ゴミ箱の捨て方!大きさ・素材で捨て方が変わる!無料で捨てる方法も解説

「ゴミ箱をどう捨てればいいの?」「ゴミ箱を処分する際の注意点は?」と悩んでいませんか?

ゴミ箱の捨て方はサイズや素材、自治体のルールによって異なります。処分方法によってかかる費用も異なるため、状況に合わせて処分方法を選択することが大切です。

本記事では、ゴミ箱のサイズや素材別の捨て方をまとめています。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・正しい捨て方
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ゴミ箱の捨て方の基本

ゴミ箱を捨てる際にはサイズや素材、そして住んでいる地域のルールを正確に理解することが非常に重要です。適切な処分方法を知ることで、環境に配慮した方法でゴミ箱を処分することが可能となり、地域の清潔さを保つことにも貢献します。

ここでは、ゴミ箱を捨てるにあたって知っておくべき基本事項をまとめます。

20・30・45リットルサイズごとに捨て方が異なる

ゴミ箱のサイズによって、捨て方は大きく異なります。たとえば、20リットル以下の小さなゴミ箱は通常の家庭ゴミとして処分できることが多いです。

一方で、30リットル以上の大きなゴミ箱は粗大ゴミとして扱われることが一般的です。サイズに基づく分類を理解することで、ゴミ箱を適切に処分することが可能になり、ゴミ処理の効率化にもつながります。

素材ごとに捨て方が異なる

ゴミ箱の素材によっても、捨て方は変わります。プラスチック製のゴミ箱は多くの場合、可燃ゴミとして処分できますが、金属やガラス製のゴミ箱は不燃ゴミとして扱われることも多いです。

素材に応じた正しい分別方法を知ることで、地域の環境保護にも貢献できます。また、ゴミ処理の効率化だけでなく、リサイクルの促進にもつながるでしょう。

ゴミ箱の基本的な処分方法6選

ゴミ箱を処分する際には、サイズや素材に応じて様々な方法があります。具体的な方法をまとめると以下のとおりです。

  • 粗大ゴミとして捨てる
  • 不燃性のゴミ箱は不燃ゴミで捨てる
  • 木製のゴミ箱は可燃ゴミとして捨てる
  • 不用品回収業者に引き取りしてもらう
  • フリマアプリかオークションサイトで売却
  • リサイクルショップに買取してもらう

それぞれ詳しく解説します。

粗大ゴミとして捨てる

30リットル以上の大きなサイズのゴミ箱は、多くの自治体で粗大ゴミとして扱われます。粗大ゴミとして処分する際には事前に自治体への申し込みが必要な場合が多く、処分には少額の手数料がかかることが一般的です。

ただし、大きなゴミ箱を手軽に処分できる一方で、処分日まで自宅で保管するスペースが必要です。また、自治体によっては指定の場所に持ち込む必要があるため、手間と時間を考慮して選ぶ必要があります。

不燃性のゴミ箱は不燃ゴミで捨てる

金属やガラスなど、不燃性の素材で作られたゴミ箱は、不燃ゴミとして処分できます。不燃ゴミの収集日は自治体によって異なるため、事前に確認が必要です。

不燃ゴミとして処分する場合、ゴミ箱のサイズが小さければ、特別な手続きなしに処分できます。しかし、大きなサイズの不燃性ゴミ箱の場合は粗大ゴミとしての処理が必要になることもあるため、自治体のルールを確認することが重要です。

木製のゴミ箱は可燃ゴミとして捨てる

木製のゴミ箱は、一般的に可燃ゴミとして処分できます。可燃ゴミの収集日に合わせて、指定されたゴミ袋に入れて出すことで処分可能です。

ただし、ゴミ箱の大きさによっては粗大ゴミとして扱われることもあるため、自治体のルールを確認しましょう。

また、木製ゴミ箱の中で大きなサイズや特殊なデザインのものは、通常の可燃ゴミとして処分できない場合があります。他にも、金属のヒンジや取っ手などの付属品を取り外す必要がある場合もあります。

部品は不燃ゴミとして別途処分する必要があるため、分別には注意しましょう。

不用品回収業者に引き取りしてもらう

大量のゴミ箱や他の不用品と一緒に処分したい場合は、不用品回収業者に依頼するのが便利です。不用品回収業者は自宅まで来て不用品を回収してくれるため、大きなゴミ箱や重いゴミ箱の処分にも適しています。

不用品回収業者を利用することで、手間をかけずにスムーズに大量のゴミ箱や他の不用品を一度に処分できる点がメリットです。また、業者によってはリサイクル可能なゴミ箱を適切に処理してくれるため、環境に配慮した処分ができます。

処分には費用がかかるため、事前に複数の業者から見積もりを取り、比較検討しましょう。

フリマアプリかオークションサイトで売却

まだ使用可能な状態のゴミ箱は、フリマアプリやオークションサイトを利用して売却できます。不要になったゴミ箱を有効活用し、処分にかかる費用を節約できるだけでなく、少額の収入を得ることも可能です。

オンラインでの売却は商品の状態を正確に記載し、適切な価格設定が行えます。また、購入者とのコミュニケーションを通じて商品の特徴や状態を明確に伝えれば、スムーズな取引が期待できるでしょう。

リサイクルショップに買取してもらう

状態が良く需要のあるゴミ箱は、リサイクルショップに持ち込んで買取してもらうことも可能です。リサイクルショップでは、ゴミ箱のブランドや状態に応じて買取価格が決まります。

リサイクルショップの買取であれば、手軽に不要なゴミ箱を処分でき、同時に少額の収入を得られる点がメリットです。ただし、買取価格はショップによって異なるため、事前に複数のショップを比較してから依頼をしましょう。

素材・タイプ別のゴミ箱の捨て方

ゴミ箱の捨て方は、素材や特有の機能によって異なるため注意しましょう。ここではゴミ箱の素材・タイプ別の捨て方についてまとめます。

ペダル付きのゴミ箱

ペダル付きのゴミ箱は、便利な機能のために特別な処分方法が必要です。ペダル機構に金属やプラスチックが使用されていることが多く、部品を分別して処分する必要があります。

ペダル機構を取り外し、金属部分は不燃ゴミ、プラスチック部分は可燃ゴミとして分けて処分することが一般的です。分別して処分することで、リサイクルが容易になって環境保護にも貢献できます。

プラスチックのゴミ箱

プラスチック製のゴミ箱は、一般的に可燃ゴミとして処分されます。しかし、自治体によってはリサイクルを促進するために、プラスチック製品を別途回収する場合もあります。

そのため、プラスチック製ゴミ箱を処分する際には、地域のゴミ処理ルールを確認することが重要です。また、ゴミ箱に付属する金属部品やステッカーなどは取り外して、別途処分する必要があります。

ステンレスのゴミ箱

ステンレス製のゴミ箱は耐久性と再利用できる可能性から、多くの場合不燃ゴミとして処分されます。ステンレスはリサイクルが可能な素材であるため、自治体によっては専用の回収ルートが設けられていることも多いです。

ステンレス製ゴミ箱を処分する際には、他の素材でできた部品を取り外し、ステンレス部分のみを不燃ゴミとして処分しましょう。

ただし、まだ使用可能な状態であれば、リサイクルショップへの買取やオンラインでの売却を検討するのも良い選択肢ですよ。

アルミのゴミ箱

アルミ製のゴミ箱は軽量で耐久性があり、リサイクルが容易な素材です。多くの自治体ではアルミ製品をリサイクル対象として扱っており、不燃ゴミとして処分できます。

アルミ製ゴミ箱を処分する際には、他の素材でできた部品を取り外し、アルミ部分のみをリサイクル可能な不燃ゴミとして分別することが重要です。適切に分別して処分することで、アルミのリサイクル率を高め、環境保護に貢献できます。

ゴミ箱の処分・廃棄にかかる費用と節約術

ゴミ箱を処分する際には、その方法によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

ここでは、ゴミ箱の処分にかかる様々な費用と、節約するための具体的なアドバイスをまとめます。

処分・廃棄にかかる費用

ゴミ箱の処分・廃棄にかかる費用は、処分するゴミ箱のサイズや素材、処分方法によって異なります。ゴミ箱を処分する方法ごとにかかる費用相場をまとめました。

処分方法費用相場
粗大ゴミとして捨てる500円~3,000円
木製のゴミ箱は可燃ゴミとして捨てる無料~100円
不燃性のゴミ箱は不燃ゴミで捨てる無料~100円
不用品回収業者に引き取りしてもらう5,000円~20,000円
フリマアプリかオークションサイトで売却販売手数料
リサイクルショップに買取してもらう500円~3,000円

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料で処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を節約するためのアドバイス

ゴミ箱の処分費用を節約するためには、まず地域の自治体が提供する無料または低コストの処分オプションを探ることが重要です。たとえば、リサイクル可能な素材で作られたゴミ箱は、自治体のリサイクルプログラムを利用して無料または低コストで処分できる場合があります。

また、フリマアプリやオークションサイトを利用してゴミ箱を売却することで、処分費用を節約し、場合によっては収入を得ることも可能です。

環境に優しい処分方法を選択しつつ、経済的な負担を最小限に抑えることで節約できますよ。

ゴミ箱を処分するときの注意点

ゴミ箱を処分する際には、いくつかの重要な注意点があります。ポイントをまとめると以下のとおりです。

  • 自治体のルールを確認する
  • ゴミ箱の中にゴミが残っていないか確認する
  • ゴミ箱が破損していないか確認する
  • 粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

自治体のルールを確認する

ゴミ箱を処分する前に、自分が住んでいる地域の自治体のルールを確認することが非常に重要です。自治体によってゴミの分別方法や処分方法が異なるため、ルールに従わない処分は罰金や注意を受ける原因になります。

とくに、粗大ゴミの処分ルールやリサイクルに関する規定は、地域によって大きく異なるため注意しましょう。事前に自治体のウェブサイトを確認するか、直接問い合わせを行うことが望ましいです。

ゴミ箱の中にゴミが残っていないか確認する

ゴミ箱を処分する前には、ゴミ箱の中にゴミが残っていないかを確認することが必要です。ゴミが残っている状態で処分すると、不適切な処分とみなされる可能性が高いです。

また、ゴミ箱内のゴミを取り除くことで、処分時の衛生面でも問題が生じにくくなります。ゴミ箱を清掃し、可能であれば消毒することで、より衛生的に処分できます。

ゴミ箱が破損していないか確認する

ゴミ箱が破損している場合、処分方法が異なることがあります。破損が激しい場合は、粗大ゴミとしての処分が必要になることが多いです。

破損している部分が小さい場合は、修理することで通常の処分方法が適用される場合もあります。判断に困る場合は、専門の処分業者に相談することも考慮しましょう。

粗大ゴミとして処分するときは事前に申し込みをする

粗大ゴミとしてゴミ箱を処分する場合、多くの自治体では事前の申し込みが必要です。申し込みは自治体の指定する方法で行う必要があり、通常は電話やインターネットを通じて行われます。

申し込み時にはゴミ箱のサイズや種類を正確に伝え、処分に必要な手数料を支払うことが求められることが一般的です。また、粗大ゴミの収集日は自治体によって設定されており、指定された日にゴミ箱を指定の場所に出す必要があります。

事前申し込みを怠ると、ゴミ箱が収集されない場合があるため、処分計画を立てる際には十分な余裕を持って手続きを行いましょう。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

不用品回収業者にゴミ箱の処分を依頼する場合、事前に複数の業者から見積もりを取りましょう。見積もりを取ることで処分費用の相場を把握し、最もコストパフォーマンスの良い業者を選択できます。

また、見積もりの際にはゴミ箱のサイズや数量、処分する他の不用品の有無などを明確に伝えることが重要です。詳細を伝えれば正確な見積もりが得られ、後から追加料金が発生するリスクを避けられます。

不用品回収業者なら連絡するだけ簡単廃棄

ゴミ箱の捨て方はサイズや素材、自治体のルールによって異なります。処分方法によってかかる費用も異なるため、状況に合わせて処分方法を選択することが大切です。

不用品回収業者を利用すれば、ゴミ箱を含む大量の不用品を処分できるため非常に便利です。自宅から一歩も出ることなく、電話一本やオンラインでの申し込みだけで、不用品の処分ができます。

利用する際には、事前に複数の業者から見積もりを取り、サービス内容や料金を比較して選びましょう。ぜひ本記事を参考にして最適な業者への依頼を進めてみてください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK