太陽光パネルの寿命は何年?耐用年数との違いや寿命を延ばすコツを詳しく解説!

「太陽光パネルの寿命はどれくらい?」「劣化や寿命を延ばす方法はあるの?」などと気になっていませんか?

太陽光パネルの寿命は平均20~30年とされていますが、適切なメンテナンスによりさらに長く使用することが可能です。また、劣化の原因を知り予防策を講じることで、寿命を延ばせます。

本記事では、太陽光パネルの寿命や劣化の原因、寿命を延ばすための具体的な方法について詳しく解説します。また、メンテナンス時の注意点や寿命が来た際の処分方法についても触れています。

この記事を読めば
・太陽光パネルの寿命
・寿命のサイン
・寿命をのばすコツ
・コピー機の処分方法

これらが全てわかるので、ぜひ参考にしてみてください。

すぐに処分するなら下記から!

郵便番号から
対応エリアを検索する

※7けたの数字を入力してください(例:100-0001)

太陽光の寿命は20~30年が目安

太陽光パネルの寿命は20年から30年とされていますが、あくまで目安です。実際の寿命は、パネルの種類や設置環境、メンテナンスの頻度などによって大きく変わる可能性があります。

そのため、太陽光パネルを選ぶ際には、長期的な視点で耐久性を考慮することが重要です。

法定耐用年数は17年

法定耐用年数は17年とされている太陽光パネルですが、税法上で設定された減価償却のための期間であります。そのため、実際のパネルの性能や機能が保持される期間を直接示すものではありません。

17年を超えても、適切なメンテナンスと管理を行うことで、パネルは引き続き高い性能を維持して発電を続けます。そのため、法定耐用年数はあくまで財務上の指標の一つと考え、実際の使用期間は大きく上回ることが多いです。

メーカー公表の耐久年数

メーカーが公表する太陽光パネルの耐久年数は、製品がどれだけの期間、最適な性能を維持できるかの目安です。通常、耐久年数は20年から30年の範囲で設定されており、メーカーによる厳密なテストと長年の研究に基づいています。

設定された耐久年数は、消費者が製品を選択する際の重要な判断基準となり、パネルの品質や信頼性を示す指標として機能します。

実際の寿命は設置環境やメンテナンスの状況によって左右されるため、メーカーの公表値を超えて長持ちすることも珍しくありません。

太陽光の材料別の寿命

太陽光パネルの寿命は、使用されている材料によっても大きく異なります。例えば、結晶シリコンパネルは耐久性が高く、長期間にわたって安定した性能を維持することが可能です。

一方、薄膜型のパネルは軽量で設置が容易ですが、結晶シリコンパネルに比べると寿命が短い傾向にあります。太陽光パネルの種類によって寿命が異なるため、設置環境や利用目的に合わせて適切なタイプを選ぶことが重要です。

太陽光パネルが劣化・寿命が縮む原因

太陽光パネルの劣化や寿命の縮小は、日々の運用環境に大きく左右されます。直接日光に晒されることが多い太陽光パネルは、特に紫外線や高温といった自然条件の影響を受けやすいです。

ここでは、太陽光パネルが劣化・寿命が縮む原因をまとめます。

紫外線

紫外線は、太陽光パネルの表面材料を徐々に劣化させる主要な原因の1つです。特パネルの表面を保護するために使用されるポリマー材料は、紫外線によって分解されやすくパネルの性能低下に直結します。

紫外線による影響は徐々に進行するため、初期段階では目立った変化が見られないことも多いです。期間にわたる曝露は、パネルの発電効率を著しく低下させる可能性があるでしょう。

高温

太陽光パネルは太陽の光を受けることで発電しますが、パネル自体も高温になり、半導体材料にストレスを与えるため発電効率が低下します。また、高温が原因でパネル内部の接合部が劣化することもあり、電気抵抗の増加につながってさらに発電効率が下がります。

太陽光パネルは一定の温度範囲内で最適に機能するよう設計されているため、過度の高温はパネルの寿命を縮める重要な要因となるのです。

湿気

湿気は太陽光パネルの性能に悪影響を及ぼす主要な要因の1つです。パネルの内部に湿気が侵入すると、電気回路の腐食を引き起こし結果として発電効率が低下します。

湿気はパネル内部の絶縁体を劣化させ、短絡のリスクを高めることがあります。湿気による影響は、特に多湿な地域や雨季に顕著に現れるため、パネルの設置場所や気候条件を考慮することが重要です。

適切な防水対策や通気性の確保により、湿気による劣化を最小限に抑えられます。

飛来物

飛来物によるダメージは、太陽光パネルの寿命を縮める一因となります。強風や嵐の際に飛ばされてくる枝や石は、パネル表面に衝撃を与え、傷やひび割れを引き起こす可能性があるでしょう。

パネルのガラス部分が損傷すると、ガラス部分から発電効率が低下し、最悪の場合はパネル全体の交換が必要になるかもしれません。パネルを設置する際には、飛来物のリスクを考慮し、可能な限り保護措置を講じることが望ましいです。

例えば、パネルの周囲に防護ネットを設置することで、飛来物によるダメージを軽減できますよ。

パネル設置不良

太陽光パネルの設置不良は、劣化や故障の原因となり得ます。不適切な取り付けでパネルが不安定になり、強風時に揺れたり、最悪の場合は脱落する恐れがあるでしょう。

パネル間の接続が不十分な場合、電気抵抗が増加し、発電効率が低下することがあります。設置不良による問題を避けるためには、専門の技術者による正確な設置が不可欠です。

適切な角度と方向で固定され、全ての接続が確実に行われていることの確認が、長期的なパフォーマンスを保証する鍵となります。

太陽光パネルの寿命を伸ばすコツ

太陽光パネルの寿命を最大限に伸ばすためには、適切なメンテナンスが欠かせません。寿命を伸ばすコツをまとめると以下の通りです。

  • 定期的に点検を行う
  • パワーコンディショナのフィルターを掃除する
  • 定期的な発電量チェックを行う
  • 高温・多湿環境対策を行う
  • パネル周辺の環境整備を行う
  • メーカー保証を活用する

それぞれ詳しく解説します。

定期的に点検を行う

太陽光パネルの定期的な点検は、パネルの寿命を伸ばす上で最も重要なステップの1つです。専門の技術者による点検では、パネルの表面の汚れや損傷、接続部の緩みなどがチェックされます。

定期的な点検により、小さな問題が大きなトラブルに発展するのを防ぎ、パネルの効率的な運用を維持できます。枝や葉、鳥の巣などがパネルに影響を与えていないか、詳しく確認することが重要です。

パワーコンディショナのフィルターを掃除する

パワーコンディショナのフィルターは、時間とともにほこりや汚れが蓄積しやすい部分です。フィルターが目詰まりすると、パワーコンディショナの冷却効率が低下し、過熱による故障のリスクが高まります。

そのため、定期的にフィルターを掃除し、空気の流れをスムーズに保つことが重要です。掃除することでパワーコンディショナの性能を最適な状態に維持し、太陽光パネルシステム全体の寿命を延ばせます。

定期的な発電量チェックを行う

太陽光パネルの発電量は、パネルの状態を示す重要な指標です。定期的に発電量をチェックすることで、パネルの性能が予想通りであるかどうかを確認できます。

発電量に異常な低下が見られる場合は、パネルの汚れや損傷、設置の問題などが原因である可能性があります。早期に問題を特定し、適切な対策を講じることで、パネルの寿命を延ばせるでしょう。

高温・多湿環境対策を行う

太陽光パネルの性能は、周囲の環境条件に大きく影響されます。特に高温や多湿は、パネルの効率を低下させる主要な要因です。

高温はパネルの半導体材料にストレスを与え、発電効率を下げる一方、多湿は内部の電子部品の腐食を促進するため故障リスクを高めます。高温多湿の環境下でパネルの寿命を延ばすためには、適切な通気性を確保し、パネルの冷却を助ける設計を考慮しましょう。

湿気が多い地域では、パネルの防水性能を高めることも重要ですね。

パネル周辺の環境整備を行う

太陽光パネルの周囲の環境は、性能と寿命に直接影響を与えます。例えば、パネルの近くに高い樹木や建物があると、影ができて発電効率が低下します。

また、落ち葉や鳥の糞などがパネルに積もると、光の受け入れが阻害され、さらにはパネルの表面を傷つける原因にもなり得るのです。発電効率が低下する問題を避けるためには、定期的にパネル周辺の清掃を行い、適切な距離で樹木を剪定するなど環境整備に注意を払うことが必要です。

メーカー保証を活用する

太陽光パネルを購入する際、メーカーから提供される保証は非常に重要な要素です。製品の初期不良や予期せぬ故障に対して、無償修理や交換を保証するものであり、購入者のリスクを軽減します。

保証期間中にパネルに問題が発生した場合、メーカー保証を適切に活用することで、迅速かつコスト効率良く問題を解決できます。保証内容を事前によく理解し、必要な時には積極的に保証サービスを利用することが、長期的な運用において安心感をもたらすでしょう。

太陽光パネルメンテナンス時の注意点

太陽光パネルのメンテナンスは、システムの効率と寿命を維持するために不可欠です。しかし、メンテナンス作業を行う際には、安全性を最優先に考慮する必要があります。

太陽光パネルのメンテナンス時の注意点は以下の通りです。

  • 感電対策を行う
  • 落下防止対策を行う
  • パネルを破損しないよう注意する

それぞれ詳しく解説します。

感電対策を行う

太陽光パネルは電気を発生させる装置であるため、メンテナンス作業中の感電は大きなリスクの1つです。特に、パネルや配線に直接触れる際には、適切な絶縁手袋を着用するなどの予防措置を取る必要があります。

また、作業前には必ずシステムの電源を切断し、誤って電流が流れることがないようにしましょう。感電事故を防ぐためには、基本的な安全対策を徹底することが不可欠です。

落下防止対策を行う

太陽光パネルのメンテナンスは高所で行われることが多いため、落下による事故のリスクが伴います。安全ハーネスの着用やしっかりと固定された足場の使用など、落下防止のための適切な対策を講じることが重要です。

工具や部品が落下しないように注意し、必要に応じて落下防止ネットを使用するなどして、周囲の安全も確保することが求められます。

パネルを破損しないよう注意する

太陽光パネルは比較的デリケートな構造をしており、不適切な取り扱いによって簡単に破損する可能性があります。パネルの清掃や点検を行う際には、過度の力を加えないように注意し、専用の清掃用具の使用が推奨されます。

また、パネルの端や角を持つことで発生するひび割れや割れを避けるために、パネルを適切に支えることが重要です。

太陽光パネルの寿命が来たら業者に処分依頼しよう

太陽光パネルの寿命が尽きた際には、適切な処分方法を選択することが環境保護にもつながります。長年にわたりエネルギーを供給してきたパネルも、いずれは性能が低下し、更新が必要です。

寿命が来たら専門の業者に処分を依頼することで、パネルに含まれる有害物質の適切な処理やリサイクルが可能になります。ここでは、処分依頼ができる業者をご紹介します。

太陽光パネルの処分方法や撤去費用などより詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

解体処分の業者

太陽光パネルの解体や処分を行う業者は、専門的な知識と技術を持っていることがほとんどです。専門業者は、パネルを安全に取り外し分解することで、リサイクル可能な材料を回収し残りの部分を適切に処理します。

選択する際には、業者の資格や経験、および環境保護に対する取り組みを確認することが重要です。適切な業者に依頼することで、環境に優しい方法によってパネルを処分してもらえるでしょう。

不用品回収・産業廃棄業者

不用品回収業者や産業廃棄物を扱う業者も、太陽光パネルの処分を行ってくれます。一般家庭や企業から不要になった様々な物品を回収し、適切に処理するサービスを提供しています。

太陽光パネルの処分を依頼する際には、パネルの処理方法について明確な情報を提供しているかを確認することが大切です。適切な処理を行う業者を選ぶことで、廃棄物の減量化やリサイクルの促進に貢献できます。

不用品回収業者は撤去から運び出しまで行ってくれるので便利ですが、ぼったくり業者などの悪徳業者が混じっているので注意が必要です。

ぼったくりの不用品回収業者の手口は下記の記事で紹介しています。

寿命が来た太陽光パネルの処分は片付け侍へ

寿命を迎えた太陽光の処分に頭を悩ませているなら、片付け侍のサービス利用をご検討ください。片付け侍は、不要になった家電製品やオフィス機器の回収・処分を専門とするサービスで、迅速かつ適切な処理を提供しています。

太陽光パネルの寿命が来た際には、専門業者に相談することで、適切な処分プランを立てることができるでしょう。

寿命が来た太陽光パネルの処分がありましたら、専門業者の片付け侍へお任せください。

すぐに処分するなら下記から

片付け侍編集部

片付け侍編集部さん

片付け侍では全国47都道府県で不用品回収サービスを展開しています。最短30分で緊急駆け付け!粗大ゴミ回収や遺品整理、ゴミ屋敷片付け、不用品の買取も行っております。捨て方や処分方法、断捨離などの記事を紹介しています。

自信があるから

他社より1円でも高ければ、
再見積もりいたします!

  • 365日
    年中無休で対応

  • 最短30分で
    駆けつけ見積もり

  • 高価買取
    あり

  • ご相談後の
    キャンセルOK