ニトリでカーペットの処分は可能?ニトリで回収できるキャンペーンとは?

「ニトリでカーペットの処分は可能?」「自宅にある不要なカーペットはどのように処分すればいい?」などと悩んでいませんか?

ニトリではカーペットの処分サービスは基本的に提供されていませんが、期間限定で回収キャンペーンを実施している場合もあります。キャンペーンがない場合は、別の回収業者に依頼して処分する方法を選択すると良いでしょう。

本記事ではニトリでカーペットを回収できるのか、ニトリ以外でのカーペットを処分する方法について解説します。

この記事を読めば
カーペットの
・処分前の確認事項
・処分方法
・処分時の注意点

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ニトリでカーペットの処分はできない

ニトリでは、カーペットの処分サービスを提供していません。そのため、店舗にもっていっても処分はできないため注意しましょう。

ただし、ニトリは家具の引き取りサービスを行っているため、他の家具とカーペットも一緒に回収してもらえないか事前に確認することが大切です。もしニトリでカーペットの処分ができない場合は、他の処分方法を探す必要があります。

ニトリのカーペット回収・処分キャンペーンがある

引用元:PR TIMES

ニトリでは環境保護の一環として、期間限定でカーペットや敷布団の回収キャンペーンを実施する場合があります。カーペットを含む家庭用品のリサイクル促進が目的で、年に数回、特定の店舗や地域で限定的に行われているのが一般的です。

キャンペーン期間中は、ニトリで特定金額以上の対象商品を購入した顧客が対象となり、購入品と同数・同種類の古いカーペットや敷布団を無料で引き取ってもらえます。

アプリ会員には300ポイントがプレゼントされるため、事前に会員になっておくのがおすすめですよ。

ただし、キャンペーンの実施時期や条件は毎回異なる可能性もあるため、ニトリの公式サイトや店頭での告知を確認することが重要です。

ニトリの回収キャンペーンの予定は公表されていない

ニトリではカーペット回収キャンペーンの実施予定を事前に公表していません。キャンペーンの情報を得るには定期的なチェックが必要です。

公式サイトや店頭の告知、メールマガジンなどで新たなキャンペーン情報が更新されます。突然キャンペーンが始まることもあるので、ニトリを利用する際は常に最新のキャンペーン情報に注意を払うことが大切です。

参考:【ニトリ】対象店舗拡大!カーペット・敷ふとんのリサイクル回収を期間・地域限定で実施

ニトリ以外でカーペットを処分する前の確認事項

ニトリ以外でカーペットを処分する場合、まずは以下の項目を確認しておきましょう。

  • 処分費用
  • カーペット以外の処分物の有無

それぞれ詳しく解説します。

処分費用

カーペットの処分には、一定の費用がかかることが多いです。自治体によってはカーペットの処分に手数料を要求され、サイズや素材によっても費用が異なる場合があります。

そのため、処分費用は事前に確認しておくことが重要です。カーペットを処分する際は、複数の回収業者の見積もりを取り、コストパフォーマンスが最も良い方法を選ぶと良いでしょう。

カーペット以外の処分物の有無

カーペットを処分する場合、他に不要なものがないかも同時に確認しましょう。一度に複数のアイテムをまとめて処分すれば、作業の効率を上げると同時に、部屋全体の断捨離にもつながります。

たとえば、古くなったクッションや使わなくなった装飾品、機能しなくなった電化製品などです。アイテムをまとめて処分すれば、部屋をスッキリさせ、新たな空間を効果的に活用する準備ができます。

作業を通じて、新しい空間の利用計画を立てるのも良いでしょう。

ニトリ以外でカーペットを処分する方法

ニトリ以外にも、カーペットを処分する方法は存在します。以下にまとめた処分方法を適切に選択すれば、不要になったカーペットをスムーズに、かつ効率的に処分できるでしょう。

  • 粗大ゴミで捨てる
  • 小さくカットして家庭ゴミで捨てる
  • フリマアプリやオークションサイトで販売する
  • 不用品回収業者に依頼する
  • リサイクルショップの買取を利用
  • 引っ越し業者に引き取りしてもらう

それぞれ詳しく解説します。

絨毯・カーペットの処分方法や費用などをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

粗大ゴミで捨てる

自治体によっては、カーペットを粗大ゴミとして回収してくれるサービスがあります。サービスを利用する場合、事前に申し込みが必要となり、回収日と回収料金が指定されます。

料金はカーペットのサイズや自治体によって異なるため、事前に確認をしましょう。粗大ゴミとして処分すると、自宅から直接カーペットを引き取ってもらえるため、大きなカーペットの運搬に関する手間を省けます。

小さくカットして家庭ゴミで捨てる

カーペットを小さくカットし、家庭ゴミとして捨てることも1つの方法です。カーペットのサイズや素材によっては、ゴミ袋に入るように小さく切断し、定期的なゴミ回収日に出すことが可能です。

ただし、地域のゴミ分別ルールに注意しましょう。カット作業には時間と労力がかかるため、作業スペースや適切な工具が必要となります。

ケガ防止のために軍手を着用して、大きめなハサミや専用の工具などでカットしましょう。

フリマアプリやオークションサイトで販売する

フリマアプリやオークションサイトで販売して処分する方法も、1つの選択肢です。カーペットの状態が良好であれば、金銭的なリターンを得ることが可能です。

新しいオーナーにカーペットを譲ることで再利用を促進し廃棄を避けられます。ただし、販売する際には商品の撮影や説明文の作成・購入者とのやり取りなど、多少の手間はかかるため注意しましょう。

不用品回収業者に依頼する

カーペットを簡単かつ迅速に処分したい場合、不用品回収業者に依頼する方法が最も手間がかかりません。多くの業者はオンラインや電話で簡単に予約が可能で、自宅までカーペットを回収しにきてくれます。

他の不用品も一緒に回収してくれるため、まとめて処分したいものがある場合に最適です。ただし、中には高額費用を請求してくる悪徳業者も存在するため、利用する際には注意しましょう。

不用品回収業者を選ぶ際には、信頼できる業者を選び、事前に見積もりを取得することが重要ですよ。

不用品回収業者にはわずかながら悪徳業者も存在します。後から高額請求したり、転売できそうな不用品を勝手に回収するなどの被害が国民生活センターに多数報告されています。

国民生活センター:不用品サービスのトラブル

悪徳業者の手口と特徴はこちらの記事を参考にしてみてください。

リサイクルショップの買取を利用

まだ使用可能な状態のカーペットであれば、リサイクルショップでの買取が選択肢になり、処分するだけでなく一定の金額を回収することも可能です。買取価格はカーペットのブランド・状態・需要によって異なります。

店舗によっては、自宅までカーペットを査定しに来てくれる出張買取サービスも提供しているため、事情があって外に出れない人も安心です。リサイクルショップを利用する前には、複数の店舗で見積もりを取ることをおすすめします。

引っ越し業者に引き取りしてもらう

引っ越しを機にカーペットを処分したい場合、引っ越し業者に引き取りを依頼できます。多くの引っ越し業者は、不用品の引き取りサービスを有料で提供しており、引っ越しの際に不要になったカーペットを一緒に持って帰ってくれます。

料金は業者やカーペットのサイズによって異なり、業者によっては高額な金額を請求される恐れもあります。引っ越しの見積もりを取る際に、不用品の引き取りに関するオプションサービスがあるか確認しましょう。

引っ越し時に不用品回収をセットで依頼できる業者6選をこちらの記事でも紹介していますので、参考にしてみてください。

カーペットの処分にかかる費用の相場

カーペットを処分する際には、捨て方によって様々な費用が発生します。費用を少しでも抑えたいのであれば、費用を抑えるための工夫を施さなくてはいけません。

カーペットの処分にかかる費用を処分方法別でまとめると、以下のとおりです。

処分方法費用相場
粗大ゴミで捨てる1,000円~3,000円
小さくカットして家庭ゴミで捨てる無料
フリマアプリやオークションサイトで販売する無料(※出品手数料がかかる)
不用品回収業者に依頼する3,000円〜10,000円
リサイクルショップの買取を利用500円〜3,000円
引っ越し業者に引き取りしてもらう無料~3,000円

処分方法によって費用は大きく変わり、中には無料または費用を抑えて処分できる方法があります。ただし、無料で処分する場合、手間や時間がかかることも多いため注意しましょう。

費用を正確に把握するためには、事前に複数のオプションを検討し、見積もりを取ることが重要ですよ。

カーペットを処分するときの注意点

カーペットを処分する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 自治体により捨て方が違う
  • 素材・タイプにより捨て方が違う
  • 電気カーペットは切るときに感電する恐れもある

それぞれ詳しく解説します。

自治体により捨て方が違う

カーペットの処分方法は、住んでいる地域の自治体によって大きく異なります。多くの自治体では、カーペットを粗大ゴミとして扱い、特定の回収日に回収してもらう必要があります。

粗大ゴミの場合、事前に申し込みを行い、回収の手数料を支払う必要があることが一般的です。手数料は自治体やカーペットのサイズによって異なるため、HPや問い合わせにて確認しましょう。

一部の自治体では、カーペットをリサイクルするイベントを提供している場合もあるよ。

素材・タイプにより捨て方が違う

カーペットの素材やタイプによっても、処分方法に違いがあります。天然素材でできたカーペットや小さなラグマットは、場合によっては通常の家庭ゴミとして処分可能です。

しかし、合成素材や大きなサイズのカーペットは粗大ゴミとして扱われることが多いです。処分方法がわからない場合は、専門の回収業者に相談した方が安心です。

電気カーペットは切るときに感電する恐れもある

電気カーペットの処分には特別な注意が必要です。電気を通す配線が内蔵されているため、単純にハサミやカッターで切断すると感電のリスクがあります。

電源を切った状態でも内部の配線が損傷している場合には危険が伴うため、自分で切断しようとする前に専門家の助言を求めましょう。電気カーペットを処分する際には、安全を最優先に考え、適切な処分方法を選択することが大切です。

ニトリ以外の処分なら不用品回収業者が簡単

ニトリではカーペットの処分サービスは基本的に提供されていませんが、期間限定で回収キャンペーンを実施している場合もあります。キャンペーンがない場合は、別の回収業者に依頼して処分する方法を選択すると良いでしょう。

カーペットを手軽にかつ迅速に処分したい場合、不用品回収業者の利用が便利です。とくに、大きなカーペットや電気カーペットなどは処分が難しいため、不用品回収業者に依頼することでスムーズに解決できます。

不用品回収業者「片付け侍」であれば、オンラインまたは電話で簡単に予約ができ、自宅までカーペットを引き取りにお伺いします。時間と労力を節約したい場合は、ぜひご利用をご検討ください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK