衣替えの時こそ断捨離しよう!衣替え時の断捨離のやり方とコツを解説!

No Image

「衣替えの時こそ断捨離するべき理由は?」「衣替えの時に断捨離すると良い服は?」と悩んでいませんか?

クローゼットやタンスを整理する時期でもある場合、衣替えを行うべきです。1年以上来てない服や寿命がきていて破れや汚れがある服がある場合、早めの断捨離を検討しましょう。

本記事では、衣替え時に断捨離するべき服の選び方や残すべき服の基準、断捨離の流れとコツを詳しく解説します。

この記事を読めば
・断捨離すべき理由
・断捨離すべき服
・断捨離のコツ

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

衣替えの時こそ断捨離するべき理由

衣替えのタイミングで断捨離するメリットを以下にまとめました。

  • クローゼットやタンスを整理する時期でもあるから
  • そのシーズンにどれだけ着たか正確に判断できる
  • トレンドの切り替わり時期でもある
  • 子供の服なら次のシーズンには成長しているため

それぞれ詳しく解説します。

クローゼットやタンスを整理する時期でもあるから

衣替えのシーズンはクローゼットやタンスの整理に最適なタイミングです。不要な服やアクセサリーを取り除くことで、次のシーズンの服装選びが格段に楽になります。

毎日の準備時間を短縮できるだけでなく、クローゼットに空間も生まれ、新しいアイテムを迎える準備が整います。さらに、定期的な整理は衣類の管理を容易にし、状態を良好に保つのに役立つでしょう。

クローゼットの断捨離方法と効果はこちらの記事で解説しています。

そのシーズンにどれだけ着たか正確に判断できる

衣替えをする際には、過去一シーズンで実際にどれだけ服を着用したかを振り返ることができます。実際に活用した服とそうでない服を識別し、着用頻度が低かった服は断捨離の候補にしましょう。

着なかった服を取り除けば、クローゼット内がより機能的かつ効率的な空間に変わり、新たなファッションアイテムへの投資も正当化されます。

トレンドの切り替わり時期でもある

衣替えの時期は、古くなったトレンドのアイテムを断捨離し、新しいトレンドに合わせたアイテムを取り入れる絶好の機会です。古いトレンドの服を取り除くことで、スタイルを最新の状態に保てます。

さらに、ファッションの流行を追いかけることは個人のスタイルを常に更新し、新鮮な外見を保つ助けとなります。トレンドの変化に合わせて服を整理すれば、自分のスタイルを維持し、毎日の服選びを効果的かつ楽しめるものになるでしょう。

整理習慣はファッションに敏感な友人や同僚との会話でも役立ち、常に現代のファッションに合ったスタイルにできますね。

子供の服なら次のシーズンには成長しているため

子供は急速に成長するため、1シーズンごとにサイズアウトした服が出てくることが一般的です。衣替えの際に子供服を整理し、成長に合わなくなった服は断捨離します。

サイズアウトした服を整理すれば、クローゼットを無用に占めることなく、新たにサイズに合った服を追加するスペースが生まれるでしょう。また、不要になった服は他の子供たちに寄付すれば、社会貢献にも繋がります。

衣替えの時に断捨離すると良い服

衣替えの時に断捨離すると良い服をまとめると以下のとおりです。

  • 1年以上着てない服
  • 前のシーズンから着てない服
  • 寿命(3年が目安)の服
  • 破れや汚れがある服
  • ヨレヨレ・色褪せなどがある服
  • 悪い思い出が詰まっている服
  • 気持ちが下がる服
  • トレンドが終わった服
  • トレンドで買ったけど着なかった服

それぞれ詳しく解説します。

1年以上着てない服

クローゼットのスペースを占めるだけでなく、実用的価値もなくなってしまうのが1年以上着ていない服です。ファッションの好みが変わるだけでなく、持っていても着る機会が少ないため、断捨離を検討しましょう。

1年間全く着用していない服があれば、処分することでクローゼットの空間を有効活用し、新しいアイテムのためのスペースを作れます。

前のシーズンから着てない服

前のシーズン終わりにも着用しなかった服は、次のシーズンでもおそらく着ることはないでしょう。特定の季節にしか着ない服や、その時期に気に入らなかったために着ていない服が対象となります。

断捨離の良い機会として処分すれば、より好みに合った、または必要な服にクローゼットのスペースを使えます。シーズンごとのファッションの変化に応じて着なくなった服を取り除けば、服選びの時間を減らすことが可能です。

スペースが整理されることで、新しい服を加える際にも選択しやすいでしょう。

寿命(3年が目安)の服

服には一般的に「寿命」と呼ばれるものがあり、3年を目安に新しいものに取り替えることが推奨されています。頻繁に着用することで生じる自然な摩耗や色褪せ、形の崩れなどが主な理由です。

3年以上前の服はファッションが古くなっている可能性も高く、新しいトレンドに合わせて更新すれば、常に現代的でスタイリッシュな外見を維持できます。衣替えの際には服を点検し、新しいものに置き換えると、常にベストな状態で日々を過ごせます。

破れや汚れがある服

服に破れや汚れがある場合、日常的に着用するには適さないサインです。破れた服や汚れが目立つ服は見た目が悪く、他人からの印象も悪くなります。

修理が可能な場合でも、コストと労力を考慮する必要があります。深刻な損傷や取り除けない汚れがある場合は、処分することが望ましいです。

断捨離によって、クローゼットの中を清潔できれいに保ちながら、新しい服に投資する動機付けにもなりますよ。

ヨレヨレ・色褪せなどがある服

ヨレヨレになったり、色褪せが進んだ服は、着る人の外見に影響を与え、全体的な印象を悪くします。服の印象が悪くなると、元の魅力を失ってしまうことから、着ることに自信を持てません。

見た目だけでなく着心地も悪くなるため、新しいシーズンには新しい服を用意するべきです。断捨離を行えば、ファッションを最新の状態に保ち、常にベストな外見を保てます。

悪い思い出が詰まっている服

服は、特定の記憶や出来事と強く結びついています。不快な記憶や悪い経験が連想される服は、着るたびに記憶を思い出させる可能性があるため注意が必要です。

悪い思い出の服を保持することは精神的な負担となり得るため、断捨離して新しい服に置き換えると良いでしょう。新しい服を取り入れれば、新たなポジティブな経験を作り出し、気持ちを新たにするきっかけとなります。

服を通じて自己表現を更新し、より前向きな自分を創出する手助けとなりますよ。

気持ちが下がる服

服は自分を表現する手段の1つであり、自信を持って着用できるものであるべきです。気持ちが下がる服や不快感を覚える服は、日常から取り除くべきアイテムです。

例えば、サイズが合わなくなった服、スタイルが自分に合わないと感じる服などが含まれます。断捨離をして自分に合う服を着る度に、ポジティブな気持ちになり、自信を持って1日を過ごせます。

トレンドが終わった服

ファッショントレンドは移り変わりが早く、一度流行したスタイルも次のシーズンには時代遅れになります。トレンドが終わったと感じる服は着る機会が少なくなるため、クローゼットの貴重なスペースを占めるだけの存在になりかねません。

服を整理して断捨離すれば、クローゼットの中を最新のスタイルで更新し、常に時代に合った服装を楽しめます。

トレンドで買ったけど着なかった服

トレンドに影響されて購入したものの、実際にはほとんど着用する機会がなかった服は、購入を誤った証拠です。購入時の判断ミスを反省する良い機会となり、今後の買い物においてより慎重に選択するための教訓となります。

無駄遣いを防ぎ、より実用的で長く愛用できるアイテムへの投資を心がけることが、賢明なファッション選びにつながります。

衣替えの時に断捨離せずに残すべき服

衣替えで断捨離する際、残すべき服を以下にまとめました。

  • 冠婚葬祭の服
  • 似合っている服
  • 状態が良くキレイな服
  • 流行に関係なく着れる服
  • 暖かい・着やすい等の機能的に優れた服
  • 来シーズン高く売れそうな服

それぞれ詳しく解説します。

冠婚葬祭の服

冠婚葬祭用の服は特別な場にのみ着用されるもので、頻繁には使わないものの、緊急時に必要となる服装に該当します。時間が経っても流行に左右されにくく、急な式典に対応できるよう保持しておくべきです。

高品質な素材でできているため、適切に保管すれば長年にわたって使用できます。急な出費を避けるためにも、断捨離から除外することが賢明です。

似合っている服

自分に似合うと感じる服は、自信を与え、外見を向上させる重要な役割を果たします。自分の体型や好みに完璧に合っており、どんな場面でも好印象を与えられます。

自分に似合う服は何度も着ることが多いため、コストパフォーマンスも良いですよ。

そのため、衣替えの際にはしっかりと保持し、定期的なメンテナンスを行えば、長持ちさせることが可能です。

状態が良くキレイな服

状態が良く、見た目にも美しい服は、いかなるファッショントレンドの変化にも耐えうる価値があります。しっかりと手入れされており、摩耗や色褪せが少ないため、新品同様の印象を保てます。

高品質な服は新たに同等のものを購入すると高額になる可能性があるため、状態が良い服は断捨離せずに大切に扱うべきです。特別なイベントだけでなく、日常のさまざまなシチュエーションで活躍する可能性を秘めています。

流行に関係なく着れる服

流行に左右されない服は長期間にわたって着用できるため、日常に必須のアイテムです。シンプルでクラシックなデザインのアイテムが含まれるでしょう。

例えば、良質な素材で作られた白いシャツや黒のパンツ、リトルブラックドレスなどが該当します。オフィスウェアからカジュアル、フォーマルな場まで幅広く対応できるため、どんなファッショントレンドが来ても常にスタイリッシュに過ごせます。

流行に関係なく着れる服は、投資する価値があり、コストパフォーマンスも非常に高いですよ。

暖かい・着やすい等の機能的に優れた服

機能的に優れた服や暖かさや快適さを提供する服は、断捨離の際に残すべきです。主には、高品質のダウンジャケットや通気性が良く動きやすいストレッチ素材の服が含まれます。

例えば、寒冷地や冷え込む季節に役立ち、日常生活の快適性を大きく向上させます。アウトドア活動やスポーツに適した機能服も、耐久性と快適さから長期間にわたって使用できるため、継続して利用する価値があるでしょう。

来シーズン高く売れそうな服

将来的に価値が上がりそうな服は、保持する価値があります。特に限定品やデザイナーブランドのアイテム、ヴィンテージ服などがカテゴリに該当します。

時間が経過するにつれて希少価値が高まり、適切に保管されていれば再販売時に高値で取引される可能性があるでしょう。将来的に売却を検討している場合、服の状態を良好に保ち市場のトレンドを把握しておけば、必要なときに高利益を得ることが可能です。

衣替えの時に服を断捨離する際の流れ

衣替えで断捨離する際の流れをまとめると以下のとおりです。

  1. 洋服を一旦クローゼットから出す
  2. 今季で着たか着てないかを分ける
  3. 着てない服を捨てる基準に沿って処分対象にする
  4. 新しい季節の服を着る予定がないものを処分対象にする

それぞれ詳しく解説します。

洋服を一旦クローゼットから出す

衣替え時に断捨離を始める最初の手順は、すべての洋服をクローゼットやタンスから一度全て取り出すことです。持っている服の全体像を把握でき、どの服が必要か不必要かの判断がしやすくなります。

服を外に出すことでそれぞれのアイテムを手に取り、状態やサイズ、好みが変わっていないかを確認できます。作業は時間がかかるため、1日や週末を使って行うと良いでしょう。

今季で着たか着てないかを分ける

全ての服をクローゼットから出した後は、「今シーズン着た服」と「着ていない服」の2つに分けましょう。実際にどの服を頻繁に使用しているかが明確になり、どの服がもはや自分のライフスタイルに合わないかを判断できます。

着用頻度の低い服は断捨離の対象として考えるべきで、季節外れのアイテムやスタイルが変わって着なくなった服も含まれます。個々の服を手に取り、服を最後に着た時のことを思い出しながら仕分けをしましょう。

着てない服を捨てる基準に沿って処分対象にする

断捨離する際の重要な手順は、着用していない服を適切な基準に従って処分対象とすることです。服が現在のファッショントレンドに合っていない、サイズが合わない、または着る機会が一年以上ない場合などが基準に含まれます。

服の状態を考慮し、修理が不可能または経済的に不合理な場合は捨てるべきです。もし服に特定の悪い思い出が連なっている場合や着る度に気分が下がるような服も、処分候補に加えることが望ましいです。

断捨離の過程を通じて、クローゼットの中の服を最新のものに更新し、スペースを効率的に利用できます。

新しい季節の服で着る予定がないものを処分対象にする

次の季節に移行する際、特定の服を着る予定がない場合、処分を検討することが重要です。判断基準には、服が次の季節の気候や社会的活動に不適切であるか、または個人のスタイルが変わったためにもう着ない服が含まれます。

例えば、重い冬用のコートを温暖な地域に移住した後に持ち続けることは実用的ではありません。また、職場のドレスコードが変わったことによりフォーマルな服が不要になる場合もあります。

着る予定のない服は新しい季節の開始前に整理し、必要ない服を処理すれば、新しい季節に合った服装を効率的に整えられますね。

衣替えの時に断捨離するコツ

衣替えの時に断捨離する際には、以下のコツを駆使しましょう。

  • 自分のライフスタイルを見直して服を何枚残すか決める
  • 悩んだら保留にする
  • 売ることに執着せず思い切って捨てる

それぞれ詳しく解説します。

自分のライフスタイルを見直して服を何枚残すか決める

衣替えの際に断捨離を成功させるためには、まず自分の現在のライフスタイルを客観的に分析し、必要な服の枚数を決定することが重要です。例えば、仕事でフォーマルな服装が求められる場合、スーツやビジネスカジュアルな服を適切な数だけ保持していれば問題ありません。

季節や活動に合わせて服の種類を調整すれば、クローゼット内の無駄を減らし、日常生活に合った衣服選びが可能です。結果、実際に使用する服だけを厳選し、クローゼットのスペースを最大限に活用できます。

悩んだら保留にする

断捨離中にどの服を残すか決断できない場合は、一時的に服を保留にしましょう。保留にした服は別の場所に一時保管し、数週間後や次の季節の衣替えの時に再度処分するかを判断します。

時間が経過すると、服に対する自分の感情が変化し、服が実際に必要かどうかより明確に判断できるようになります。

売ることに執着せず思い切って捨てる

服を断捨離する際には、売ることへの執着を捨て、必要ないと判断した服は思い切って捨てることがコツです。売れるかどうかわからない服や売るための手間と時間がかかる服は、迷わず処分するべきです。

服を捨てれば、クローゼットの中がすっきりとします。断捨離を通じてスペースが生まれれば、新しい服も収納できるようになるでしょう。

衣替えの断捨離で処分するなら片付け侍へ

クローゼットやタンスを整理する時期でもある場合、衣替えを行うべきです。1年以上来てない服や寿命がきていて破れや汚れがある服がある場合、早めの断捨離を検討しましょう。

断捨離によって不用品が多量に出た場合、不用品片付けサービス「片付け侍」の利用が便利です。片付け侍では、不用品の適切な処分を手助けし、リサイクルや適切な廃棄を通じて環境に配慮した方法で不用品を処理します。

利用者のニーズに合わせた柔軟なプランを提供し、迅速かつ丁寧に不用品を回収します。

ぜひ本記事を参考にして、片付け侍への依頼をご検討ください。

すぐに処分するなら下記から

アバター

matsuoさん

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK