物を捨てたい心理と病の関係とは?捨てたくなる・片付けすぎるのは病気?

物を捨てたい心理は、単なる片付けの延長ではありません。片付けすぎる行動の背後には、深い心理的な意味が存在することがあります。

心理と病の密接な関係を理解することは大切


「物を捨てたい」という思いが過度になると、強迫性障害や断捨離依存症、うつ病などの精神的な問題のサインにつながる可能性もあります。

本記事では、物を捨てたくなる心理とその病的な背景、健康的な断捨離の方法を掘り下げていきます。

自身や周囲の人々の心理を理解し、適切なケアをする手助けとなることを願っています。

すぐに片付けるなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

物を捨てたいと思う心理とは

物を捨てたい病とも言える心理は、多くの人が経験する現象であり、その背後には様々な心理的な要因が存在します。

主な要因として、以下の5つが挙げられます。

  • ストレス状態から開放されたい
  • 人生を変えたいと思う
  • 過去を忘れたい
  • 身の回りに物を置きたくない
  • 価値観の顕著な変化があった

これらの要因は、物を捨てたくなる病気や心理状態に深く関わっています。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

ストレス状態から開放されたい

不必要な物が絶えず目に入ると、心に負担がかかります。

物を捨てることで部屋をすっきりさせることができ、脳の疲れも軽くなります。

目に入る余計なものが脳にストレスを与える


選択を行い、不要な物を手放すことで、自分自身の決断力を養い、達成感を感じることもできます。

このプロセスでドーパミンのような快感を感じる物質が分泌され、気分が上向きになりストレス解消になるのです。

物を捨てたい心理の背後には、単に「片付けたい」からではなく、「ストレスから解放され心地よい空間と心の状態を手に入れたい」という願望がある場合が少なくないのです。

人生を変えたいと思う

物を捨てたくなる心理には、「人生を変えたい」という気持ちが強く関係しています。

物を手放すことは、自分の過去に対する執着を解放し、新しいスタートを切るための象徴的な行動と言えるでしょう。

不必要な物を整理することで、時間、お金、そしてエネルギーを節約し、新たな挑戦に活用する余地ができます。

さらに、物理的なスペースだけでなく、心理的な負担も軽減され、より自由に人生の新しい目標や夢に向かって進むことが可能になります。

物を捨てたいという心理は、新しい人生への扉を開くためのカギとなるのです。

過去を忘れたい

物を捨てたくなる心理の中で、「過去を忘れたい」という思いは強力な動機の一つです。

物には様々な思い出が込められており、その中にはネガティブな経験やトラウマに繋がるものも含まれます。

これらを処分することは、自分自身を過去の束縛から解放し、新しい未来への一歩を踏み出すための大切な行動と言えます。

思い出の品を手放すことで、心の重荷が軽くなり、前向きに未来を見据える気持ちが育まれます。

断捨離は、より良い未来に向かって進むために必要な心理的な効果が高いものとなるでしょう。

身の回りに物を置きたくない

物を捨てたい心理の一つに、身の回りをシンプルに保ちたいという願望があります。

ミニマリスト的な生活は、必要な物を最小限に絞り込むことによって、生活空間を整理整頓しやすくするだけでなく、日々の家事の負担を軽くします。

ミニマリストとは、必要最低限の物で生活する人のこと


物を減らすことにより、時間や労力を価値ある活動に充てることができるようになるのです。

「物」に価値を見出さず、より心理的な満足感を追求する生き方を追求するのです。

ミニマリストの生活スタイルや心理から、身の回りの物を捨てたいという気持ちになることがあるのです。

価値観の顕著な変化があった

物を捨てたくなる心理には、自分の価値観が大きく変わったことも関係します。

人は年齢を重ねたり、新しい経験をすることで、物の見方や価値を見出す基準が変わります。

以前は大切にしていた物も、時間が経つにつれてその重要性を感じなくなることがあります。

不要になった物を整理することは、現在の自分の価値観に合った生活空間を作り出すために必要なステップと言えるでしょう。

物を捨てたいと思う心理は人によって様々です。

これらはすべて、自分自身と向き合い、自分にとって本当に大切なものは何かを見極め、より満足できる生活を目指すためのきっかけとなります。

物を捨てたいと強く思う気持ちと病の関係とは

物を捨てたいと強く思う気持ちは、様々な要因によって引き起こされます。

中には、病気が影響している可能性もあります。

以下では、物を捨てたい心理を引き起こす代表的な病気について説明します。

  • 強迫性障害の可能性がある
  • 物を捨てたいと常に思う断捨離依存症
  • 洗脳されてる・宗教的と思われてしまう
  • うつ病の可能性

物を捨てたくなる心理の背後にある病気を確認していきましょう。

強迫性障害の可能性がある

物を捨てたいという強い衝動を感じることは、強迫性障害(OCD)の症状の一つである可能性があります。

強迫性障害は、過度の不安や恐怖を引き起こし、特定の考えや行動を反復的に行う精神的な状態を指します。

物を捨てることに対して病的な衝動を感じる場合があります。

強迫性障害(OCD)の主な症状

  • 物を捨てられず、捨てると極度の不安を感じる
  • 物を捨てた後に罪悪感や強い後悔を抱くことがある
  • 捨てる前に、何度も物の確認をしてしまう
  • 物を捨てる際に、特定の儀式のような行動を取ることがある

物を捨てたいという心理が強迫性障害という病気から来ている場合、専門家による適切な診断と治療を受けることが重要です。

認知行動療法や抗うつ薬・抗不安薬などを利用することで改善が期待できます。

物を捨てたいと常に思う断捨離依存症

断捨離は、生活をシンプルにし、不要な物を整理することで心の余裕を持つという考え方に基づいています。

しかし、断捨離を極端に行い、常に物を捨てたくなる病的な状態に陥ることがあります。

このような状態を「断捨離依存症」と呼びます。

断捨離依存症は、物を捨てること自体に強い満足感や達成感を得るため心理的な依存状態に陥ります。

断捨離依存症の主な症状

  • 常に捨てられるものを探している
  • 物を捨てることで、快感や達成感を感じる
  • 物を捨てないと、不安や罪悪感に駆られる
  • 物を捨てることが生活の質を向上させると信じ込んでいる

断捨離依存症は、単なる片付けの延長ではなく、物を捨てたいという心理が過度になる依存症(病気)として扱う必要があります。

適切な治療やサポートを受けることで、健康的な生活習慣と心理状態を取り戻すことが可能です。

洗脳されている・宗教的と思われてしまう

物を捨てたいという強い気持ちが洗脳や宗教的な信念によって生じることもあります。

このような状況では、特定の集団や思想、価値観に強く影響され、所有物への執着を完全に手放すことが善だと信じ込まされている場合があります。

洗脳・宗教によって物を捨てたいと思う心理の特徴

  • 特定の集団や指導者に対して強い依存心を持っている
  • 物への執着は否定的なものとされ、捨てることが強く推奨される
  • 社会や周囲の人々との関係が希薄になり、独自の世界観に没頭している

洗脳や宗教的な影響によって物を捨てたいという心理(強迫観念)が生まれる場合、個人の精神的自由を奪われます。

適切な介入とサポートを通じて解消されなければなりません。

洗脳や宗教的影響による思考の歪みを解消するために、精神保健の専門家やカウンセラーによるサポートが有効です。

うつ病の可能性

うつ病は心の病として知られ、無気力や疲労感、悲観的な気分など、さまざまな症状が現れる病気です。

うつ病になると、日常生活における小さなタスクでさえも困難に感じるようになるため、判断力が欠如して必要なものまで捨ててしまうことがあります。

うつ病の主な症状

  • 長期にわたる悲しい気分や憂鬱
  • かつて楽しんでいた活動への興味や意欲の喪失
  • 集中力の低下、決断を下すことが難しくなる
  • 睡眠障害や食欲の変化、体重の増減
  • 自己嫌悪や死に対する考えが頻繁に起こる

物を捨てたいという心理が病的に感じる場合、うつ病の症状の一部である可能性があります。

うつ病は適切な治療を受けることで改善が見込める病気であり、早期の対応が重要です。

片付け・掃除しすぎるのは潔癖だけではない

片付けや掃除を過剰に行う行為は、潔癖症だけでなく、様々な要因によって引き起こされます。

以下では、物を捨てたい心理の背後にある病との関連性を解説します。

キレイ好きと潔癖症は違う

清潔を好むことには、キレイ好きと潔癖症という二つの側面がありますが、これらは同じように見えても、実際には大きく異なります。

キレイ好きな人は、整理整頓された環境や清潔な空間に満足感を感じます。

キレイ好きな人は、自分の好むレベルで物を捨てたり整理したりできるので、生活の質が高まります。

一方、潔癖症になると捨てたい心理は病的なものになります。

潔癖症は、汚れや菌に対する過剰な恐怖や不安が特徴


潔癖症の人は、常に汚染されているという感覚に苛まれ、これを取り除くために掃除や消毒を繰り返します。

病的な行動は日常生活に大きな支障をきたす可能性があります。

潔癖症の人は、自分の行動が過剰であると自覚していても、不安から逃れるために掃除を止めることができないことが多いです。

潔癖症は過剰な不安に駆られた行動であり、治療が必要な精神的な問題である場合があります。

強迫症が潜んでいる可能性も

掃除や片付けを過度に行う背景には、潔癖症だけでなく、強迫性障害(OCD)が潜んでいる可能性もあります。

強迫性障害は、不合理な不安や恐怖に基づく反復的な思考(強迫観念)と、これらの不安を軽減するための行動(強迫行為)に特徴付けられる精神疾患です。

掃除や片付けに対する過剰な病的執着は、以下のような症状を引き起こします。

  • 汚れや菌に対する過剰な恐怖感
  • 完璧な清潔さや整頓を求める強迫観念
  • 掃除や片付けに異常に多くの時間を費やす
  • 不安や恐怖を理性的にコントロールできない

強迫症の場合、認知行動療法(CBT)や抗うつ薬・抗不安薬により不安や恐怖の感情を軽減する必要があります。

片付けや掃除を行うこと自体は健全な生活習慣の一部ですが、それが過剰になり、日常生活に支障をきたすようであれば、専門家の助けを求めなければなりません。

過剰な掃除や片付けに苦しんでいる場合は、専門医やカウンセラーに相談しよう

正しい断捨離をして心理状態を改善しよう

断捨離は、不要な物を捨てたいと思うことで空間を整理し、心を解放する効果があります。

しかし、間違った方法で行うと、逆効果になることもあります。

ここでは、正しい断捨離のポイントと、心理状態への影響について詳しく解説します。

捨てることを目的とせず自分の基準で捨てる

重要なのは物を単に捨てることではなく、自分にとって何が本当に価値があるかを見極め、それによって心地よい生活空間を作り出すことです。

正しい断捨離によって物理的な空間だけではなく、精神的な余裕を作り出せる


捨てたい物を決める際には、過去の思い出や罪悪感ではなく、現在の自分の生活においてそれがどれだけ価値をもたらすかを基準にしましょう。

捨てたいか迷う物があれば、一時的に保管箱に入れておき、一定期間後に再評価することも一つの方法です。

時間をかけることで、本当にその物が必要かどうかを冷静に判断することができます。

正しい断捨離は、物を捨てることを目的とするのではなく、より良い生活を目指す手段として捉えることが大切です。

家族やパートナーなど自分以外の物を捨てない

正しく断捨離を行うためには、他人の気持ちや所有物に配慮することも欠かせません。

家族やパートナーと良好な関係を築きながら物を捨てたいなら、以下の点に注意を払ってください。

  • 家族やパートナーの物には手を出さない
  • 自分の所有しているもの以外の物品に関しては許可を得る
  • 共同で断捨離する場合は協力する
  • 相手の意見や感情を尊重して合意の上で進める

 一緒に断捨離を行う場合は、相手の気持ちを理解し合うためのコミュニケーションを大切にしましょう。

断捨離の価値観も押し付けないように注意

自分のやり方が最適だと感じても、それを他人に強要することは避けるべきです。

他人の断捨離方法に対してアドバイスをする場合は、相手がそれを望んでいるかどうかを先に確認しましょう。

無理強いせず、相手の意向を尊重する姿勢が大切。他人の意見や感情を尊重しながら断捨離することで、人間関係が良くなるようにしましょう。

捨てすぎて後悔して鬱になるときもある

断捨離を行う際、捨てたいと思う心理に流されて、やりすぎてしまうことがあります。

大切なものを誤って捨ててしまったり、後で必要だと感じるものを捨ててしまったりすることで、後悔で鬱になる可能性があります。

物を捨てたい心理状態の時には慎重な判断を


自分にとって価値のあるもの、思い出深いものは、捨てる前に十分に考える時間を持ってください。

急いで断捨離を行うと、後で後悔する原因になります。一度にたくさんの物を捨てるのではなく、段階を踏んで少しずつ進めることが重要です。

自分にとって本当に重要なものを見極めるのが、正しい断捨離と言えるでしょう。

捨てたいものが多ければ不用品回収業者の片付け侍まで

物を捨てたい心理は、単なる整理整頓の欲求を超えて病的になることがあります。

物を捨てたい行動が極端になり、日常生活に支障をきたす場合、強迫性障害や断捨離依存症、うつ病などの精神的な問題が背景にあるのかもしれません。

適切な断捨離を通じて心理状態のバランスを取り戻すことが大切


もし、不用品が多くなって断捨離が必要な場合は、信頼できる不用品回収業者「片付け侍」の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

片付け侍は、最短即日対応や24時間365日の受付体制。

無料見積もりサービスを提供し、粗大ゴミや家電回収、遺品整理など幅広いニーズに対応。分別の必要なしで、あらゆる物品の回収や整理を手伝ってくれます。

見積もりや相談は無料なので気軽に声をかけてみましょう。

すぐに片付けるなら下記から!

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK