スニーカーの寿命と症状、劣化の原因を解説!長持ちさせるコツも紹介します

「スニーカーの寿命はどれくらい?」「どうすれば長持ちさせられるの?」などと気になっていませんか?

スニーカーの寿命は使用頻度や保管方法によって変化しますが、適切なケアをすれば寿命を延ばせます。寿命が過ぎたスニーカーは、正しく処分することが大切です。

本記事では、スニーカーの寿命に影響を与える要因や寿命を延ばすための具体的な方法、寿命が来たスニーカーの適切な処分方法までを詳しく解説します。

この記事を読めば
・スニーカーの寿命
・寿命のサイン
・寿命をのばすコツ
・処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

スニーカーの寿命は頻度や種類で異なる

スニーカーを購入する際、寿命はどれくらいなのか気になるポイントの1つです。スニーカーの寿命は、使用頻度や種類によって大きく異なります。

日常的に履くカジュアルなスニーカーから、特定のスポーツ用途に特化したモデルまで、それぞれの用途と素材によって耐久性が変わってくるのです。ここでは、スニーカーの寿命に影響を与える様々な要因を掘り下げていきます。

一般的な寿命は約1年が目安

多くのスニーカー愛好家が経験することですが、一般的にスニーカーの寿命は約1年が目安とされています。毎日同じペアを履き続けるというよりは、週に数回程度の使用を想定した、平均的な使用頻度での目安です。

ただし、スニーカーの素材や構造、お手入れの仕方によって寿命は前後します。

毎日履いた場合のスニーカーの寿命

毎日同じスニーカーを履く場合、寿命は一般的な目安よりも短くなりがちです。連日の使用はスニーカー内部の湿気を逃がしにくくし、素材の劣化を早める主要な要因となります。

ソールの摩耗やアッパー部分の損耗は、日常的な使用によって加速し、寿命を1年未満に短縮することもあります。スニーカーを長持ちさせたい場合は、数足をローテーションで履き、適切なお手入れを心がけることが重要です。

ランニング用スニーカーの寿命

ランニング用スニーカーは寿命が短めです。ランニングによる繰り返しの衝撃や長距離の使用は、クッション性やサポート機能に大きな負担をかけます。

そのため、一般的なカジュアルスニーカーよりも寿命が短くなりがちで、半年から1年での交換が推奨されます。快適で安全なランニングを続けるためには定期的に状態をチェックし、必要に応じて新しいものに交換することが重要です。

スニーカーの寿命の症状

スニーカーを見る際、以下の症状が見受けられたら寿命が近い証拠です。

  • ソールがすり減っている
  • 裏の凹凸がなくなっている
  • 汚れとしわでくたくたな状態
  • 履き口や紐の汚れと破損
  • 穴が開く
  • 生地が劣化して水が染み込む

上記の症状が見られたら処分を検討する必要があります。

寿命が来ている靴・スニーカーは思い切って断捨離してみましょう。断捨離にはやり方があるので、靴・スニーカーの断捨離方法の記事を参考にしてみてください。

ソールがすり減っている

スニーカーのソールがすり減っている状態は、長期間の使用による自然な摩耗の結果です。ソールの厚みが減少し、元々あった溝やパターンがほとんど見えなります。

ソールがすり減っている場合、グリップ力の低下や歩行時の安定性の損失を引き起こす可能性があるでしょう。ソールの特定の部分が顕著に摩耗している場合、寿命が近づいているサインと言えます。

裏の凹凸がなくなっている

スニーカーのソールの裏側にある凹凸がなくなっている状態も、寿命が近づいている兆候です。ソールの凹凸は、歩行時のグリップと安定性を提供するために重要であり、摩耗して平滑になると滑りやすくなります。

濡れた表面や不安定な地面での歩行時にリスクが高まり、転倒や怪我の原因となる可能性が高いです。摩擦で凹凸がない場合、新しいペアへの交換を検討するタイミングと言えます。

汚れとしわでくたくたな状態

スニーカーが汚れてしわが寄り、全体的にくたくたな状態になっていることも寿命のサインです。スニーカーの素材が劣化し、元の形状やサポート力を維持できなくなります。

汚れが蓄積してしわが多くなると、スニーカーの見た目だけでなく機能性も低下することがほとんどです。素材が劣化すると水が染み込みやすく破れやすいため、足への適切なサポートが提供されなくなります。

くたくたな状態でスニーカーを履き続けると、快適性やパフォーマンスが低下し、足の健康にも悪影響を及ぼす可能性がありますよ。

履き口や紐の汚れと破損

スニーカーの履き口や紐の部分は、日々の使用によって最も摩耗しやすい箇所です。履き口が擦れて破損したり紐が汚れたりするのは、スニーカーが長期間にわたって使用されてきた証拠と言えます。

履き口や紐の損傷は、スニーカーのフィット感やサポート力に影響を及ぼし、快適な履き心地を損なう可能性があります。紐の交換やお手入れを行えば一定期間は対処可能ですが、履き口の破損が進んでいる場合は新しいスニーカーへの交換を検討するべきサインです。

穴が開く

スニーカーに穴が開く状態は、素材の極度の摩耗や外部からの物理的なダメージによって発生します。穴が開いたスニーカーは足を保護する能力を失い、悪天候時や汚れた場所を歩く際に不快感を引き起こします。

小さな穴であれば修理で対応できますが、複数箇所に穴が開いている場合はスニーカーの機能性が大きく損なわれている証拠です。穴が開いた状態で履き続けるのは危険なため、新しいペアへの交換を検討しましょう。

生地が劣化して水が染み込む

スニーカーの生地が劣化し、水が染み込むようになると、防水性や耐久性を大きく損ねていることを意味します。生地の劣化は、細かな亀裂や穴が原因で水分が内部に溜まるため発生するのです。

水が染み込んだスニーカーは内部の湿度が高まり、不快な着用感や悪臭を引き起こす原因となります。湿度の高い環境は細菌やカビの繁殖を促し、足の健康を害する可能性が高いです。

生地が劣化しているスニーカーは、適切な保護機能を失っているため、新しいスニーカーへの交換を検討しましょう。

スニーカーの寿命が短くなる・劣化する原因

スニーカーの寿命が短くなるのには、いくつかの原因があります。原因をまとめると以下のとおりです。

  • 加水分解
  • 紫外線
  • 摩擦
  • 保管方法

それぞれ詳しく解説します。

加水分解

スニーカーの寿命を縮める主要な原因の1つが加水分解で、素材が水分と反応して分解し始める化学反応を指します。ポリウレタンなどの合成素材で作られたソールは、加水分解によって劣化しやすい傾向にあります。

加水分解が進行すると、スニーカーのソールがもろくなり、割れたり崩れたりすることも多いです。湿度の高い環境や、スニーカーを長期間使用しないで保管している場合に特に見られるでしょう。

適切な保管方法と定期的な使用によって、加水分解による劣化を遅らせることが可能です。

紫外線

紫外線は、スニーカーの素材を劣化させるもう1つの大きな要因です。日光に長時間さらされることで、スニーカーの色あせや素材の劣化が進みます。

スニーカーのアッパー部分に使用されている布地や革素材は、紫外線による影響を受けやすく、色褪せや硬化が起こりやすいです。紫外線によるダメージは徐々に蓄積され、最終的にはスニーカーの見た目だけでなく、履き心地や耐久性にも悪影響を及ぼします。

スニーカーを直射日光の当たらない場所に保管したり、紫外線保護スプレーの使用によって、紫外線による劣化を最小限に抑えられますよ。

摩擦

スニーカーの寿命に大きく影響を与える要因の1つが摩擦です。日常的な歩行や運動時に地面と接触して生じる摩擦は、スニーカーのソールやアッパー部分に徐々にダメージを与えます。

特に、アスファルトやコンクリートなどの硬い表面を頻繁に歩くと、ソールの摩耗を加速させます。足の内側や外側に偏った歩き方をすることで、特定の部分に過度な摩耗が生じることも多いです。

摩擦は、スニーカーのクッション性やサポート力の低下につながり、最終的には快適な履き心地を損なうことになります。

汗は、スニーカーの内部環境に影響を与える重要な要因です。足から分泌される汗は、スニーカー内部の湿度を高め、不快な臭いの原因となります。

汗に含まれる塩分やその他の物質は、スニーカーの内部素材を徐々に劣化させます。汗が原因の劣化によって、素材の強度を弱め寿命を短くする可能性が高いです。

そのため、スニーカーを定期的に乾燥させて適切な衛生管理を行いましょう。

保管方法

スニーカーの保管方法は、寿命に大きく影響を及ぼします。適切でない保管環境はスニーカーの素材を劣化させ、形状を損なう原因です。

湿度が高い場所や直射日光が当たる場所での保管は、素材の変色や変形、加水分解などの劣化を引き起こす可能性があります。スニーカーを長持ちさせるためには、通気性の良い、湿度と温度が適度に保たれた場所で保管することが重要です。

適切な保管方法によって、スニーカーの寿命を延ばし、常に最良の状態を維持できます。

スニーカーの寿命を長くするコツ

スニーカーの寿命を延ばす方法を具体的に知ることで、愛用のスニーカーを長く使用できます。以下の方法を駆使しましょう。

  • 加水分解を防ぐ
  • 毎日は履かず休ませる
  • ソールすり減り防止シートを付ける
  • ソールをリペアする
  • スニーカーを脱いだ時に紐を解く
  • 足に合ったスニーカーを選ぶ
  • 定期的に洗濯や掃除をする

それぞれ詳しく解説します。

加水分解を防ぐ

スニーカーのソールや一部の素材は、湿気によって加水分解が起こりやすく、劣化の大きな原因となります。加水分解を防ぐためには、スニーカーを乾燥した場所に保管し、湿気を避けることが重要です。

使用後はスニーカー内部の湿気を取り除くために、乾燥剤を使用するか、通気性の良い場所で十分に乾かすことを心がけましょう。また、雨の日の使用は避けるか、防水スプレーを使用して水分の侵入を最小限に抑えることも効果的です。

毎日は履かず休ませる

スニーカーを毎日履き続けると素材の疲労が蓄積し、劣化が早まります。スニーカーに休息を与えることで、素材が回復し、形状が保たれるため、寿命を延ばせます。

理想的には、2〜3足のスニーカーをローテーションで履き、十分な休息時間を与えることが望ましいです。休ませることで一足あたりの使用頻度が減り、長期間にわたって快適に使用できます。

ソールすり減り防止シートを付ける

スニーカーのソールの摩耗は避けられない現象ですが、ソールすり減り防止シートを使用して、摩耗を大幅に減少できます。保護シートはソールの最も摩耗しやすい部分に貼り付けることができ、地面との直接的な摩擦を減らして寿命を延ばします。

保護シートは交換可能で新しいものに交換すれば、スニーカー本体のソールを長持ちさせます。定期的なシートの点検と交換により、スニーカーを最適な状態に保つことが可能です。

ソールをリペアする

スニーカーのソールが摩耗したり、損傷したりした場合、完全に新しいペアを購入する前にリペアのオプションを検討することが賢明です。専門の修理店では、摩耗したソールを補修または全面的に交換して、スニーカーの寿命を延ばすサービスを提供しています。

ソールのリペアは、スニーカーの機能性を回復させるだけでなく、環境に優しい選択肢としても優れています。

適切なタイミングでソールのリペアを行うことで、愛用のスニーカーをより長く楽しめるでしょう。

スニーカーを脱いだ時に紐を解く

スニーカーを脱ぐ際に紐を解く習慣は、スニーカーの寿命を延ばす上で意外に重要です。紐を解かずに無理に脱ぎ履きを繰り返すと、履き口が伸びたり、スニーカーの形が崩れたりする原因となります。

また、紐をしっかりと解くとスムーズにスニーカーを履けて、足とスニーカーの間の適切なフィット感を保てます。紐を解く習慣はスニーカーの耐久性を保ち、長期間にわたって快適な履き心地を提供するでしょう。

足に合ったスニーカーを選ぶ

足にぴったりと合ったスニーカーを選ぶことは、快適性だけでなく、スニーカーの寿命にも大きく影響します。足に合わないスニーカーを履くと、不自然な圧力がかかり、特定の部分に過度な摩耗や損傷が生じる原因となるでしょう。

足の形やサイズ、歩行パターンに合ったスニーカーを選ぶことで、均等な摩耗を促し全体の耐久性を向上できます。足に合ったスニーカーを選ぶことは、長期的な快適性とスニーカーの寿命の両方を確保するための鍵です。

定期的に洗濯や掃除をする

スニーカーを定期的に洗濯や掃除することは、見た目を清潔に保つだけでなく、スニーカーの寿命を延ばす上でも重要です。汚れやほこりが蓄積すると、スニーカーの素材が劣化しやすくなります。

特に、汗や泥などは素材を傷める原因となるため、定期的な清掃が必要です。適切な方法でスニーカーを洗濯し、完全に乾燥させれば素材の劣化を防いでスニーカーをより長く使用できます。

定期的な洗濯や掃除は、スニーカーを最適な状態に保つための簡単で効果的な方法です。

古いスニーカーを履き続けるデメリット

古いスニーカーを履き続けると以下のデメリットが生じるため注意しましょう。

  • ケガに繋がる
  • 臭いが靴下や足にしみつきやすい
  • 見た目が悪い
  • 雨が染み込みやすくなる

それぞれ詳しく解説します。

ケガに繋がる

古いスニーカーを履き続けることは、ケガのリスクを高める可能性があります。摩耗したソールや損傷したサポート構造は、適切なクッション性や安定性を提供できなくなり、歩行時や運動時の足の動きを適切にサポートできません。

そのため、捻挫や転倒などの怪我をしやすくなり、特に不安定な地面やスポーツ活動中にリスクが増加します。安全な運動環境を確保するためには、定期的にスニーカーの状態をチェックし、必要に応じて新しいものに交換することが重要です。

臭いが靴下や足にしみつきやすい

長期間使用された古いスニーカーは、汗や湿気が内部に蓄積し、細菌やカビの繁殖を促すため臭いが発生しやすくなります。不快な臭いは靴下や足にも移り、衛生的な問題を引き起こすかもしれません。

定期的な清掃と乾燥は臭いを軽減するのに役立ちます。ただし、素材が劣化して臭いが取り除けなくなった場合は、新しいスニーカーへの交換を検討するべきです。

見た目が悪い

古いスニーカーは見た目にも悪影響を及ぼします。色あせ・汚れ・破れなどが目立ち始めると、全体的な外観が損なわれ、不潔または手入れが行き届いていない印象を与えかねません。

社交的な場では見た目が重要となり、スニーカーの状態は個人のイメージに直接影響します。定期的なメンテナンスと適時な交換により、常に清潔で整った外観を保つことが可能です。

雨が染み込みやすくなる

素材の劣化や破損が進んだ古いスニーカーは、雨水の浸透を防ぐ能力が低下します。スニーカーのアッパー部分に穴が開いたり、縫い目がほつれたりしている場合、水分が内部に侵入しやすいです。

そのため、雨の日に足が濡れやすくなり、不快感や寒さを感じる原因となります。また、スニーカー内部が濡れると乾燥に時間がかかり、臭いやカビの発生リスクも高まります。

雨天時でも快適に過ごすためには、防水性の高い新しいスニーカーを選ぶことが望ましいです。

寿命が来たスニーカーの捨て方

スニーカーに寿命が来た場合、処分を検討しましょう。処分方法をまとめると以下の通りです。

  • 自治体の可燃ゴミで捨てる
  • 不用品回収業者に回収してもらう

それぞれ詳しく解説します。

靴・スニーカーの処分は、売却や寄付などの処分方法もあります。靴の捨て方はこちらの記事でもっと詳しく解説しています。

自治体の可燃ゴミで捨てる

寿命を迎えたスニーカーの処分方法として、最も一般的なのは自治体の可燃ゴミとして捨てることです。手軽で簡単に実行できるため、多くの人にとって利便性が高いでしょう。

しかし、スニーカーを可燃ゴミとして処分する前に、地域のゴミ分別ルールを確認することが重要です。一部の自治体では、スニーカーを特定のカテゴリーのゴミとして扱い、回収日が異なる場合があります。

環境への影響を考慮し、リサイクル可能な部分は事前に分別しておくと良いですね。

不用品回収業者に回収してもらう

もう1つの選択肢として、不用品回収業者にスニーカーを回収してもらう方法があります。大量に不要なスニーカーやその他の不用品を一度に処分したい場合に特に便利です。

不用品回収業者は、家庭から出る様々な不用品を専門的に扱い、適切な処分やリサイクルを行っています。ただし、サービスを利用する際は、回収業者が信頼できるかどうかを事前に確認し、必要に応じて料金が発生することを理解しておきしましょう。

また、スニーカーが再利用可能な状態であれば、寄付やリサイクルショップへの持ち込みも検討すると良いでしょう。

信頼できる不用品回収業者の選び方はこちらの記事で紹介しています。

寿命が来たスニーカーの処分は片付け侍へ

寿命を迎えたスニーカーの処分に頭を悩ませているなら、片付け侍のサービス利用をご検討ください。片付け侍は、不用品回収や処分を専門に行うサービスで、家庭から出る様々な不用品を手間なく効率的に処理します。

スニーカーのような小さなアイテムから、大型家具や家電まで、幅広いアイテムの処分をサポートしています。サービスを利用すれば、自分で処分方法を調べたり、自治体のゴミ処理場へ持ち込む手間はかかりません。

寿命が来たスニーカーを始めとする不用品を手放す際には、ぜひ片付け侍をご活用ください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK