カーテンの捨て方を7つ紹介!種類別の処分やレールとフックの捨て方も全て解説

「カーテンをどうやって捨てるべき?」「自治体のルールに従って正しく処分したいけど、具体的な方法がわからない」と悩んでいませんか?

カーテンの正しい捨て方は自治体によって異なり、カーテンの種類や付属品によっても処分方法が変わります。捨て方には手順があるため、順番を守って処分することが大切です。

本記事では、カーテンと付属品の適切な捨て方、再利用やリサイクルのアイデアまでを詳しく解説します。

この記事を読めば
・処分の基礎知識
・処分方法
・処分にかかる費用
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

カーテン処分前に押さえておくべきポイント

カーテンを処分する場合、まずは以下のポイントを押さえておくことが大切です。

  • 地域ごとに捨て方が決められている
  • カーテンレールやフックは処分前に仕分けする

それぞれ詳しく解説します。

地域ごとに捨て方が決められている

カーテンを捨てる際、最も重要なのはお住まいの地域のルールを確認することです。自治体によってカーテンの捨て方は大きく異なり、可燃ゴミとして処分できる場所もあれば、粗大ゴミとして扱われることもあります。

また、リサイクル可能な素材でできているカーテンの場合、回収ボックスが設置されていることも多いです。そのため、事前に地域の清掃局や公式ウェブサイトで正しい情報を得ることが大切です。

カーテンレールやフックは処分前に仕分けする

カーテンだけでなく、カーテンレールやフックも適切に処分する必要があります。付属品はカーテンとは異なる材質でできているため、分別して捨てましょう。

金属製のレールやフックは金属ゴミとして、プラスチック製のものはプラスチックゴミとして分類されることが多いです。正しい分別方法を守ることで、リサイクルの効率化に貢献し、環境保護にもつながります。

カーテンレールを取り外す際には壁や天井を傷つけないよう注意し、必要に応じて修繕を行うことも忘れずに行いましょう。

不要なカーテンの捨て方7選

不要なカーテンを処分する場合、以下の方法いずれかを選択して捨てましょう。

  • 可燃ゴミで捨てる
  • ニトリのカーテン回収サービスを利用する
  • リサイクルショップで買取してもらう
  • フリマアプリ・オークションサイトで販売する
  • NPO・支援団体に寄付をする
  • 不用品回収業者に処分を依頼する
  • ジモティや知人に譲る

それぞれ詳しく解説します。

可燃ゴミで捨てる

多くの地域では、通常のカーテンは可燃ゴミとして処分できます。しかし、カーテンをそのままゴミ袋に入れる前に、サイズが大きすぎる場合は小さく切り分ける必要があるかもしれません。

また、カーテンに付いている金属のフックやリングは取り外して、適切な方法で別途処分することが重要です。可燃ゴミとして捨てる方法は、手間をかけずにカーテンを処分したい人にとって最も活用しやすい選択肢のひとつになります。

防災・遮光カーテンも可燃ゴミ

特殊な機能を持つ防災カーテンや遮光カーテンも、可燃ゴミとして処分が可能です。防災カーテンや遮光カーテンには特殊な加工が施されていることがありますが、基本的には布製であるため、通常のカーテンと同様に扱えます。

ただし、自治体によっては特別なゴミとして扱う場合もあるため、処分前に地域のルールを確認することが大切です。

ニトリのカーテン回収サービスを利用する

ニトリなどの家具・インテリア店では、購入したカーテンの回収サービスを提供している場合が多いです。サービスを利用することで、不要になったカーテンを環境に優しい方法でリサイクルできます。

サービスの詳細は店舗によって異なるため、利用を検討している場合は事前に確認が必要です。回収サービスは、新しいカーテンを購入する際に古いカーテンを手軽に処分したい人にとって便利な選択肢になります。

リサイクルショップで買取してもらう

状態が良いカーテンは、リサイクルショップで買取してもらうことができます。特にデザイン性が高いものやブランド品、機能性カーテンなどは需要があり、意外な価格で買取してもらえることも多いです。

買取を希望する場合は、事前に複数のリサイクルショップに問い合わせて、買取価格や条件を比較しましょう。

不要なカーテンを有効活用し、新しいカーテン購入の資金に充てたい人に適していますよ。

フリマアプリ・オークションサイトで販売する

カーテンを新しい家庭に生まれ変わらせたい場合、フリマアプリやオークションサイトでの販売が最適な選択肢です。カーテンの状態やデザインの魅力を前面に出して、購入希望者を見つけられます。

写真や商品説明を丁寧に準備し、カーテンの価値を正しく伝えることが成功の鍵です。また、販売から梱包、発送までのプロセスを通じてカーテンが新しい持ち主に喜ばれるよう努めましょう。

NPO・支援団体に寄付をする

不要になったカーテンを社会貢献に役立てたい場合、NPOや支援団体への寄付が考えられます。多くの団体では、災害時の避難所用品や低所得者家庭への支援物資として、カーテンを喜んで受け入れています。

寄付を検討する際は事前に団体の受け入れ条件を確認し、カーテンの状態が寄付に適しているかの見極めが重要です。寄付することは不要なアイテムを有効活用し、誰かの生活を少しでも豊かにする素晴らしい方法と言えるでしょう。

不用品回収業者に処分を依頼する

カーテンの処分を迅速かつ効率的に行いたい場合、不用品回収業者への依頼が適しています。専門業者は、カーテンだけでなくその他の不用品も一緒に回収してくれるため、一括処分が可能です。

依頼する際は事前に複数の業者から見積もりを取り、サービス内容や料金を比較検討することが大切です。信頼できる業者を選ぶことで、カーテンを適切に処分し、新しい空間作りの第一歩を踏み出せます。

ジモティや知人に譲る

カーテンをまだ使える状態で処分したくない場合、地域の掲示板サービス「ジモティ」や知人への譲渡が良い選択肢となります。カーテンは必要な人に直接手渡すことができ、物の再利用に貢献できます。

譲渡する際は、カーテンの状態を正直に伝え、受け取る人が喜んで使用できるよう配慮しましょう。ジモティや知人に譲ることは、コミュニティの絆を深め、持続可能な消費を促進できる方法です。

カーテンの処分費用相場

カーテンを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

カーテンの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

捨て方費用相場
可燃ゴミ無料
ニトリのカーテン回収サービス300円~3,000円
リサイクルショップ無料~3,000円
フリマアプリ・オークションサイト無料~3,000円
(出品手数料や送料がかかる)
NPO・支援団体への寄付無料
不用品回収業者3,000円~30,000円
ジモティや知人に譲る無料

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要です。

カーテンの捨て方3ステップ

カーテンを処分する場合、以下の流れで捨てていきましょう。

  1. カーテンレールから取り外す
    • カーテンフックを外す
  2. 小さく折りたたんで処分する

それぞれ詳しく解説します。

カーテンレールから取り外す

カーテンを処分する最初のステップは、カーテンレールからカーテンを取り外すことです。作業には適切な工具が必要になる場合があるため、事前に準備しましょう。

カーテンレールにはさまざまな取り付け方法があるため、「ネジを外す」「クリップを外す」など、取り付け方法に応じた手順を踏む必要があります。取り外し作業を行う際は、カーテンレールや壁を傷つけないよう注意し、安全に作業を進めましょう。

カーテンフックを外す

カーテンレールからカーテンを取り外した後は、カーテンフックをカーテンから外しましょう。カーテンフックは、カーテンをレールに吊るすための小さな金属やプラスチック製の部品で、カーテンの上部に取り付けられています。

フックを外す際は、カーテン生地を傷つけないように慎重に作業を行い、すべてのフックが外れたことを確認します。フックは再利用可能な場合が多いため、捨てずに保管しておくと良いでしょう。

小さく折りたたんで処分する

カーテンフックを外したら、カーテンを小さく折りたたんで処分の準備をします。カーテンを折りたたむことで、ゴミ袋に収めやすくなり、処分時の手間を減らすことが可能です。

折りたたむ際はカーテンが清潔であることを確認し、必要に応じて洗濯してから折りたたむと良いでしょう。折りたたみカーテンは、自治体のルールに従って可燃ゴミとして出すか、粗大ゴミとして処分するかを選択します。

カーテン以外の備品の処分方法

カーテン以外の備品はそれぞれ処分方法が異なります。ここでは、備品ごとの処分方法を見ていきましょう。

カーテンフック

カーテンフックは、金属やプラスチックでできており、地域のリサイクル規則に従って適切に分類する必要があります。金属製のフックは、金属リサイクルのための指定場所に持っていくことが推奨されます。

プラスチック製の場合は、プラスチックリサイクルのガイドラインに従ってください。フックは小さいため見落としがちですが、環境に配慮した処分を心がけましょう。

カーテンレール

カーテンレールは、材質によって処分方法が異なるため注意が必要です。金属製のレールは、多くの自治体で金属ごみとして回収されますが、大きさによっては粗大ごみとして扱われることもあります。

木製やプラスチック製のレールの場合、自治体の粗大ごみ回収サービスを利用するか、リサイクル施設に持ち込む必要があります。

カーテンレールを取り外す際には、壁や天井を傷つけないよう注意し、必要に応じて修復を行いましょう。

アコーディオンカーテン

アコーディオンカーテンは特殊な構造から、通常のカーテンとは異なる処分方法が必要になることがあり、粗大ごみとして処理されることが多いです。処分する前に、アコーディオンカーテンが再利用やリサイクル可能かどうかを検討しましょう。

地域のリサイクルセンターや寄付を受け付けている団体に問い合わせることで、処分可能かどうかが判断できます。

ロールスクリーン

ロールスクリーンの処分も、材質とサイズによって異なり、布製の部分は可燃ごみとして処分できる場合が多いです。ただし、ロールスクリーンの機構部分は金属やプラスチックでできていることが多く、適切なリサイクル方法を選ぶ必要があります。

大きなロールスクリーンは粗大ごみとして扱われることが多いです。自治体の規則を確認し、必要に応じて粗大ごみの回収を申し込みましょう。

カーテン処分がもったいないと感じる時の再利用法

カーテン処分がもったいないと感じた場合、以下の再利用方法を検討しましょう。

  • 生活小物にリメイクする
  • 別の部屋で使用する

それぞれ詳しく解説します。

生活小物にリメイクする

カーテンを捨てるのがもったいないと感じるなら、生活小物へのリメイクがおすすめです。古いカーテンはクッションカバーやテーブルクロスなど、様々なアイテムに生まれ変わる可能性を秘めています。

手芸が得意な方は、カーテン生地を使ってオリジナルの小物を作ることで、インテリアに新しい息吹を吹き込むことができるでしょう。また、縫製が苦手な方でも、ハサミと少しの工夫で簡単にリメイクすることが可能です。

不要になったカーテンを有効活用することで、廃棄物を減らし、持続可能な生活を実践できます。

別の部屋で使用する

カーテンを処分する前に、他の部屋での再利用を検討してみましょう。たとえば、リビング用に購入したカーテンが、ベッドルームや書斎の窓にぴったり合うこともあります。

また、長さが合わない場合でも、裾上げやカットをすることで新しい空間に合わせることが可能です。引越しや部屋の模様替えをする際に有効で、新たにカーテンを購入するコストを節約できます。

慣れ親しんだカーテンを別の場所で使うことで、新しい環境でも安心感を得ることができますよ。

カーテンを処分するときの注意点

カーテンを処分する場合、以下の点に注意しましょう。

  • 自治体により分別の仕方が違う
  • カーテンについているラベルに注意する
  • カーテンを捨てる前に洗濯する
  • サイズを確認する
  • 不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

それぞれ詳しく解説します。

自治体により分別の仕方が違う

カーテンの処分方法は、住んでいる地域の自治体によって大きく異なります。一部の地域ではカーテンを可燃ゴミとして扱うことができますが、他の地域では粗大ゴミとして扱われることも多いです。

カーテンを捨てる前には、自治体の公式ウェブサイトを確認するか、直接問い合わせて正しい処分方法の把握をしましょう。把握することで無駄な手間や追加の費用を避けることができ、スムーズに処分を進めることが可能になります。

カーテンについているラベルに注意する

カーテンには素材やお手入れ方法、製造国などを示すラベルが付いている場合がほとんどです。ラベルに記載されている情報は、カーテンの適切な処分方法を決定する際に非常に役立ちます。

とくに、特殊な素材を使用しているカーテンは通常の処分方法が適用できない場合があるため、ラベルの情報を確認することが大切です。適切な処分方法を選択することで、環境への影響を最小限に抑えられます。

カーテンを捨てる前に洗濯する

カーテンを処分する前に、可能であれば洗濯して清潔な状態にしておくことが推奨されます。洗濯するのは、カーテンに付着したホコリや汚れ、アレルゲンなどを除去し衛生的に処分するためです。

とくに、カーテンをリサイクルセンターや寄付する場合、清潔な状態の方が受け入れられやすくなります。ただし、カーテンの素材によっては水洗いが適さない場合もあるため、洗濯の際はラベルの指示に従うことが重要です。

サイズを確認する

カーテンのサイズによっては、通常のゴミとして処分できない場合があります。特に大きな窓用のカーテンや、長さがあるカーテンは、粗大ゴミとして扱われることが多いです。

処分前にカーテンのサイズを確認し、自治体の粗大ゴミ処理サービスを利用するか、適切なサイズに切り分けるなどの対策を講じることが重要です。

適切な処理を行うことで、環境に配慮した処分が可能になりますね。

不用品回収業者に依頼する場合は見積もりを取る

カーテンを含む不用品を一括で処分したい場合、不用品回収業者の利用が便利です。しかし、サービスによって料金が大きく異なるため、依頼前に複数の業者から見積もりを取りましょう。

見積もりを比較することで、最もコストパフォーマンスの高いサービスを選択できます。また、業者選びの際には信頼できる業者かどうかを確認するために、口コミや評判も参考にすると良いでしょう。

信頼できる業者を選ぶことで、カーテンを適切に処分して新しい空間を作り出せます。

不用品回収業者ならカーテンレールごとお任せ処分

カーテンの正しい捨て方は自治体によって異なり、カーテンの種類や付属品によっても処分方法が変わります。捨て方には手順があるため、順番を守って処分することが大切です。

カーテンだけでなくカーテンレールの処分にも困っている場合、不用品回収業者に全てをお任せするのが最も手軽で効率的な解決策です。不用品回収業者はカーテンレールやその他の家具、家電製品など、さまざまな不用品を一括で回収してくれるサービスを提供しています。

専門業者を利用することで、個々に処分方法を調べたり、自治体の回収日を待ったりする手間が省けるでしょう。

ぜひ本記事を参考にして、不用品回収業者への依頼をご検討ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK