ゴミ屋敷はゴキブリが大量発生!その数1000匹?今すぐ片付けと駆除を!

No Image

ゴミ屋敷が抱える最大の悩みはゴキブリの大量発生です。

想像を絶するその数、時には1000匹を超えるとも言われ、一刻の猶予も許されない緊急の課題となります。

湿度が高く、食べ物の残骸があふれる環境は、ゴキブリにとって絶好の繁殖地となります。

健康被害はもちろん、近隣住民とのトラブルや財産へのダメージなど、放置することで生じるデメリットは計り知れません。

そこで、この記事ではゴミ屋敷のゴキブリ問題に真っ向から取り組み、片付けと駆除を通じて清潔で安全な生活空間を取り戻すための具体的な解決策を紹介します。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ゴミ屋敷のゴキブリの数は多いときで1000匹以上!

ゴミ屋敷には驚くほど多くのゴキブリがいることがあり、その数は1000匹を超えることも。

ゴキブリは、人のフケや皮脂を含む様々なものを食べるので、ゴミ屋敷は食料が絶えない場所です。

しかし、ゴキブリは病気を運ぶこともあるため、放っておくと健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

さらに、ゴキブリの死骸や糞は、アレルギーの原因にもなり得ます。

ゴミ屋敷はゴキブリだけでなく、他の害虫や害獣が住み着く可能性もあるため、健康的で快適な生活環境を守るためには、早急に片付けと適切な管理が必要です。

ゴミ屋敷はゴキブリが大量発生している可能性大!

ゴミ屋敷はゴキブリにとって理想的な環境であり、大量発生する可能性が非常に高いです。

その理由を、侵入経路と生息場所、エサ、湿気の観点から詳しく説明します。

侵入経路と生息場所がたくさんある

ゴミ屋敷は、ゴキブリにとって夢のような場所です。

なぜなら、入る場所も隠れる場所もたくさんあるからです。

ゴミ屋敷でゴキブリが入りやすい場所

  • 窓やドアのすき間(特に古い家は注意が必要)
  • 蓋がない、汚れている排水口
  • 汚れている換気扇のフィルター
  • エアコンのダクト
  • 古い家の壁や床の穴

ゴミ屋敷でゴキブリが好きな隠れ場所

  • 湿気と暗さがある段ボールや古紙
  • 人目につかない家具の裏
  • 温かく埃がたまりやすい冷蔵庫や電子レンジの裏
  • 水漏れや食べかすがある流し台の下
  • 湿った配水管周辺

ゴキブリは水がないと生きられません。ゴミ屋敷には水場が多く、生活に適しています。

ゴキブリは暖かい場所を好むため、ゴミ屋敷の密閉された暖かい空間は理想的な生活場所と言えるのです。

生ごみなどのエサが豊富にある

ゴキブリは驚くほど適応力が高く、ほぼ全てを食べることができる生物です。

雑食性のおかげで、ゴミ屋敷はゴキブリにとってまさに食料天国となります。通常は食料とは考えられないものまで餌となるからです。

ゴミ屋敷でゴキブリが餌にできるもの

  • 生ごみと食べかす
  • ペットフード
  • 紙類と布類
  • 動物の死骸

ゴミ屋敷におけるエサの豊富さは、ゴキブリが繁殖しやすく、長期間生き延びられる主要な理由の一つです。

しかし、ゴキブリが病原菌を運ぶ可能性があるため、人間にとっては健康リスクとなり得ます。

このため、ゴミ屋敷の掃除とゴキブリの駆除は、人々の健康を守るためにも重要な措置と言えるでしょう。

ゴキブリが湿気が多い場所で活動と繁殖が活発になる

ゴキブリは、湿気が多い場所で活動と繁殖が活発になります。

湿気がゴキブリの生存に必要な水分を提供する


ゴミ屋敷は、以下のような理由で水分が多い場所となります。

  • 水漏れがあるので常に新鮮な水が供給される
  • 結露により水分が豊富
  • 室内での洗濯物による湿気
  • 生ゴミが腐敗することから水分が出る
  • 換気が悪いと湿気が逃げない

湿気が多い条件が揃うと、ゴミ屋敷はゴキブリにとって最適な生活環境になります。

湿気が多い状況は、ゴキブリの数が急速に増加する原因ともなります。

ゴミ屋敷の片付けには湿気対策が重要と言えるでしょう。

ゴミ屋敷のゴキブリを放置するデメリット

ゴミ屋敷のゴキブリを放置すると、様々なデメリットがあります。

ここでは、4つのデメリットを解説します。

健康被害

ゴミ屋敷に発生するゴキブリは、食中毒や下痢、皮膚炎などの原因となる病原菌や寄生虫を媒介します。

子供や高齢者、免疫力の弱い人は重症化するリスクが高くなります。

ゴキブリが持つ病原菌

ゴキブリが運ぶ代表的な病原菌には以下のようなものがあります。

  • サルモネラ菌:食中毒を引き起こす主な原因
  • 大腸菌:下痢や腹痛を引き起こす
  • 赤痢菌:赤痢を引き起こす原因
  • チフス菌:チフス発症の原因菌
  • ピロリ菌:胃潰瘍や十二指腸潰瘍の発症に関与
  • レジオネラ菌:レジオネラ症を引き起こす菌

湿度が高く、食べ物の残骸が豊富にある環境は、ゴキブリを倍増させ病原体が家庭内で広がるリスクを高めるリスクがあります。

建築物環境衛生管理基準に病原微生物を媒介する虫と指定

建物衛生法には、建物の中の環境を健康で快適に保つためのルールがあります。

  • 空気がきれいであること
  • 水周りの管理がしっかりしていること
  • 定期的な清掃が行われていること
  • ゴキブリやネズミといった害虫や害獣がいないこと

ゴキブリなどの害虫や害獣の防止と駆除は、とても重要です。

これには、定期的にチェックを行い、必要に応じて予防策を施し、適切な方法で害虫を駆除することが求められます。

ルールに従わない場合、すぐに罰金が科されるわけではありませんが、健康を害する恐れがある場合には、地方自治体から改善を求められたり、最悪の場合は建物の使用が停止されることもあります。

参考:厚生労働省 建築物環境衛生管理基準について

漏電や火災の原因になる

ゴキブリは意外にも、漏電や火災のリスクを高める原因の一つです。

特に、家電製品のコードを好んでかじる行動が問題となります。

この習性により、漏電や火災が起こる可能性があります。ゴキブリは水分を好むため、コードの被覆から水分を得ようとします。

古いコードは、ゴキブリの餌になることがあるので注意が必要です。

ゴキブリがコードをかじると、感電や火災につながる可能性があるので注意しましょう。

隣人・近所とトラブルに

ゴキブリがゴミ屋敷から隣家や近所に移動することで、近隣とのトラブルが起こる可能性があります。

ゴキブリの問題は、単に不快なだけでなく、健康や生活にも影響を及ぼすことが多いです。

ゴキブリは特有の臭いがあるので近隣からの苦情が出る可能性がある


また、ゴキブリの存在自体が苦手な人も多く、生活の質を下げます。

ゴキブリの発生源や駆除費用を巡り、住民間で意見が分かれることがあります。

ゴミ屋敷の ゴキブリ被害は個人の努力だけでは解決が難しい場合があります。近隣住民や行政と協力し、問題解決に向けて話し合うことが必要です。

所持品が破損・劣化する

ゴキブリは、衣類や書籍、家具などの所持品を破損や劣化させることがあります。

ゴキブリは雑食性なので、多様な素材を食害します。

汗や皮脂がついた衣類、紙の書籍、木製や布製の家具は、ゴキブリにとって魅力的なターゲットになり得ます。

大切な所持品が破損したり劣化したりすることは、精神的なストレスやダメージにつながることがあるので注意が必要です。

ゴキブリによる被害は多岐にわたり、健康や財産、さらには人間関係にも悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、ゴキブリの発見時には迅速に対処し、被害の拡大を防ぐように努力しましょう。

ゴミ屋敷片付けとゴキブリ駆除は業者なら即日解決できる

ゴミ屋敷の掃除とゴキブリの退治は、早急に対応する必要があります。

ここでは、ゴミ屋敷専門業者にゴキブリ駆除を頼むことのメリットを解説します。

専門業者に任せるメリット

  • 即日対応など迅速に作業してくれる
  • プロならではの徹底した掃除技術
  • ゴキブリを根絶やしにする徹底駆除
  • 安全な薬剤を使用する
  • 時間もお金も節約できることが多い

ゴミ屋敷の片付けやゴキブリ退治の経験が豊富な業者を選定しましょう。

どんな掃除や退治方法を使うのか、サービス後のフォローはあるのかをチェックすることが大切です。

ゴミ屋敷の片付けとゴキブリの問題は、自分一人で解決するのは難しく、時間もかかります。

しかし、専門の業者に依頼することで、早く、安全に解決することが多いです。

業者によるゴミ屋敷片付け・ゴキブリ駆除の流れ

ゴキブリは病原菌や寄生虫を媒介する可能性があり、健康被害を引き起こす恐れがあるため、早急な対応が必要です。

迅速にゴミ屋敷を片付けたいなら専門業者を利用しよう


ここでは、業者によるゴミ屋敷片付けとゴキブリ駆除の流れを詳しく解説します。

ゴミの撤去と片付け

ゴミ屋敷は、ただ片付けるだけではなく、ゴキブリのような害虫が大量発生する場所です。

ゴミと共に害虫も撤去し、清潔な空間を取り戻すためには以下のステップが必要です。

  • ゴミを種類ごとに分けて搬出する
  • ゴミを取り除いた後に部屋を徹底的に清掃する
  • ゴキブリが潜んでいそうな場所を消毒

ゴミ屋敷の片付けとゴキブリ駆除にかかる費用は、ゴミの量や作業範囲によって変わります。

通常は数万円から、場合によっては数十万円かかることもあります。

掃除・消毒

ゴミ屋敷の片付けとゴキブリ駆除には、徹底した掃除と消毒が欠かせません。

ゴミ屋敷掃除のポイント

  • 天井から床、排水口まで入念に掃除
  • ゴキブリの死骸や糞を取り除く
  • 掃除道具を消毒しておく

ゴキブリの成虫だけでなく、卵や幼虫も対象にして消毒しますゴキブリが生息していた場所の殺菌を行うことで、不快な臭いも解消します。

殺虫剤や消毒剤を利用する時は安全面に留意してください。ゴミ屋敷の掃除や消毒が困難な場合は、プロの手を借りることが賢明です。

ゴキブリの卵の駆除

ゴミ屋敷にあるゴキブリの卵は小さくても、放っておくと大きな問題になります。

一つの卵鞘から30~40匹のゴキブリが生まれることもあるため、見つけ次第、速やかに駆除することが重要です。

ゴム手袋をはめ、ティッシュで包んで潰すか、ハンマーで叩き割る方法があります。

この際、ゴキブリの卵から病原菌が広がらないよう注意してください。

60度以上の熱湯でゴキブリの卵を殺虫できる


掃除機で吸い取った後は、掃除機の中をすぐにキレイにしましょう。

ゴキブリの卵が孵化しないように、掃除機袋は速やかに処分します。

卵に効果があるスプレータイプの駆除剤や、燻煙剤を使用して徹底的に駆除しましょう。

ゴキブリの侵入経路を塞ぐ

ゴミ屋敷に生息するゴキブリはとても小さく、ほんのわずかな隙間からも侵入できます。

自宅をゴキブリから守るためには、入り込む可能性のある経路をしっかりと塞ぐことが大切です。

主な侵入経路と対策

  • 玄関ドアの下部のすき間にテープを貼る
  • 窓や網戸のすき間・破れをふさぐ
  • 排水口には防虫ネットを設置する
  • 換気口は定期的に清掃する
  • エアコンのホース周りのすき間をパテで埋める

ゴキブリは非常に小さいため、見落としがちな隙間にも注意が必要です。

使用した隙間テープやパテは経年劣化することがあるため、定期的にチェックし、必要に応じて補修を行いましょう。

ゴキブリを大量発生させない予防策

ゴキブリはゴミ屋敷の不快害虫として知られており、衛生面でも問題となる存在です。

ゴキブリを大量発生させないためには、日々の予防策が重要です。

ここでは、ゴミ屋敷でのゴキブリ発生を抑えるための4つのポイントを紹介します。

玄関や窓を開けっぱなしにしない

ゴミ屋敷においてゴキブリの侵入を防ぐためには、玄関や窓を開けっ放しにしないことが重要です。

夜間はゴキブリが最も活動的になるため、就寝前には必ず入口を閉じるようにしましょう。

また、網戸の破れや隙間をチェックし、問題があれば直ちに対処してください。

玄関や窓だけでなく、壁や床の隙間にも注意が必要


大きな隙間にはコーキング剤を、小さな隙間にはパテを使用して塞ぎます。

ゴキブリホイホイや、ブラックキャップなどの侵入防止グッズもゴキブリ対策には有効です。

日々の習慣としてこれらの対策を行い、ゴキブリのない快適な生活環境を維持しましょう。

部屋の換気をする

ゴキブリは湿度の高いゴミ屋敷を好みます。

そのため、部屋を定期的に換気し、湿度を管理することはゴキブリ対策において非常に重要なポイントです。

水回りのあるキッチンや浴室は、ゴキブリが好む環境を作り出しやすいため重点的に対策しましょう。

ゴミ屋敷を換気するコツ

  • 対角線上に窓を開ける
  • 強力な換気扇を短時間使用する
  • エアコンの除湿機能を利用する
  • 雨の日は換気扇のみを利用する

換気扇のカバーやフィルターに溜まった汚れは、ゴキブリが好む脂分や食物の残骸を含むことが多いです。

定期的に掃除して、ゴキブリの餌場をなくしましょう。

部屋の適切な換気と湿度管理は、ゴキブリだけでなくカビやダニの発生も抑制し、健康的な居住環境を維持するために重要です。

日々の生活習慣に換気を取り入れ、ゴキブリの侵入を未然に防ぎましょう。

植物の周辺をキレイにする

植物の周辺は、ゴキブリが潜む隠れ場所になりがちです。

しかし、ゴミ屋敷を適切に管理することで、ゴキブリが寄りつかない環境を造れます。

植物周辺の清掃を心がける

  • 枯れ葉や余分な土の除去
  • 鉢の水はけ確認
  • 砂利や軽石を使う

ゴキブリが嫌う植物を利用するのも有効。ミントやラベンダーなどのハーブ類、ネギやニラ、ラッキョウもゴキブリが避ける植物です。

植物の周辺を清潔に保つことと、ゴキブリが嫌がる植物を選ぶことは、自然なゴキブリ対策として効果的です。

ゴキブリを寄せ付けない快適な生活空間を作るためにも、これらのポイントを生活に取り入れてみてください。

ダンボールは置きっぱなしにしない

ゴミ屋敷に散乱するダンボールは、ゴキブリにとって理想的な住処。適切な管理を心がけることで、ゴキブリの侵入や繁殖を防げます。

ダンボールの適切な処理

  • 不要な段ボールは早めにリサイクル
  • 保管する場合は湿気を避けて風通しの良い場所に
  • 台や棚に載せて床から離して保管する
  • 二重構造などしっかりした段ボールを選ぶ
  • すき間はテープでしっかり密閉する

ダンボールを適切に管理することは、ゴキブリ予防の基本の一つです。

使用しないダンボールは速やかに処分し、必要なものは適切に保管することで、ゴキブリのリスクを減らしましょう。

ゴミ屋敷でも自分で今すぐできるゴキブリ駆除方法

ゴキブリ駆除は専門業者に頼まなくても、自分で行えます。

ここでは、ゴミ屋敷でも今すぐできるゴキブリ駆除方法をいくつかご紹介します。

部屋の温度を15度以下にする(冬)

ゴキブリ対策として部屋の温度を15度以下に保つ方法を紹介します。

ゴキブリは寒さに弱いため、部屋の温度の調整が効果的な駆除方法になります。

暖房を下げる方法

  • 暖房器具の使用を控える
  • 窓を開けて換気する
  • 扇風機やサーキュレーターを使用する
  • 保冷剤で局所的に冷やす

人やペットの健康を守るため、温度が低すぎないよう注意しましょう。

室内の温度が下がると結露が発生しやすくなるため対策が必要です。

室温を正確に知るために温度計を利用しよう

駆除剤を設置する

ゴミ屋敷のゴキブリを効率的に駆除するための駆除剤にはいくつかの種類があります。

これらを上手に使うことで、ゴキブリの問題を解決できます。

ゴキブリ駆除剤の種類

  • 粘着シート(ゴキブリホイホイ):粘着力でゴキブリを捕らえる
  • 餌型駆除剤(ゴキブリキャップ):餌を食べて巣に戻ることで、巣ごと駆除できる
  • 複合型(ブラックキャップ):捕獲と餌毒の両方の効果がある
  • 煙タイプ(バルサン):煙で部屋中のゴキブリを一掃する

これらをゴキブリの出没しやすい場所に設置しましょう。

台所や洗面所、浴室、玄関、寝室などがおすすめです。

駆除剤の使用は、ゴキブリ問題を解決するための有効な手段ですが、誤った使い方は避け、常に安全に配慮しながら使用してください。

殺虫スプレーで退治する

ゴミ屋敷でゴキブリを見つけた際には、殺虫スプレーを使って直接退治する方法があります。

ゴキブリの出没が多い場所や巣と思われる箇所、侵入経路に使用します。

ゴキブリを目撃した時や、夜間、ゴキブリが活動的な時期に使うのが効果的です。

人体にも影響があるため、使用時は部屋の換気を行います。

薬剤が皮膚や呼吸器に直接触れないよう、マスクや手袋を着用しよう


食品や食器に薬剤がかからないように気をつけます。

殺虫スプレーを触った後は、必ず手を洗う必要があります。

ゴキブリが薬剤に耐性を持つ場合があるので、効果が見られない時は異なるタイプのスプレーを試してみましょう。

燻煙剤を使う

燻煙剤を用いたゴミ屋敷のゴキブリ駆除は、部屋全体を煙で充満させることで、即効性と広範囲にわたる駆除効果を発揮します。

水を使用しないタイプは煙が少なめ、水を使用するタイプは多量の煙で広範囲をカバーします。

ゴミ屋敷では、隠れ場所が多く燻煙剤が効きにくい場合があります。

事前の清掃や複数の燻煙剤の使用、そして燻煙後の徹底した清掃が重要です。

自力での駆除が難しい場合は、専門の業者に依頼するのも一つの手。プロの技術で効果的な駆除が期待できます。

ゴミ屋敷の片付けとゴキブリ駆除は片付け侍へ

ゴミ屋敷にはゴキブリが大量発生することがあり、その数は時に1000匹を超えることも。

高湿度と豊富な食料がゴキブリの繁殖に最適な条件となります。

ゴキブリによる不愉快なトラブルを回避するため、専門業者による迅速な片付けと駆除が重要です。

片付け侍では、ゴミ屋敷の状況に応じた丁寧な対応が特徴


片付け侍は対応力抜群の専門業者。1点から大量不用品までの回収、粗大ゴミや家電の回収、さらに遺品整理や生前整理、ゴミ屋敷清掃など、幅広いニーズに対応しています。

見積もりや相談は無料なので、ゴミ屋敷の片付けやゴキブリ駆除でお悩みなら、片付け侍への相談をおすすめします。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK