ゴミ屋敷のハウスクリーニング・清掃業者の費用相場は?業者選びのコツも紹介

ゴミ屋敷をきれいにする時、業者に依頼するときの費用や相場をご存知でしょうか。自分で掃除するには骨が折れるとき、業者に依頼する人も多いでしょう。

また、清掃業社に依頼するのか、ゴミ屋敷片付け業者に依頼するかも悩むと思います。そこで後期時では、ゴミ屋敷のハウスクリーニング業社についてまとめました。

記事を読んでわかること
・ゴミ屋敷清掃業社とは
・ハウスクリーニング内容
・清掃にかかる費用一覧
・清掃時の費用内訳
・業社に依頼するコツ

ゴミ屋敷の片付けやハウスクリーニングについて悩んでいる人がいれば、この記事を確認すれば多くのことを学べます。ぜひ最後までチェックしてくださいね。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

ゴミ屋敷ハウスクリーニング・清掃業者とは

ゴミ屋敷ハウスクリーニング・清掃業者とはゴミ屋敷の清掃やハウスクリーニングをおこなってくれるプロの業者です。ゴミ屋敷のハウスクリーニングを主にしているので、普通でない汚れもきれいにしてくれます。

例えばゴミ屋敷の水回り。ゴミ屋敷の場合カビだけでなくサビなども酷く、ニオイもかなりきつい場合があります。

しかしゴミ屋敷ハウスクリーニング・清掃業者であればきれいにしてくれるでしょう。専門知識を持って使いやすいレベルまできれいにしてくれるので、素人が掃除するよりもキレイにできます。

そのため、自分でキレイにする自信がないという人にはおすすめです。特にゴミ屋敷のレベルがひどい場合には依頼を検討すべきでしょう。

ゴミ屋敷片付け業者がハウスクリーニングも行っている場合がある

ゴミ屋敷片付け業者のなかには、ゴミ屋敷の片付けの後にハウスクリーニングまでしてくれる業者もあります。その場合にはゴミ屋敷の片付けから掃除までしてくれるので、依頼する側は楽になるでしょう。

2つの業者に依頼する場合、どうしても別日になるなど時間もかかることは想像できるはず。しかし1つの業者に依頼できれば、片付けから掃除までスムーズにおこなわれるので時間の短縮につながります

また、一括で依頼することで少し料金が安くなる可能性も。業者としても依頼してくれる方が嬉しいので、値引き交渉しやすいメリットもあります。

そのため、ゴミ屋敷のハウスクリーニングを考えている人はゴミ屋敷の片付けと一緒にお願いすることがおすすめです。

片付け侍もハウスクリーニングまで実施しています。

ゴミ屋敷ハウスクリーニングの内容

ゴミ屋敷ハウスクリーニング・清掃業者について解説しました。実際に、どんなことをしてくれるのか気になった人も多いと思います。

そこで、ここからは実際にどのような作業をしてくれるのかまとめました。主な作業内容は以下の3つ。

  1. プロが専用洗剤と道具でピカピカに
  2. 汚れや臭いが酷い床や壁紙も張替え
  3. 害虫・害獣の駆除

それぞれについて詳しくみていきましょう。

プロが専用洗剤と道具でピカピカに

まず最初にする作業は、プロが専用洗剤と道具でピカピカにしてくれます。専門知識を持ったスタッフが作業専用の洗剤や道具を使用して、汚れを落としてピカピカにしてくれるでしょう。

上述した水回りはもちろん、床や玄関など汚れをキレイに落としてくれます。頑固な汚れもキレイにしてくれるので、自分で落とせない汚れもスッキリするはずです

自分では難しい汚れが多い場合にはぜひ依頼を検討してみてください。

汚れやニオイが酷い床や壁紙も張替え

汚れを落とせないレベルの床や壁紙の場合、張り替え対応でキレイにしてもらえます。プロでもキレイにできないこともありますが、張り替えであれば確実にキレイになるでしょう

特にニオイはゴミ屋敷ではつきもの。いくら掃除をしても、壁紙に染みついたニオイは取れないことが多くあります

そんな時でも壁が身を張り替えたうえで召集してくれて、ニオイが気にならないレベルまでキレイに。壁紙まで張り替えられる人は少ないはずなので、業者に依頼すれば安心して住みやすい環境になるでしょう。

害虫・害獣の駆除

最後に、家をキレイにするうえで害虫・害獣の駆除までしてくれます。特にゴミ屋敷の場合にはゴキブリやダニといった害虫・害獣の温床になっていることが多いです。

そのため、害虫・害獣の駆除までしないとキレイになってもまた出てくる可能性が高いでしょう。業者であればノウハウがあるため、しっかりと駆除してくれます。

ゴミ屋敷をハウスクリーニングする費用一覧

ここまでゴミ屋敷のハウスクリーニングについて解説しました。ここまで読むと、実際にどのくらいの費用がかかるのか気になる人も多いでしょう。

そこで、ハウスクリーニングする費用を一覧でまとめてみました。表にしているのでご覧ください。

間取り費用相場
1R・1K15,000~25,000円 程度
1DK・2K28,000~32,000円 程度
1LDK・2DK40,000~45,000円 程度
2LDK・3DK50,000~53,000円 程度
3LDK・4DK60,000~65,000円 程度
4LDK・5DK以上65,000円以上

大まかな目安は以上のとおりです。ここにはゴミの片付けや搬出・トラック費用などは含まれていないため、ハウスクリーニングにかかる費用となります。

もしゴミ屋敷片付け業社に依頼する場合、パック料金としてもう少し安くなる可能性も。大まかな目安なので、参考にしてみてください。

ゴミ屋敷のハウスクリーニングの相場の調べ方

ここまでゴミ屋敷のハウスクリーニングや費用について説明してきました。ここで重要なことは、相場は地域や時期によって変化するということ。

そこでここからは、実際に依頼するときにゴミ屋敷のハウスクリーニングの相場の調べ方を解説します。重要なポイントを3つ取り上げました。

  • 複数業者から見積りを取って実際に確認する
  • ネットの口コミから拾っていく
  • ハウスクリーニング会社のネットの事例を集めてみる

相場を知ることは依頼するときにとても重要なこと。最後まで確認して契約料で損しないようにしましょう。

複数業者から見積りを取って実際に確認する

まず相場を知るために、複数の業者から実際に見積もりを取ってもらいましょう。見積もりを取ることで実際にいくらかかるのか知ることができます。

ここで大切なことは複数業者から見積もりを取ること。1社だけだとその業者だけ高い場合に、気づくことができません。

ハウスクリーニングでは人件費によって値段が高くなることがあります。そのため、その見積もりをした1社がたまたま忙しかった場合、高めの値段で見積もられる可能性があるのです。

その場合、相場を知ることができないでしょう。こういった事態はいくらでもあるため、複数業者から見積もりを取って相場を知るようにしてください。

ネットの口コミから拾っていく

ネットの口コミも相場を知るために重要な要素です。口コミではどの業者にいくら払ったかを書く欄があったり、どのくらい払ったかを書いたりする人がいます。

そのような口コミから、相場を知ることもできるでしょう。見積もりに出した値段と口コミの値段を比較して、質問するのも良い方法です。

見積もりを取ることも重要ですが、依頼したい業者の口コミを調べることも重要。焦らず時間をかけてじっくり調べましょう。

ハウスクリーニング会社のネットの事例を集めてみる

依頼したい業者だけでなく、ハウスクリーニング会社の過去事例を集めてみましょう。ネットで調べたら過去の事例を紹介している業者もあり、値段設定の参考になります。

調べた業者の事例と、依頼したい業者の見積もりを比較して差があるようなら質問してみてください。もちろん汚れ方やゴミの量などによって左右されますが、その理由が知れるだけでも納得しやすいはずです。

値段の質問をするときにも、他社の事例があれば比較して質問もしやすいでしょう。そのために、ネットで他社の事例を知ればてみてください。

ハウスクリーニングの費用の算出方法

ここまで読んでいただけたら、ゴミ屋敷のハウスクリーニングについてなんとなくわかっていただけたと思います。ここから、ゴミ屋敷のハウスクリーニングにおいてどうやって値段が算出されるかをまとめました。

主に、3つの要素で値段が決定されます。その3つの要素とはこちら。

  • 汚れの量と質
  • 物件の広さ
  • 部屋の環境と状態

それぞれどのようなものなのか、みてみましょう。

汚れの量と質

まず最初の要素は汚れの量と質です。汚れが多く、根深いものであれば人の手もかかり薬剤も多く必要になるため値段も高くなっていくでしょう。

逆に、汚れが少なく簡単に落ちるようなものであれば楽に掃除できて薬剤も少なくて済むため、値段は抑えられるはずです。

しかしゴミ屋敷である場合、多くの事例では頑固な汚れで作業が難航する可能性が高いでしょう。壁紙の張り替えや床材の変更も必要な場合、さらに高くなる可能性もあります。

そのため、汚れが多くひどい場合にはある程度高くなることを想定してください。

物件の広さ

物件の広さも値段を左右する重要な要素。単純に、広い方が作業量も増えるので値段も高くなります。

当然ながら1Kの部屋よりも1軒屋の方が作業する量が増えるのは想像できるはず。作業量が増えればその分動員する人数や道具・薬剤も増えるため、経費が高くなるでしょう。

そのため、ゴミ屋敷の広さが広ければ値段が高くなりやすいので注意してください。

部屋の環境と状態

部屋の環境と状態によっても高くなります。部屋がどのような場所にあるか、どんな状態かによって手間が増える可能性があるためです。

例えば、遠い場所や車が入り込めない場所などにある場合にはその分手間がかかるため、値段も高くなります。また、状態が悪く部屋の出入りが難しい状態などでも値段が高くなるでしょう。

このように環境や状態によっても算出される値段が変化します。特殊な環境にあるゴミ屋敷であれば要注意です

ゴミ屋敷ハウスクリーニングにかかる費用項目

ここまで読むと、ゴミ屋敷のハウスクリーニングにどのくらいお金がかかるか想像できるかと思います。ここからは、ハウスクリーニングにかかる費用の項目についてまとめました。

ゴミ屋敷のハウスクリーニングでは、主にこちらの項目にお金が費やされます。

  • 人件費
  • 処分費用
  • 搬出費用
  • 洗剤・薬剤などの費用

それぞれ解説しますので、チェックしてください。

人件費

まず最初にかかる費用は人件費です。掃除や片付けにかかる人数が多くなるほど高くなるでしょう。

人件費は人数によって左右される項目。つまり、家の広さやゴミの量、汚れている箇所や量によって変化します。

もし人件費を抑えたい場合、自分である程度掃除・片付けをしていたら動員される人数が減って安くなるかも知れません。広く、作業内容が多い場合には高額を覚悟してください。

処分費用

処分費用とは、ゴミや家具などの不用品を処分するのに必要な費用のこと。特に大型家具や家電の場合には通常の捨て方はできず、大型ゴミや家電リサイクル法として処分が必要なため費用が必要です。

大型ゴミや家電などを処分する費用は基本的に依頼主が払わないといけません。そうしないと、業者の利益に繋がらないためです。

そのため、大きなゴミが多い場合には処分費用が嵩む可能性があります。ゴミ屋敷であれば特に注意が必要でしょう。

搬出費用

搬出費用とは、ゴミを運び出すのに使用する費用のこと。トラックの使用代や交通費がこの費用にあたります。

もしゴミが多い場合にはトラックの大きさも大きくなるため、その分使用量が高くなるでしょう。また、移動距離が長い場合にも交通費が高くなります。

この費用は自分でゴミを捨てることができれば抑えられる可能性がある費用。そのため、燃えるゴミや燃えないゴミなど自分で処分しやすいゴミは可能な限り自分で処分しましょう。

洗剤・薬剤などの費用

最後に紹介するのは、掃除に使用する洗剤・薬剤などの消耗品を使用した費用です。洗剤や薬剤も無くなった分は買い足さないといけないので、その分の使用は依頼主が負担することになります。

具体的にはこのようなものが考えられます。

  • 汚れ落としの洗剤・薬剤
  • 害虫・害獣の駆除剤
  • ゴミ袋
  • リフォームした場合には壁紙・床材代

こういったものに費用がかかるので知っておきましょう。

ゴミ屋敷のハウスクリーニング業者を選ぶコツ

ここまでゴミ屋敷のハウスクリーニングについて読むと、お金がかかりそうだなと考える人も多いでしょう。しかし、それでも安く依頼するコツはあるのです。

ここからご紹介するのは、少しでも安く業者に依頼するための6つの方法。内容は以下のとおりです。

  • 3社以上の見積もりを取る
  • 追加料金がない見積書を出してくる業者にする
  • 市区町村の許認可を得ている
  • ネットのクチコミが良いか
  • 事例をホームページに掲載をしているか
  • ゴミ屋敷片付け業者にハウスクリーニングも依頼する

見落としがちな重要なことなので、最後までチェックしてぜひ試してみてください。

3社以上の見積もりを取る

まず安く依頼するために重要なことは、3社以上の見積もりを取ること。上述のとおり、3社以上の見積もりを取ることで相場感を知ることができます。

また、依頼した1社が特別高いということを防ぐためにも、複数業社への見積もりは重要です。他社の見積もりによってはさらに安くする交渉もできるかも知れません。

このような理由から、見積もりを取るときには必ず3社以上から取るようにしましょう。

追加料金がない見積書を出してくる業者にする

依頼するときには、追加料金がない見積書を出してくる業者を選んでください。なぜなら、業者のなかには見積もりは安く提示し、最後に追加料金で総額を高く請求してくる企業もあるためです。

実際に、過去には高額な追加料金を請求されてトラブルになった事例もあります。そのような事態を防ぐためにも、追加料金のない業者を選びましょう。

ホームページを確認すれば多くの業者は記載しています

市区町村の許認可を得ている

業者では市区町村の許認可を得ている場合もあるので、そのような業者を選んでください。特にゴミ屋敷や遺品整理でハウスクリーニングを依頼する場合、認可外であれば依頼主が罰せられることもあります。

ゴミや遺品を処分する際には、適切な処分過程を経ているか逐一報告する必要があります。そのような報告や処分方法を暦説にできている業者には市区町村の許認可が発行されるのです。

つまり、市区町村の許認可があれば行政が認めた優良企業であるともいえます。優良企業であれば料金面でも安心しやすいですよね。

罪に問われないためにも、市区町村の許認可があるかどうかはきちんと確認しましょう。

ネットのクチコミが良いか

依頼する前に、ネットのクチコミが良いか確認してください。もし不当な料金を請求するような業者である場合、クチコミは低くなるはずです。

実際にクチコミを確認してみると、顧客満足度が高い業者やリピート率の高い業者・料金体系をはっきり記載してイッル業社はクチコミも優秀です。

お客さんのリアルな声が反映されるので、クチコミはぜひ確認してください。

事例をホームページに掲載をしているか

優良企業であれば、過去の事例をホームページに記載しています。ホームページを見ればどのくらいきれいにしてもらえるかもわかるので、依頼するときは事例を載せている業者を選んでください。

実際に安く依頼できても、きちんとキレイにならないと意味がありません。しかし事例が載っていれば、どのくらいキレイにしてもらえるかわかるので依頼しやすいでしょう。

業者の実力を図るうえでも重要です

ゴミ屋敷片付け業者にハウスクリーニングも依頼する

ゴミ屋敷片付け業者にハウスクリーニングも依頼するのもおすすめです。2つの業者に依頼するよりも作業日数の短縮もできるので、少し安くハウスクリーニングしてもらえる可能性もあります。

加えて、ゴミ屋敷片付け業者によってはゴミ屋敷の片付けとハウスクリーニングのパック料金で作業していることも。パック料金になっているぶん、安く依頼できるでしょう。

何よりも2業社とやりとりするよりも手間が省けて、依頼する側も楽です。ゴミ屋敷のハウスクリーニングを考えている人は、ぜひ検討してみてください。

ゴミ屋敷のハウスクリーニングなら片付け侍へ

ここまでゴミ屋敷のハウスクリーニングについて解説してきました。ポイントは以下のとおり。

  • ゴミ屋敷を片付けた後はハウスクリーニングがおすすめ
  • ハウスクリーニングの値段は家の広さや汚れの質で決まる
  • ゴミ屋敷の片付け業社がハウスクリーニングしてくれる場合もあり
  • ハウスクリーニングを安く依頼するコツとして見積もりや追加料金などの確認は重要

ゴミ屋敷のハウスクリーニングは多くの場合汚れがひどいため、業者を利用するのをおすすめします。特にゴミ屋敷の片付けと一緒に依頼することで、パック料金として少し安く依頼できる可能性があるので要チェックです。

そのなかでも、特におすすめなのが不用品回収の片付け侍です。片付け侍ではゴミ屋敷の片付けはもちろん、ハウスクリーニングの実績も豊富。

また、そのほかのメリットは以下のとおり。

  • 365日対応可能
  • 無料で見積もり可能でキャンセルも無料
  • 追加料金なし
  • 1点から回収可能
  • 人気の商品なら買取の実績もあり
  • 最短30分対応で他社でできない時間指定ができる

キャンセル料や見積もり料も無料で、追加料金も一切かかりません。人気のものがあれば、買取もしているのでさらに安くなる可能性があります。

忙しい人でも依頼できる即日対応や時間しても可能。ゴミ屋敷に悩んでいてもすぐに解決できるので、即日でキレイにしたいという人はぜひ検討してみてください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

hukudaさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK