コピー機・複合機の寿命は?法定耐用年数や限界枚数、寿命を長持ちさせるコツを紹介

「コピー機の寿命はどれくらい?」「寿命を長持ちさせるコツは?」などと悩んでいませんか?

コピー機・複合機の寿命は一般的に3~5年が目安ですが、適切な管理と使用により寿命を延ばすことが可能です。期間を超えると故障や性能の低下する恐れもあるため、処分を検討した方が良いでしょう。

本記事では、コピー機の寿命の基本や長持ちさせるコツ、寿命が来た際の処分方法を詳しく解説します。

この記事を読めば
・コピー機の寿命
・寿命のサイン
・寿命をのばすコツ
・コピー機の処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

コピー機・複合機の寿命は3~5年が目安

コピー機や複合機は、一般的に3~5年の使用が寿命の目安とされていて、日常的なオフィス作業での平均的な使用頻度に基づいています。適切なメンテナンスと使用状況によっては、さらに長く使用することも可能です。

しかし、機械の性能が時間と共に低下することにより、期間を超えると故障や性能の低下が顕著になることが一般的です。そのため、購入から数年が経過したコピー機や複合機については、性能のチェックや更新の検討を始める良い時期と言えます。

税務上の法定耐用年数は5年

税法では、コピー機や複合機の法定耐用年数を5年と定めています。5年という数字は、企業が機器を固定資産として計上し、減価償却を行う際の基準期間です。

しかし、5年というのはあくまで会計上の取り扱いに過ぎず、実際の機器の使用可能期間とは直接的な関連はありません。実際には、機器のメンテナンス状況や使用頻度によって、期間より長く、または短くなる場合があります。

コピー機により300万枚の印刷で寿命で判断

コピー機の寿命を判断する際に、300万枚の印刷を1つの目安としていて、一般的なコピー機が設計上想定している耐久性の指標です。多くのメーカーが機器の耐久テストにおいて参考にしています。

しかし、実際の寿命は使用状況に大きく左右されるため、300万枚を印刷したからといって必ずしも機器が故障するわけではありません。

定期的なメンテナンスや適切な使用を心がけることで、300万枚を超えても安定した性能を維持できますよ。

コピー機の寿命のサイン

コピー機が寿命に近づいていることを示す明確なサインがいくつかあります。コピー機の寿命のサインをまとめると以下の通りです。

  • 拾紙が上手くいかない
  • ノズルのつまりが頻繁に起こる
  • ドライバーがOSに対応しなくなる

サインを見逃さないようにすることが、オフィス機器の管理において重要です。それぞれ詳しく解説します。

拾紙が上手くいかない

コピー機で紙詰まりが頻繁に発生する、または紙を正しく拾えない場合、コピー機の寿命が近づいているサインの1つです。給紙ローラーの摩耗や、内部のセンサーの劣化が原因で上手くコピーできない問題が発生する場合があります。

紙詰まりが頻繁に起こると、作業の効率が大幅に低下し、ストレスの原因ともなります。症状が見られた場合は、専門のメンテナンスサービスに相談するか、機器の交換を検討しましょう。

ノズルのつまりが頻繁に起こる

インクジェット型のコピー機やプリンターでは、ノズルのつまりが寿命のサインとなることがあります。ノズルがつまると印刷品質に影響が出ることがあり、不鮮明な文字や線、印刷されない部分が出現するかもしれません。

ノズルの清掃やヘッドクリーニング機能を使用しても改善されない場合、機器の寿命が近づいている可能性が高いです。そのため、新しい機器への投資を検討しましょう。

ドライバーがOSに対応しなくなる

コピー機やプリンターのドライバーが最新のオペレーティングシステム(OS)に対応しなくなることも、機器の寿命を示すサインです。特に、コンピューターのOSがアップデートされた後に、コピー機が正常に機能しなくなる場合があります。

メーカーが新しいドライバーを提供していない、または機器が古くてサポートが終了している場合、新しい機器への交換を検討すべき明確なサインです。技術の進歩に伴い、古い機器は新しいソフトウェア環境に適応できなくなる場合があります。

コピー機の寿命を長持ちさせるコツ

コピー機の寿命を延ばすためには、日々の使用方法と環境設定が重要です。長持ちさせるコツをまとめると以下の通りです。

  • 水平なところに設置
  • エアコンと加湿器を離して設置
  • 定期的に動かす
  • 業務用複合機であれば電源は落とさない
  • 家庭用でも電源プラグは抜かない
  • 大量印刷は小分けに印刷する

それぞれ詳しく解説します。

水平なところに設置

コピー機は水平で安定した場所に設置することが非常に重要です。不安定な場所や傾斜がある場所に設置されたコピー機は、内部の機構に不必要な負荷をかけ、故障の原因となります。

また、水平でない場所に設置されたコピー機は、紙送りの際に紙詰まりを起こしやすくなるため、印刷品質にも影響を与える可能性があるのです。適切な設置場所を選ぶことで、コピー機の寿命を延ばし、最適な性能を維持できます。

エアコンと加湿器を離して設置

コピー機をエアコンや加湿器から離して設置することも、寿命を延ばすための重要なポイントです。エアコンや加湿器からの直接的な風や湿気は、コピー機の内部部品に悪影響を及ぼします。

とくに、電子部品の腐食や紙の湿気吸収による紙詰まりなど、さまざまな問題を引き起こす可能性が高いです。適切な距離を保つことで、問題が起こるリスクを最小限に抑え、コピー機の寿命を延ばせます。

定期的に動かす

コピー機は定期的に使用することで、内部機構が適切に機能し続けるようになります。長期間使用しないで放置されたコピー機は、インクの乾燥や機械部品の固着など、さまざまな問題が発生しやすいです。

特にインクジェットタイプのプリンターでは、ノズルが詰まりやすくなるため、定期的な使用が推奨されます。週に1度程度の印刷を行うことで、コピー機の寿命を延ばし、常に最良の状態を保てます。

業務用複合機であれば電源は落とさない

業務用複合機は連続稼働を前提として設計されているため、オフィスが閉まる夜間や休日であっても電源を切る必要はありません。複合機内部のメンテナンス機能が定期的に作動し、インクの乾燥防止やノズルのクリーニングなどが自動で行われます。

電源を入れたままにしておくことで、突然の故障を防ぎ、安定した性能を維持できます。また、急な業務需要にも迅速に対応できるため、業務の効率化にも貢献できるでしょう。

家庭用でも電源プラグは抜かない

家庭用のプリンターや複合機も、基本的には電源プラグを抜く必要はありません。多くの現代の機器はエコモードやスリープモードを搭載しており、使用していない時は自動的に省エネ状態に移行します。

未使用の状態では非常に少ない電力で待機しているため、電源を切ることで得られる節電効果は限定的です。電源を常に入れておくことで、インクの乾燥防止やノズルの自動クリーニングなど、機器の健康を保つためのメンテナンスを実行します。

機器の自動運転によって、いざという時にすぐに使用できる状態を保てますね。

大量印刷は小分けに印刷する

大量に印刷する必要がある場合でも、一度にすべてを印刷しようとすると、複合機やプリンターに過度な負担がかかり故障の原因となります。連続して大量の印刷を行うと機器が過熱しやすくなり、印刷品質の低下や紙詰まりなどのトラブルが発生しやすくなるのです。

トラブルを避けるためには、大量印刷を数回に分けて行うことが推奨されます。例えば、100ページを印刷する場合は20ページずつ5セットに分けて印刷するなど、機器に適切な休息時間を与えることが重要です。

数回に分けて印刷することで、機器の寿命を延ばし、常に最高の印刷品質を保てます。

寿命が来たコピー機の処分方法

コピー機の寿命が来た際には、適切な処分方法を選択することが環境保護にもつながります。処分方法をまとめると以下の通りです。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • メーカーに回収を依頼する
  • 家電量販店の小型家電回収サービスを利用
  • 不用品回収業に回収してもらう
  • 業務用は産業廃棄物業者へ依頼する

それぞれ詳しく解説します。

粗大ゴミで捨てる

寿命が来たコピー機を粗大ゴミとして処分することは、最も選ばれやすい処分方法の1つです。多くの自治体では粗大ゴミの収集サービスを提供しており、事前に申し込みを行うことで、指定の日に自宅まで回収に来てもらえます。

粗大ゴミとして処分をする際には、事前に自治体の規則を確認し、必要な手数料を支払う必要があります。ただし、コピー機に含まれる有害物質や個人情報の取り扱いにも注意が必要です。

適切な処理を行うことで、環境への影響を最小限に抑えられます。

メーカーに回収を依頼する

多くのコピー機メーカーでは、使用済みの機器を回収してくれます。サービスを利用することで、寿命が来たコピー機をメーカーが適切にリサイクルや処分を行ってくれるため、大変便利です。

また、専門的な知識を持ったプロフェッショナルが機器を適切に取り扱い、環境に配慮した方法で処分してくれます。回収を依頼する際にはメーカーのウェブサイトを確認し、回収の手続きや条件について確認することが重要です。

家電量販店の小型家電回収サービスを利用

多くの家電量販店では、小型家電の回収サービスを提供しています。サービスを利用することで、寿命が来たコピー機を簡単にリサイクル可能です。

家電量販店の回収ボックスに機器を入れるだけで、専門の業者が適切にリサイクルや処分を行ってくれ、手軽に近くの店舗で処分できるのが利点です。ただし、回収できる機器のサイズや種類には制限があるため、事前に店舗の規定を確認しましょう。

また、個人情報の保護のため、機器内のデータは事前に消去しておくことが大切です。

不用品回収業に回収してもらう

不用品回収業者を利用すると、寿命が来たコピー機を自宅から直接回収してもらえます。大型のコピー機や複数の機器を一度に処分したい場合に便利です。

不用品回収業者は、指定した日時に自宅まで来て、機器を回収してくれます。サービスを利用する際には、回収費用や処分方法について事前に確認することが大切です。

信頼できる業者を選ぶことで、適切な処理が保証され、環境への配慮も期待できます。

不法な処分を行う悪質な業者も存在するため、業者選びには事前のリサーチが重要ですよ。

業務用は産業廃棄物業者へ依頼する

業務用の大型コピー機や複数台の処分を検討している場合は、産業廃棄物業者に依頼しましょう。産業廃棄物業者は、大量の廃棄物や特殊な廃棄物の処理に対応しており、法規制に基づいた適切な処分を行ってくれます。

業務用機器の処分には、環境保護や情報セキュリティの観点から、専門的な知識と経験が必要です。産業廃棄物業者を利用することで、企業の責任を果たしつつ、環境に優しい処分を実現できます。

サービスの利用にあたっては、業者の資格や実績、処分方法などを事前に確認し信頼できる業者を選ぶことが重要です。

寿命が来たコピー機を処分する際の注意点

寿命が来たコピー機を処分する際には、以下のポイントに注意しましょう。

  • 情報漏洩対策を行う
  • 各自治体のルールに従う
  • 違法な回収業者に注意する

注意点を守ることで、安全かつ責任ある方法でコピー機を処分することが可能です。それぞれ詳しく解説します。

情報漏洩対策を行う

コピー機や複合機には、使用履歴やスキャンした文書が内部メモリに保存されている場合があります。そのため、処分する前に情報を完全に消去することが非常に重要です。

情報漏洩を防ぐためには、メーカーの指示に従って工場設定にリセットする、または専門業者にデータ消去を依頼するなどの対策が必要です。個人情報や機密情報が外部に漏れることを防ぐためにも、情報消去は慎重に行いましょう。

各自治体のルールに従う

コピー機の処分には、各地域の自治体が定めるルールや規制が適用されます。粗大ゴミとしての処分手続きが必要な場合や、特定のリサイクル施設への持ち込みが求められる場合もあります。

適切な処分方法を確認するためには、事前に地元の自治体に問い合わせることが重要です。地域によっては、家電リサイクル法に基づく回収・リサイクルシステムが整備されている場合もあります。

違法な回収業者に注意する

コピー機を処分する際には、信頼できる回収業者を選ぶことが重要です。中には、不法な処分方法をとる悪質な回収業者も存在するため、業者選びには十分に注意しましょう。

適切な許可を持つ業者を選び、処分費用や処理方法について明確な説明を受けることが大切です。信頼できる業者であれば、処分に関する法規制を遵守し、環境に配慮した適切な処理を行ってくれます。

寿命が来たコピー機の処分は片付け侍へ

寿命を迎えたコピー機の処分に頭を悩ませているなら、片付け侍のサービス利用をご検討ください。片付け侍は、不要になった家電製品やオフィス機器の回収・処分を専門とするサービスで、迅速かつ適切な処理を提供しています。

寿命が来たコピー機を処分する際には、単に物理的な処分だけでなく、機密情報の保護や環境への配慮も行います。

寿命が来たコピー機の処分を検討している場合は、ぜひ片付け侍のサービスをご利用ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK