実家がゴミ屋敷・汚部屋でストレス!親の説得のコツと片付けの費用を解説

No Image

実家がゴミ屋敷や汚部屋になってしまい、家に帰りたくないと感じる人は少なくありません。

特に、高齢の親がいる場合には、「もったいない」という価値観やセルフネグレクトが原因で、自宅がゴミ屋敷化してしまうことがあります。

この記事では、そんな実家のゴミ屋敷化に直面している人が、どのようにして親を説得し、片付けのための費用をどのように見積もり、計画的に進めるべきかについての実用的なノウハウを提供します。

将来の相続や遺品整理の問題への備えの参考として、最後までご覧ください。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ゴミ屋敷の現状と高齢者との関係

近年、社会問題となっているゴミ屋敷。実家がゴミ屋敷になって悩んでいる方も少なくないでしょう。

厚生労働省の調査によると、65歳以上の高齢者が住むゴミ屋敷は全体の約3分の2

ここでは、ゴミ屋敷の現状と高齢者の関係について解説します。

ゴミ屋敷は全国に5,224件以上

日本中でゴミ屋敷の問題が深刻化しています。

環境省の最新の調査によると、国内の市区町村の約38%がゴミ屋敷の事例に対応していることが分かりました。

このデータは、最近5年間(平成30年度~令和4年度)の間に集められたもの。

この調査に基づき、日本全国では5,224件以上のゴミ屋敷があると推測されます。

参考:環境省環境再生・資源循環局「ごみ屋敷」に関する調査報告書(令和4年)

高齢者に多いセルフネグレクトがゴミ屋敷の原因になる

ゴミ屋敷が発生する主な原因の一つに、高齢者の間で見られるセルフネグレクトがあります。

セルフネグレクトとは、日常生活の基本的な世話や健康管理を自ら怠ること。

高齢者には、以下の要因でセルフネグレクトになることがあります。

  • 物忘れや判断力など認知力の低下
  • 年齢と共に体力や筋力が弱まること
  • 人との接触が少なくなることによる孤独感

これらの要因は、高齢者だけが住む実家がゴミ屋敷になりやすくなる状況を生み出しています。

体力や判断力が著しく鈍り片付けられない人もいる

体力や判断力の低下により自宅の片付けが難しくなっていることは、実家がゴミ屋敷になる原因の一つとなっています。

高齢になると、身体の機能が衰えることで日常生活の維持が困難になります。

掃除や整理整頓がおろそかになりがちで、最終的にはゴミ屋敷化する場合があるのです。

このような状況に対処するためには、行政や民間業者、家族や近隣住民など外部からの支援が欠かせません。

昭和の初期~中期の「もったいない価値観」

昭和時代の初期から中期にかけての「もったいない」という価値観は、今日のゴミ屋敷問題に影響を及ぼしています。

戦時中や戦後の物資不足を経験した世代にとって、物を大切にし、無駄遣いを避ける「もったいない」精神は生活の基本でした。

物がない時代を生きた人々は、何でもかんでも「もったいない」と感じる傾向があるのです。

高齢者には、以下のような思考パターンが見られることがあります。

  • 使用可能であれば、どんな物も捨てられない
  • 物には思い出が込められていると感じ、手放せない
  • 物を捨てることに罪悪感を抱く

物を捨てられない状態が続くと、結果的に実家がゴミ屋敷になりやすくなるのです。

実家のゴミ屋敷を片付ける方法

長年住み続けた実家が、いつの間にかゴミ屋敷になってしまうケースは少なくありません。

ゴミ屋敷は衛生面や健康面だけでなく、火災などのリスクも高いため早急な対応が必要です。

ここでは、実家のゴミ屋敷を片付ける方法について、以下の2つの方法をご紹介します。

ゴミ屋敷片付け業者・不用品回収に依頼する

実家がゴミ屋敷になってしまい、片付けに頭を悩ませている方々に向けた解決策の一つは、ゴミ屋敷片付け業者や不用品回収サービスを利用すること。

業者を利用することのメリット

  • 専門のスタッフが対応するためスピーディー
  • 粗大ゴミの処理や分別などの手続きが簡便
  • 重い物や高所作業も安全に作業が進められる

大量のゴミや粗大ゴミがある場合、自分で行うと時間がかかりますが、プロに任せることで短時間で完了させることができます。

とはいえ、ゴミの量や作業内容によっては、費用が高額になる場合もありますので、事前にしっかりと見積もりを取ることが大切です。

適切な業者を選び、事前に大切な物を確認することで、安心して片付けを任せられます。

自力で少しずつ片付ける

実家がゴミ屋敷化していると、家に帰りたくないと感じる人もいます。費用をかけずに自分で片付ける方法もあります。

自力で実家を片付けるコツ

  • 机や床の上など小さなところから始める
  • ゴミを種類ごとにきちんと分別する
  • 必要な物だけを残して大事なものは保管する
  • 家族や友達に手伝ってもらう

計画的に進めれば、ゴミ屋敷化した実家を快適な空間に戻せます。

ゴミ屋敷の実家を少しずつでも片付けられるなら、帰りたくないという気持ちを解消できるでしょう。

実家のゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときの費用相場

実家のゴミ屋敷の片付けを業者に依頼するときの費用相場は、以下の要素によって大きく変動します。

  • ゴミの量と種類
  • 作業場所の広さ
  • 作業内容
  • 業者の経験や実績

以下は、ゴミ屋敷片付け業者の費用相場の一例です。

ゴミの量作業時間費用
軽トラック1台分3時間3万円~5万円
軽トラック2台分6時間6万円~10万円
軽トラック3台分9時間9万円~15万円

1時間あたり1万円~1万5千円程度の清掃費用や、1畳あたり500円~1千円程度の消毒費用をオプションとして請求する業者もいます。

実家のゴミ屋敷の片付けを業者に依頼する際には、複数の業者から見積もりを取り、費用やサービス内容を比較検討することが重要です。

ゴミ屋敷の実家を片付ける前に親を説得する

ゴミ屋敷化した実家を片付けたいと思っても、親が抵抗する場合は説得が必要です。

ここでは、親を責め立てることなく、気持ちよく協力してもらうためのコミュニケーション術をご紹介します。

コミュニケーションを大事に責め立てることをしない

適切なコミュニケーションがあれば、実家のゴミ屋敷問題の解決に向けて一緒に取り組めます。

親を説得する際のポイント

  • 耳を傾け、共感を示す
  • 非難せず、前向きに話す
  • メリットを明確にする
  • 親自身に考えてもらう
  • 小さな1歩から始める
  • 専門家の助けを借りる

親を説得するには時間がかかることもあります。

一度の会話で結果が出なくても、根気強くコミュニケーションを取り続けましょう。

実家のゴミ屋敷片付けが終わった後も、定期的に親とのコミュニケーションを続けることで、良好な関係を保てます。

防災・避難経路確保のために必要と伝える

災害時に備えて、実家のゴミ屋敷を片付けることは、家族全員の安全を守るためにとても重要です。

親に避難経路の確保と防災の必要性を伝えましょう。

安全な避難経路の確保が大切であることを強調しよう

消防署や地方自治体が提供する防災情報を共有し、専門家の意見を引き合いに出すことで、客観性をもたせるのも良い方法です。

どこから手をつけ、どのように進めるかの計画を提案しましょう。自分がどうサポートできるかも具体的に話し、親の負担感を軽減できます。

ゴミ屋敷で暮らすことの健康とケガのリスクを伝える

ゴミ屋敷の状態で生活すると、健康や安全に多くのリスクが伴います。

ゴミ屋敷特有のリスクを軽減するためにも、実家の片付けが重要


ゴミ屋敷では、ダニやカビが原因でアレルギーや呼吸器系の疾患が発生しやすくなります。

また、不衛生な環境は食中毒や感染症のリスクを高めます。

ゴミが床に散乱していると、転倒やケガの原因になります。高齢の親の場合、小さな転倒が大きな怪我につながることもあります。

ゴミ屋敷のリスクを伝える場合は、親を心配しているという気持ちが伝わるようにしましょう。

親の生活に干渉しない自分の部屋や廊下などから片付ける

実家がゴミ屋敷状態になってしまっても、親の生活に配慮しながら少しずつ改善していくことが大切です。

親の生活に干渉せずに進める片付けのポイント

  • 親の気持ちを尊重する
  • 自分のスペースから始める
  • 思い出の品の整理は共に行う
  • 親のペースを大事にする
  • 協力への感謝を忘れずに
  • 必要なら専門家にサポートしてもらう

実家のゴミ屋敷化は、親にとっては長年の生活の積み重ね。

中には、大切な思い出や価値ある物も多く含まれています。

親を説得し、状況を改善するには時間がかかることもある


一度でうまくいかなくても、諦めずにコミュニケーションを続け、少しずつ進めていきましょう。

実家をゴミ屋敷を放置するリスク

実家をゴミ屋敷状態のまま放置することは、住んでいる親だけでなく、家族や近隣住民にも様々なリスクをもたらします。

ここでは、ゴミ屋敷を放置する具体的なリスクについて、5つのポイントにまとめました。

  • 病気やケガ
  • 自然災害・火災
  • 精神の不健康
  • 近隣トラブル
  • 遺品整理と相続が大変

ゴミ屋敷のリスクを現実的評価することで、実家を片付けるためのモチベーションが高まるでしょう。

病気やケガ

実家がゴミ屋敷の状態になっていると、そこに住む人の健康にさまざまな悪影響があることが知られています。

  • ダニやカビによるアレルギー
  • 転倒することによる骨折
  • 精神的なストレスによる免疫低下
  • 孤独感によるうつ病リスクの増大

ゴミ屋敷を片付け、定期的に掃除を行うことが重要です。

自分では難しい場合は、専門の業者に相談するのも一つの手段です。

家族や周囲の人とのコミュニケーションを大切にし、必要なサポートを受けられるようにしましょう。

自然災害・火災

ゴミ屋敷の実家を放置することは、自然災害や火災のリスクを高めます。

周囲の人々にも大きな危険をもたらすため注意が必要

台風や地震時、ゴミが倒壊や土砂災害を引き起こすことがあります。

また、ゴミ屋敷は火災発生のリスクが高く、一度火がつくと鎮火が困難になる危険もあります。

自然災害や火災のリスクは、個人だけでなく周囲の人々にも大きな影響を与えます。

ゴミ屋敷を放置しないよう、適切な対応と予防策を講じることが重要です。

精神の不健康

実家のゴミ屋敷化を放置すると、親のメンタルにも悪影響が出ます。

ゴミ屋敷が心に及ぼす影響

  • ゴミに囲まれた環境は常にストレスになる
  • 自己嫌悪の気持ちが強くなり孤立する
  • 継続するストレスによりうつ状態になる
  • 思考や記憶が曖昧になり認知力が低下する

実家のゴミ屋敷状態を改善することで、心の健康も回復します。困ったときは専門家の助けを求めることが大切。

ゴミ屋敷を放置せず、早めの行動を心がけましょう。

近隣トラブル

ゴミ屋敷になった実家は、近隣住民にも様々な問題を引き起こします。

近隣トラブルには以下のようなものがあります。

  • ゴミが発生する悪臭が不快感を与える
  • 害虫が周囲にも広がり苦情が出る
  • 周辺の景観を大きく損ねる
  • 火災リスクが大きくなる
  • 周辺地域の不動産価値が下がる

実家のゴミ屋敷化による近隣トラブルは、住人だけでなく地域全体での対応が必要です。

解決には、住人、行政、そして地域住民が協力し合うことが大切になります。

遺品整理と相続が大変

実家がゴミ屋敷になると、遺品整理と相続が大変になります。

ゴミ屋敷化した実家の遺品整理には想像以上の時間と体力が必要


遺産分割や相続税の申告など、複雑な手続きなどが必要になる中で、必要な書類や遺品を見つけられない場合もあります。

期限内に遺産分割協議を進めるためには、ゴミ屋敷専門の片付け業者や遺品整理業者など、専門知識を持つ業者の手助けを得る必要があるかもしれません。

実家がゴミ屋敷・汚部屋なら片付け侍に相談を

実家がゴミ屋敷や汚部屋となり、帰りたくないと感じる人は少なくありません。

高齢になると様々な原因で自力での片付けや清掃が難しくなることがあります。

また、子供にとっても実家に帰ってゴミ屋敷を片付けるのは大変です。

そんな時便利なのが、ゴミ屋敷片付け専門業者


片付け侍は365日受付、最短30分での訪問見積もりなどスピーディーな対応に定評あり。

幅広い対応力を持ち合わせているため、実家のゴミ屋敷問題を解決するのに最適です。

経験豊富なスタッフや女性スタッフも在籍しており、事前見積もりや追加料金なし、キャンセル料無料です。

ゴミ屋敷清掃、粗大ゴミ・家電回収、遺品整理・生前整理など、あらゆるニーズに対応しています。

まずは無料相談から、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK