ケーブルを適切に整理し余分な部分を束ねておけば、物理的なダメージから保護しマウスの寿命を伸ばせます。

ケーブルを巻きつける際に無理な力を加えないよう注意し、ケーブル保護用のアクセサリーの使用も検討しましょう。

衝撃を与えないようにする

マウスは精密な電子機器であり、強い衝撃に非常に弱いです。デスクからの落下や物にぶつけるなどの衝撃は、内部の電子部品やセンサーに損傷を与え、マウスの正常な機能を損なう原因となります。

高性能なマウスは高度な技術が用いられているため、衝撃によるダメージが性能低下に直結しやすいです。そのため、マウスを使用しない時は安全な場所に置いたり落下防止のためにマウスパッドやデスクマットを使用するなど、日常的に注意を払うことが重要です。

また、持ち運びが必要な場合は、専用のケースやバッグを使用して保護することをお勧めします。

ワイヤレスは不使用時は電源を切る

ワイヤレスマウスの場合、不使用時に電源を切ることはバッテリー寿命を延ばす上で非常に重要です。ワイヤレスマウスは、電源が入っているとセンサーや無線通信機能が常に働いており、バッテリー消費の原因となります。

特に、長時間使用しない場合や外出時などは必ず電源をオフにして、不要なバッテリー消耗を防ぎます。ワイヤレスマウスの多くは、一定時間操作がない場合、自動的にスリープモードに入る機能を備えていることが多いです。

ただし、手動で電源を切れば、さらにバッテリーの節約につながります。

バッテリーの寿命を最大限に延ばすためにも、日常的な電源管理に注意しましょう。

寿命が来たマウスの処分

マウスが寿命を迎えた際は、適切に処理されないと環境汚染の原因となるため、処分方法を知ることは環境保護にも貢献します。以下に処分方法をまとめました。

  • 自治体の不燃ゴミで捨てる
  • 家電量販店の小型家電リサイクル回収サービスを利用
  • パソコンメーカーの回収サービスを利用
  • パソコンリサイクル業者の回収サービスを利用
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう

それぞれ詳しく解説します。

マウスはUSBタイプ、コードレスタイプなど様々ありますが、タイプにより捨て方や注意点がありますい。マウスのタイプ別処分方法や費用まで詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

自治体の不燃ゴミで捨てる

多くの自治体では、電子機器を含む不燃ゴミの処理方法を定めています。寿命が来たマウスを処分する際は、まず自分が住む地域のゴミ処理規則を確認しましょう。

不燃ゴミとして処理できる場合は、指定された回収日に適切に分別して出すことが求められます。ただし、自治体によっては電子機器を特別な廃棄物として扱い、専用の回収プログラムを設けていることもあるため、事前の確認が必要です。

適切な処分を行うことで、環境への影響を最小限に抑えられます。

家電量販店の小型家電リサイクル回収サービスを利用

近年、多くの家電量販店が小型家電のリサイクル回収サービスを提供しています。サービスを利用すれば、寿命が来たマウスを環境に優しい方法で処分してくれるため安心です。

回収されたマウスは適切に分解され、再利用可能な部品はリサイクルされます。サービスを利用する際は、最寄りの家電量販店に設置されているリサイクル回収ボックス、または回収サービスの詳細を事前に確認しましょう。

パソコンメーカーの回収サービスを利用

多くのパソコンメーカーは、使用済みの電子機器、特に自社製品の回収サービスを提供しています。サービスを利用すれば、寿命が来たマウスを環境に優しい方法で処分してくれるため、資源の再利用に貢献することも可能です。

メーカーによる回収サービスは、製品を適切にリサイクルまたは適切に廃棄することを保証し、有害物質が環境に悪影響を与えるのを防ぎます。回収サービスを利用する際は対象製品や回収条件、手続きの方法について事前にメーカーのウェブサイトで確認し、直接問い合わせることが重要です。

メーカーの回収サービスを利用すれば、責任を持って処分してくれますよ。

パソコンリサイクル業者の回収サービスを利用

パソコンリサイクル業者は、古いパソコンや周辺機器の回収とリサイクルを専門としています。使用済みのマウスなどの小型電子機器を回収し、再利用可能な部品を取り出してリサイクルするサービスを提供しています。

リサイクル業者を利用すれば、マウスなどの電子機器が適切に処理され、有害な廃棄物が環境に放出されるのを防ぐことができるでしょう。サービスを利用する際は、回収可能なアイテムの種類や回収手数料、回収プロセスについて事前に確認することが推奨されます。

適切なリサイクル業者を選ぶことで、廃棄される電子機器から資源を有効活用し、環境保護に貢献できます。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

不用品回収業者は、家庭から出るさまざまな不用品を引き取ってくれるサービスを提供しています。サービスには、寿命が来たマウスやその他の電子機器も含まれます。

不用品回収業者を利用すれば、手軽に不要になったマウスを処分できます。ただし、業者によってはリサイクルではなく単に廃棄するだけの場合もあるため、サービスの内容を事前に確認しましょう。

回収に関連する費用や、回収してもらえるアイテムの種類についても、利用前に明確にしておく必要がありますよ。

不用品回収業者は訪問して回収してくれるなどメリットが大きいですが、費用が掛かるなどのデメリットもあるため、詳しくは不用品回収業者のメリット・デメリットの記事で確認をしてみてください。

マウスの処分は片付け侍へ

PC用マウスは一般的に3年から5年の寿命があり、クリック回数や使用環境によって寿命は変わります。故障のサインを見逃さず、適切なタイミングでの交換・処分が重要です。

寿命を迎えたマウスの処分に頭を悩ませているなら、「片付け侍」の利用をご検討ください。片付け侍は、家庭やオフィスから不要になった電子機器を含む様々な不用品を手軽に、かつ適切に処分する手助けをします。

不用品の回収だけでなく、適切な廃棄方法のアドバイスも実施しているため、安心して任せられます。マウス以外にも不用品が家にある場合、ぜひ1度ご相談ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK