ヘルメットの寿命が3年って本当?バイク用で未使用は使えるのか?本当の年数を紹介!

「ヘルメットの寿命はどれくらい?」「寿命が過ぎたヘルメットの処分方法は?」などと悩んでいませんか?

ヘルメットの寿命は使用状況や保管方法によって異なりますが、一般的には3年が目安とされています。適切なメンテナンスを行えば、ヘルメットの寿命を延ばし、安全性を保つことが可能です。

本記事では、ヘルメットの寿命や劣化のサインや寿命を延ばすメンテナンス方法、適切な処分方法について詳しく解説します。

この記事を読めば
・ヘルメットの寿命
・寿命のサイン
・長持ちさせるコツ
・処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ヘルメットの寿命・耐用年数は3年

多くの専門家やメーカーは、ヘルメットの寿命を使用開始から約3年と推奨しています。約3年というのは、ヘルメットの素材が経年劣化すること、日常的な使用による微細なダメージが蓄積されることにもとづいています。

ヘルメットの安全性を保つため、寿命や耐用年数が近づいたら、交換を検討しましょう。定期的な交換は、ヘルメットが提供する保護機能を最大限に維持するために不可欠です。

SGマーク制度の期限が3年と定められている

SGマークが付与されたヘルメットは、製造から3年間の使用が推奨年数としています。SGマークは、日本における製品安全の基準を示すマークです。

SGマーク制度により、ヘルメットを含む多くの安全製品に対して、安全性能が認定されています。ヘルメットの素材が、紫外線や摩耗によって劣化し始める平均的な期間を反映しています。

ユーザーは3年間の期限を目安に、ヘルメットの状態を定期的にチェックし、必要に応じて交換を検討すべきです。

アライ・SHOEIも交換時期を3年と公表している

世界的に有名なヘルメットメーカーであるアライとSHOEIは、自社製品の安全性を保証するため、ヘルメットの推奨交換時期を3年と公表しています。ヘルメットの内部素材や外部シェルが、時間の経過と共に性能を徐々に失うためです。

ヘルメットの安全性を維持するためには、メーカーの推奨する交換時期を守ることが重要です。

アライやSHOEIのような信頼できるメーカーの指針に従うことは、ライダーの安全を守る上で賢明な選択と言えますよ。

実際は5~7年も使える可能性がある

ヘルメットの寿命は、使用状況や保管方法によって大きく異なります。厳密にメンテナンスを行い、衝撃や直射日光を避けて保管することで、推奨される3年を超えても使用することが可能です。

実際に、一部のユーザーは5年〜7年間同じヘルメットを使用していると報告しています。しかし、安全性を最優先に考えるならば、定期的な交換が推奨されるでしょう。

ヘルメットの性能は外見だけでは判断できないため、安全を確保するためには慎重な判断が求められます。

未使用品でも10年前のヘルメットは使用しない方がいい

たとえ未使用であっても、10年前のヘルメットは使用を避けるべきです。ヘルメットの素材は時間が経つにつれて劣化し、安全性能が低下します。

ヘルメットの内部構造や衝撃吸収材料は、見た目では劣化が分かりにくいため、時間の経過と共に機能を失う可能性があるため注意が必要です。

安全を最優先に考えるならば、製造から数年が経過したヘルメットは、たとえ未使用であっても新しいものに交換しましょう。

ヘルメットの寿命・劣化のサイン

ヘルメットが寿命を迎えたり、劣化しているサインにはいくつかの明確な兆候があります。サインを見逃さずに、適切なタイミングで交換することが大切です。

以下に寿命・劣化のサインをまとめました。

  • クッションにへたりがある
  • 事故などで強い衝撃を与えてしまった
  • 洗っても臭いが取れない
  • 内装のへたりやあご紐のほつれがある
  • 外側のシェルに傷やひび割れがある

それぞれ詳しく解説します。

クッションにへたりがある

ヘルメット内部のクッションやパッドにへたりが見られる場合、ヘルメットの劣化を示すサインの1つです。クッション材が適切に機能しなくなると、衝撃吸収能力が低下し、頭部への保護が十分に提供されなくなります。

クッションのへたりは、ヘルメットのフィット感にも影響を与え安全性を損なう可能性があるため、交換を検討すべきです。

事故などで強い衝撃を与えてしまった

ヘルメットが事故や転倒などで強い衝撃を受けた場合、構造や機能が損なわれている可能性があります。外観上は無傷に見えても、内部の衝撃吸収材が損傷していることがあり、再び衝撃を受けた際に十分な保護を提供できなくなる恐れがあるでしょう。

事故に遭った後のヘルメットは、たとえ目に見えるダメージがなくても、安全のために交換することが強く推奨されます。

洗っても臭いが取れない

ヘルメットを長期間使用していると、汗や皮脂が内部に蓄積し、不快な臭いの原因となります。定期的な洗浄で臭いを軽減できますが、洗っても臭いが取れない場合は、内部材料の劣化が進んでいるサインかもしれません。

臭いが取れないヘルメットは、快適性だけでなく衛生面でも問題があり、新しいヘルメットへの交換を検討するタイミングです。

内装のへたりやあご紐のほつれがある

ヘルメットの内装がへたってきたり、あご紐にほつれが見られる場合、ヘルメットの劣化や摩耗の兆候です。内装のクッションが劣化すると、ヘルメットのフィット感が損なわれ、安全性が低下します。

また、あご紐のほつれは緊急時の保護機能に影響を及ぼす可能性があります。劣化や摩耗のサインが見られる場合は、ヘルメットの機能が十分でなくなっている可能性が高いため、新しいヘルメットへの交換を考えるべきです。

外側のシェルに傷やひび割れがある

ヘルメットの外側のシェルに傷やひび割れがある場合、ヘルメットが以前に受けた衝撃の痕跡であり、構造的完全性が損なわれているかもしれません。外側のシェルは、衝撃を分散させる重要な役割を担っており、傷やひび割れがあると機能が低下します。

安全性を確保するためにも、外側に明らかな損傷が見られるヘルメットは使用を避け、新しいものに交換することが推奨されます。

ヘルメットの寿命を長持ちさせるコツ

ヘルメットの寿命を最大限に延ばすためには、日々の保管とメンテナンスに注意を払いましょう。ヘルメットはただの保護具ではなく、ライダーの命を守るための重要な装備品です。

以下のコツを実践することで、ヘルメットの寿命を延ばし、常に最高の保護性能を維持できます。

  • 直射日光・高温多湿を避ける
  • こまめにクリーニングする
  • 夏場はインナーを洗う
  • ヘルメットに座らない

それぞれ詳しく解説します。

直射日光・高温多湿を避ける

ヘルメットを直射日光の当たる場所や高温多湿の環境に長時間放置すると、素材が劣化しやすくなります。とくに紫外線はヘルメットのシェルや内部の素材にダメージを与え、衝撃吸収能力を低下させる可能性があるでしょう。

また、高温多湿の環境はヘルメット内部のクッション材の劣化を早めるため、涼しく乾燥した場所での保管が推奨されます。

直射日光と高温多湿を避けることで、ヘルメットの素材が長持ちし、安全性能が維持されますよ。

こまめにクリーニングする

ヘルメットは定期的にクリーニングすることで、汗や外部からの汚れによる劣化を防ぐことができます。ヘルメットの外側は柔らかい布と中性洗剤を使用して優しく拭き、内部のパッドやライナーは取り外して手洗いすることがお勧めです。

結果、ヘルメットを清潔に保ち、素材の劣化を最小限に抑えられます。

夏場はインナーを洗う

夏場は特に汗を多くかくため、ヘルメットのインナー部分が汚れやすくなります。インナーは取り外して定期的に洗濯すれば不快な臭いの発生を防ぎ、ヘルメットの衛生状態を保てるでしょう。

インナーを清潔に保てば快適な着用感を維持し、ヘルメット内部の環境を良好に保ちます。

ヘルメットに座らない

ヘルメットに座ったり、重い物を載せたりすると、内部構造が損傷する可能性があります。ヘルメットは衝撃を吸収するために設計されていますが、不適切な圧力がかかると機能が低下します。

ヘルメットの形状を保持し、内部の衝撃吸収機能を損なわないように注意しましょう。ヘルメットを大切に扱えば、安全性能を長期間維持できます。

寿命が来たヘルメットの捨て方

ヘルメットが寿命を迎えた際は、適切な処分方法で処分しましょう。一般的なゴミとは異なる扱いが必要になる場合があるため、正しい処分方法を選択すれば、環境への影響を最小限に抑えられます。

以下に処分方法をまとめました。

  • 粗大ゴミとして処分する
  • 不燃ゴミとして処分する
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • 日本ヘルメット工業会のリサイクルに出す
  • 寄付する

それぞれ詳しく解説します。

ヘルメットの捨て方や買取など処分方法についてこちらの記事でもっと詳しく解説しているので参考にしてみてください。

粗大ゴミとして処分する

寿命が来たヘルメットを処分する1つの方法は、粗大ゴミとして出すことです。多くの自治体では、ヘルメットのような大きさや素材の特性を持つアイテムを粗大ゴミとして扱います。

粗大ゴミとして処分する際は、事前に自治体のルールを確認し、必要な手続きを行うことが重要です。粗大ゴミとして処分すれば、ヘルメットは適切な方法でリサイクルまたは廃棄されます。

不燃ゴミとして処分する

一部の自治体では、ヘルメットを不燃ゴミとして処分することが可能です。不燃ゴミとして処分する場合、ヘルメットは焼却処理されることが一般的です。

不燃ゴミとして処分する際も、自治体の分別ルールを事前に確認し、指定された方法でヘルメットを出すことが求められます。

適切に処分することで、環境への負担を軽減しながら、寿命が来たヘルメットを処理できますね。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

寿命を迎えたヘルメットの処分方法として、不用品回収業者に引き取りを依頼する選択肢があります。自治体のゴミ処理ルールが厳しく、自身での処分が難しい場合や大量に処分したい場合に特に便利です。

不用品回収業者を利用する際は、信頼できる業者を選び、事前に料金や回収条件を確認することが重要です。適切な業者に依頼することで、ヘルメットは適切な方法でリサイクルまたは適正に処理され、環境への影響も最小限に抑えられます。

信頼できて安く回収できる不用品回収業者の選び方はこちらの記事をご覧ください。

日本ヘルメット工業会のリサイクルに出す

日本ヘルメット工業会では、使用済みのヘルメットをリサイクルするプログラムを提供しています。プログラムを利用すれば、寿命が来たヘルメットを環境に優しい方法で処分できるでしょう。

ヘルメットは専門の施設で適切に分解されます。不要になったヘルメットが新たな資源となり、有効活用されます。

寄付する

寿命が来たとはいえ、まだ使用可能な状態のヘルメットは、寄付を通じて再利用することが可能です。特に、スポーツクラブや地域の安全教室など、ヘルメットが必要とされている場所では、寄付されたヘルメットが大いに役立つ場合があります。

寄付を検討する際は、受け入れ可能な団体や機関を事前に確認し、ヘルメットの状態が寄付に適しているかを確かめることが大切です。寄付すれば、不要になったヘルメットが新たな価値を持ち、他者の安全をサポートします。

寿命がきたヘルメットを処分するときの注意点

寿命がきたヘルメットの処分を考える際には、いくつかの重要な注意点があります。以下のポイントに注意して、寿命がきたヘルメットを適切に処分しましょう。

  • 自治体のルールを確認する
  • 個人情報の記載に注意する
  • 業者依頼時は口コミや評判をチェックする
  • 不法投棄は禁止されている
  • 分解・改造は決して行わない

それぞれ詳しく解説します。

自治体のルールを確認する

ヘルメットの処分に際しては、まず自身が居住する自治体のルールを確認することが重要です。自治体によっては、ヘルメットを特定のカテゴリーのゴミとして扱い、特別な処分方法を要求する場合があります。

たとえば、粗大ゴミとしての処理が必要であったり、回収日が別で設定されている場合があるかもしれません。自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせることで、正しい処分方法を確認できます。

個人情報の記載に注意する

ヘルメットには、所有者の名前や連絡先などの個人情報が記載されている場合があります。とくに、競技用のヘルメットやカスタマイズされたヘルメットでは、個人を特定できる情報が含まれていることが一般的です。

ヘルメットを処分する際には、個人情報を適切に削除または塗りつぶすことで、情報漏洩のリスクを避けられます。個人情報の取り扱いには十分注意し、安全に処分するようにしましょう。

業者依頼時は口コミや評判をチェックする

ヘルメットの処分を業者に依頼する際、業者の信頼性を確認することが極めて重要です。適切な処分を行ってくれる信頼できる業者を選ぶために、インターネットでの口コミや地元の評判を事前に調査しましょう。

良い評判や口コミは、業者が責任を持ってヘルメットを適切に処理してくれることの証です。逆に悪い評判は、不適切な処理が行われる可能性があるため、避けるべきサインとなります。

不法投棄は禁止されている

ヘルメットの不法投棄は、環境への悪影響だけでなく、法的な問題も引き起こします。不法投棄は環境汚染を引き起こし、自然や野生生物に害を及ぼす可能性があるため、決して行ってはいけません。

また、多くの地域で法律によって厳しく禁じられており、違反した場合には罰金やその他の法的措置が取られる場合があります。

ヘルメットの処分は常に責任を持って、地域の規則に従った方法で行いましょう。

分解・改造は決して行わない

寿命が来たヘルメットを自分で分解や改造を試みることは、非常に危険です。ヘルメットの内部構造は複雑で、とくに劣化している場合には予期せぬリスクが伴います。

分解や改造を行うことで、ヘルメットの安全性が損なわれ、万が一の事故が起きた際に十分な保護が得られなくなる可能性があります。また、分解や改造を行ったヘルメットはリサイクルにおいて問題を引き起こすことがあり、環境保護の観点からも避けるべき行為です。

ヘルメットの処分は片付け侍へ

ヘルメットの寿命は使用状況や保管方法によって異なりますが、一般的には3年が目安とされています。適切なメンテナンスを行えば、ヘルメットの寿命を延ばし、安全性を保つことが可能です。

寿命を迎えたヘルメットの処分をご検討であれば、不用品回収サービス「片付け侍」を利用するのが1つの解決策です。片付け侍は、不要になったヘルメットを含むさまざまな不用品を手軽に、かつ適切に処理します。

サービスを利用することで、自分で処分方法を探したり、自治体の規則に合わせて処分する手間を省くことが可能です。ぜひ本記事を参考にして、片付け侍へのご依頼をご検討ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK